【WordPress】「Custom Post Type UI」プラグインのバージョンアップに伴う日本語翻訳ファイル更新

WordPressで通常とは投稿とは別の投稿の集まりやカテゴリーの集まりが作れる人気プラグイン「Custom Post Type UI」。

これまでも日本語翻訳ファイルの配布をしておりましたが、バージョンアップに伴い設定画面が大幅に刷新されました。

今まで配布していた日本語翻訳ファイルを適用してもほとんどが日本語化されず、適用したはずなのに日本語化されない状況となっておりました。

ついては、下のリンクページで最新(バージョン1.3.5)バージョンに対応した日本語翻訳ファイルを配信しておりますので是非活用ください。(配布ページは以前と同じですが、ダウンロードファイルは最新のものへ入れ替えを行っております。)

スポンサーリンク

「Custom Post Type UI」の解説ページ

Wordpressでは通常の投稿とは別に「投稿の集まり」を作るカスタム投稿タイプという機能があります。また、通常のカテゴリーとは別に「カテゴリーの集まり」を作るカスタムタクソノミーという機能があります。「Custom Post Type UI」は「カスタム投稿タイプ」や「カスタムタクソノミー」を簡単にいくつでも作成することができるプラグインです。

「Custom Post Type UI」の日本語翻訳ファイル配信ページ

カスタム投稿タイプを作成する「Custom Post Type UI」の日本語化ファイルを作りました。自由にダウンロードして使ってください。対応バージョン:1.3.5

「Custom Post Type UI」を簡単に使うためのページ

ワードプレスで通常の投稿とは別に「投稿の集まり」を作れる機能であるカスタム投稿タイプ。カスタム投稿タイプ用にテンプレートを作ってカスタムフィールドの入力のみで記事を作成できたり、カスタムタクソノミーといってカスタム投稿タイプごとに独自のタグやカテゴリーを設けられたりと、Wordpressでこれを覚えたらやりたい放題になる機能ですが、そもそも機能を使うのにもちょっと知識が必要だし、カスタム投稿タイプは導入しただけでは通常の記事のように動作しないし、いろいろと設定をしないと検索エンジンクローラーが来てくれない(インデックスされない)など忘れてはいけない設定がたくさんあるので、忘れないように手順を書いておこうと思います。これだけやればカスタム投稿タイプを100%活用できる手順です。

※今回は自身で「Custom Post Type UI」の日本語パッチを充ててみて気づくことができ、最新のものを提供できるようになりましたが、すべての翻訳ファイルを常に最新にすることは難しいです。日本語化がうまくできない、日本語化されないなどコメント等でお知らせいただけると幸いです

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ