パソコンのキーボードで「直接入力」や「ローマ字入力」「かな入力」など設定が変わってしまったときの対処

「あれ?いつもと入力方法が違う!」「勝手に文字が半角になってしまった」などキーボードでの入力不具合を経験したことないですか?

こうした入力方法の変更は勝手に変わるものではなく、キー入力をしているときにいつの間にか押してしまうことが多く、気づいたときにはどうすればいいの?となることが多いです。

今回は誤ったキーボード操作などで起こる「いつもと入力した文字が違う」現象の原因と解消方法を紹介します。

スポンサーリンク

キーボードにまつわるいろいろなトラブルと対処法

変換機能をOFFにしたのに半角カタカナになってしまった

「Alt」を押しながら「半角/全角」キーを押すと変換入力機能が解除されて半角英数のみの入力になるのはほぼ誰でも知っている機能。では、変換入力機能をOFFにしたのに入力したら半角カタカナだったら・・・ちょっとびっくりします。

そんなときは

「Ctrl」を押した状態で「Caps Lock」キーを押すで解決できます

実はこれが今回紹介するパターンの中では一番やっかいで、どこかをクリックしたりあてずっぽうでいろいろなキーを押してもなかなか解決しないんです。そしてこの2つのキーは割と近くにあるので結構間違って押してしまうことがあるんですね。

ローマ字入力がかな入力(直接入力)に、かな入力(直接入力)がローマ字入力になった

これはいろいろな人が使うパソコンでよくあるシーンですね。誰かが使った後でいざ!と思ってキー入力したらいつもやっている方法と入力方法が違う!!と戸惑いますね。これについては間違って押してしまったというよりは使う人によってまちまちなので誰かが切り替えてそのままというパターンが多いです。

そんなときは

「Alt」を押した状態で「カタカナ・ひらがな」キーを押すで解決です

※行うたびにローマ字入力→かな入力、かな入力→ローマ字入力へ切り替わります

変換入力時に全角で入力できていた英数文字が半角になってしまった

変換入力時に英数入力した文字が全角になるか半角になるかはIMEなどの文字変換ソフトの基礎設定で行うことで固定されるようになっています。そこで設定すれば「英数」キーを押すたびに平仮名と英数字が切り替わるようになっています。

大抵はひらがながマルチバイト(全角)文字なので英数字も全角で入力する方法がメジャーですが、あるとき突然半角の英数になってしまうのです。

これは間違ったキーを入力したことで起こるのではなく、文字変換ソフトの誤変換が原因です。入力と変換を繰り返すうちにスペースキーを押して半角英数になるようにするのを何回か繰り返すことで起こります。

従って解消するにはこの逆をするのです。つまり英数の文字変換を全角になるように何度か行うのです。

とはいってもなかなか英数を変換する機会は少ないですから、

英数字を何文字か入力してから「F7」キーを押して全角にした後「ENTER」キーで確定するのを何度か繰り返すことで解決できます


いかがでしたか?いつもと違う入力方式や変換方式になってしまって困った!!という方のお役に立てれば幸いです。

以上は代表的なものですが、また見つけて追記していきますね。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ