トップのスライダープラグインを変更しました 「Wonderplugin Slider Lite」を採用

サイトの表示速度という面では若干デメリットがあるといわれているWordpressで作成したサイト。ならばどんどん単純にして速度アップしないとSEOに影響がある=表示速度を気にされているサイトには飾り気のないものが多いですね。

確かに検索エンジンのサイト(ページ)評価基準に表示速度という要素はあるようです。とはいえいくら速度重視にしたいと言っても全く飾りのないサイトというのもやっぱり・・・ということで当サイトはヘッダー部分に画像スライダーを入れています。

当サイトは人気のある【Simplicity】というテーマを使っています。シンプルでカスタマイズもしやすい日本語テーマですが、スライダーを入れることで結構雰囲気が変わるんですよね。

画像スライダーを使う場合ほぼ100%プラグインを使いますよね?お気に入りのプラグインはありました?管理画面などに違いはあっても結局どれもあまり変わりない感じがしませんか??

私も長く「Meta Slider」という管理画面のおすすめに出てくるプラグインを使っていました。管理画面も使いやすくて、複数のスライダーが使えて画像入れ替え時の効果もいろいろあるので何も不満はありませんでした。

そして季節や月に応じて、また、投稿の種類に応じてスライダーの切り替えをして少しでも雰囲気を出そうと設置していました

サイト上部のスライダーを見るページに合わせて切り替える方法 -Meta Sliderプラグイン×Simplicityテーマ編-
「カスタム投稿タイプごとにスライダーを切り替えられないか?」ということにチャレンジします。カスタム投稿タイプを使うのは記事のジャンルが全然違う場合であることが多いわけですから、全部が同じトップスライダーでは雰囲気に合わない・・なんてこともこの方法で解消できます

何となく「もっと面白い画像効果のあるプラグインないかなぁ、例えばWindowsのように画像がだんだん拡大されていくような感じのスライダーはないものか?」と思っていろいろなプラグインを探しましたがなかなか見つからず、やっと見つけたのが今回使った「Wonderplugin Slider Lite」プラグインです。

Wordpressで画像やYoutube動画のプレビュー、記事へのリンクなどをスライド表示するプラグイン「WonderPlugin Slider Lite」
いろいろなスライダー系プラグインを試してみた中で久しぶりに無料でも面白いのを発見しました。プラグインの名前は【WonderPlugin Slider Lite】です。有料版もありますが、複数スライダーの作成も、たくさんのエフェクトも無料版で作ることができるのでこれ1つで基本的なスライダーとしての機能は十分だと思います。

当然サイトにも画像が拡大されたり縮小されたりする効果を適用しています(見てもらえば一目瞭然ですね)。

結構面白いプラグインなのでサイトの彩として、他サイトとの差別化策として使ってみては??

もちろん「Meta Slider」の時と同様に投稿タイプ別でスライドする画像を変えています。やり方はこの記事中ほどのリンク先を参考にしてくださいね。

役に立つ情報でしたらぜひSNSでシェアしてください
  • 6
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
    6
    シェア
  •  
  • 6
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ