WordPressの自動更新(自動アップデート)をコントロールして不具合が起こらないようにしよう

幸いにも私の管理するサイトではWordpress本体のアップデートで不具合が起こってサイトが見れなくなったり管理画面が表示できなくなった経験はありませんが、中には困ってしまった方も多いと思います。

唯一あったのは私の問題でアップデートの最中にあまりにも時間がかかっているからと中断してしまったこと(具体的には何をしたのか覚えていません)。この時はサイトを作る途中だったので再インストールで対処しましたが、長く使っているサイトで起こったら・・・と青ざめたものです。

経験がないので本体のアップデートに失敗したときは元に戻せばいい!!といろいろ書いてある記事のように対処したこともありませんし、バックアップ&復元系のプラグインなどが行うのは使っていたバージョンで再インストールした時にバックアップ情報から元に戻すという作業ですからそもそも元のバージョンでインストールし直すことが???な場合には全く無駄になることが多いです。バックアップを取るときはデータと共にWordpressがインストールされているフォルダの中のファイルすべてをパソコンなどに同時コピーしておく必要があります。

逆に経験からよくあるのがプラグインやテーマの更新。何となく更新したらええーーーっという経験をした方は多いと思います(私もそのうちの一人です)。この場合は元のバージョンを入手してインストールし直すことで大抵解決します。古い記事なので参考になるかどうかは??ですが、

今回はWptouchプラグインで行いましたが、他のプラグインも最初は無料であっても有料化したり追加機能を購入したりする傾向に必ず進みますので上記の方法で過去のバージョンを手に入れて運用するのがいいと思います

で対処方法を紹介しています。ただこれは「しまった!!」ということに気づく管理者が行った場合の話。多くはあまりよく知らない人を管理者権限にしていて何をしたかも覚えてないのに「何かサイトがおかしくなった・・・」と連絡を受けた場合。とにかくおかしいと言われるだけのことが多いので困るパターンです。管理画面に通知が出るからやってしまうんですよね。そうならないようにするには、不要な通知を行わないというのが一番の対処方法でしょう。

そんなのを踏まえてWordpressでの更新をコントロールする方法を2種類紹介します。

スポンサーリンク

WordPressの更新通知を非表示にしたり自動更新を停止する方法① マニアック編

簡単な方から紹介せぇよ!!と怒られそうですけど多分こちらが正統派のやり方だと思います。が、Wordpressのファイル構造がある程度分かる方、エラー時に対処ができる方でないと何かあったときには大変苦労しますから注意してください。

ざっくり言うと、WordPressの設定情報(wp-config.php)に必要な設定を追記してコントロールする方法です。この文面を見て???という方には絶対おすすめしません。

この方法については長々と解説するよりも

自動更新されることでセキュリティや重要な不具合などが放置されたままにならず、より最新の対策バージョンが使用でき、ウェブサイトの乗っ取りや改ざんなどへ対策を行うことができる画期的なものです

のサイト(外部)で詳しく紹介されているのでここでは省略したいと思います。気になる方はそちらをご覧くださいね。

WordPressの更新通知を非表示にしたり自動更新を停止する方法② ずぼらな人編

ずぼらな・・・と言うと聞こえは悪いですが、Wordpressを使う最大の利点である「プラグイン」を使って設定できるものがあるんです。多くは全部の通知をする/しない、全部の更新をする/しないというものが多い中、今回紹介する【Easy Updates Manager】は更新と通知を別々にできるほか、個別に動作を指定できるという優れものです。プラグインで済むものはプラグインで済ませた方が早いし安全なので、私はこの方法を推奨します。

【Easy Updates Manager】プラグインの簡単な解説は

「Easy Updates Manager」プラグインは設定に応じて個別に更新表示の有無を管理できますので、プラグイン単位、テーマ単位、コアファイルだけといった感じでプラグインの更新通知をコントロールできる便利なプラグインです。

で紹介しています(英語のプラグインなので日本語化ファイルも配布しています)。

そして実際の設定画面がこちら

他にもタブがいくつかありますがここでほぼすべて設定できます。日本語化したらとっても分かりやすい感じです。

設定項目としては

  1. 上段の一番左
  2. 本体/プラグイン/テーマ/翻訳の更新通知をするかどうかを設定します。ここをオフにするとその項目に関して通知されません

  3. 上段の真ん中
  4. 本体/プラグイン/テーマ/翻訳の自動更新をするかどうかを設定します。ここをオフにするとその項目に関して通知はされますが自動的に更新はされません

  5. 上段の一番右
  6. プラグインとテーマを個別で更新通知をするかを設定します。ここをオフにするとその項目に関して通知されません

  7. 下段左
  8. プラグインとテーマを個別で自動更新するかどうかの設定です

  9. 下段中央
  10. 自動更新されたことをメールで送るかの設定です

と通知はするけど手動で更新する、通知も更新もしない、自動更新するといった動作を個別に設定できるようになります。カスタマイズした特定のプラグインなどの更新も通知も停止してずっとそのままのバージョンで使うこともできるようになります。

もう1つ設定内容で秀逸なのが「詳細」タブ。ここでは管理権限を持つユーザーの中で通知の限定を除外する(全部の通知をする)ユーザーを指定できたり更新ログを残したりできるようになります。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ