【Simplicity】プラグインをテーマの基本機能へ変更(メタデータ・コード表示)

以前からあることは分かっていましたが、別のテーマから使い続けていたプラグイン2つを【Simplicity】で基本搭載されている機能へ変更することにしました。

1つめはメタデータ(キーワード・ディスクリプション)をソースへ追加する

サイトの情報をソース上で表示して情報を与えるメタデータ。検索エンジンが検索順位を決定するためにこの値を参考にしているかどうかは不明ですが、不明なら一応登録しておいた方がいいだろうということで使うWordpressのプラグインが「Meta manager」です。

このプラグインで作られたカスタムフィールドへ入力した値を【Simplicity】で作られるカスタムフィールドへ移行するのが大変だからとわざわざ機能を切って運用しているうちにだんだんと記事が増えて・・・で今やらないときっと後悔すると思って切り替えに踏み切りました。

とはいえ、サイトにはカスタム投稿タイプを多用していて、【Simplicity】の標準ではこのSEO用のカスタムフィールド入力窓がカスタム投稿タイプの投稿編集画面に表示されないのでちょっとカスタマイズして表示するようにしました。

Simplicityで記事を書くときに設定できる便利な機能の【コメントの許可/凍結】【SEO設定】【広告設定】【更新タイプ】を自身で追加したカスタム投稿タイプでも使用できるようにする方法を紹介します。

2つめはコードをハイライト表示するための機能。これも以前から【SyntaxHighlighter Evolved】を使っていたのでそのままにしてました。

これについても一時は変更をと考えてはいたものの、preタグで囲んだところで表示されない!!なんて勝手に解釈して使用をあきらめていました。完全に私の確認ミスです。

preタグを使ってコード表示するにはHTMLコードなどで「<」などの「これはプログラムですよ~」という開始記号などを特殊文字へ変更しないといけないんです。【SyntaxHighlighter Evolved】はこれをしなくていいのでそのまま貼りつけても大丈夫だったんです。

ただこの記号を1つ1つ書き直していくのは面倒だし、投稿編集画面からコードをコピーして使いたいときには復元しなければならないからこれまた面倒・・・でやっていなかったんです。

そしたら

HTML特殊文字の変換ツール。HTMLやコードをホームページに載せる時にHTML的に特殊な意味を持つ特殊文字を正常に表示されるように変換するツールです。

というコードを相互変換できるサイトがありました。これで簡単にメンテナンスできそうです。

今回のメンテナンスによって2つのプラグインが削減できます。元々テーマにある機能を使うのですから単純に余分な動作が止まり、パフォーマンス改善に役立つと信じて進めて行きます。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ