WordPressのユーザー一覧に最終ログイン日の表示を追加するプラグイン「When Last Login」

Wordpressでたくさんのユーザーで運用するサイトや購読者を募るサイトを作ったとき、ユーザーの管理どうしてますか??

中には登録だけしてずっとログインしていない人もいるのでは??セキュリティ上こうした幽霊部員はできるだけ削除しておきたいところ。でもそれを判断する方法が残念ながら標準のユーザー一覧にはありません。

今回紹介する【When Last Login】は、ユーザー一覧に「最終ログイン日」と「最終ログインしたIPアドレス」を表示できるプラグイン。この情報が分かるだけでずいぶんユーザー管理が楽になると思います。

スポンサーリンク

【When Last Login】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ユーザー一覧に「最終ログイン日」の情報を表示
  2. ユーザー一覧に「最終ログインしたIPアドレス」の情報を表示
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. 閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています

【When Last Login】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【When Last Login】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【When Last Login】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【When Last Login】プラグインの基本的な使い方

設定はダッシュボードから「When Last Login」をクリックして行います。

といっても設定項目は1点のみ、「Record user’s IP address when logging in(最終ログインしたときのIPアドレスを記録しますか?)という項目にチェックを入れるだけです。ここにチェックが入っていないとIPアドレスの情報は収集されないので必ず行うようにしましょう。

設定が終わったらユーザー一覧を表示してみてください。一覧に「Last Login(最終ログイン日)」と「Last Logged In IP Address(最後にログインしたときのIPアドレス)」が表示されるようになりますよね?

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【When Last Login】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.0
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:0.9
  5. このプラグインの最新バージョンは0.9です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

こういうかゆいところに手が届く系のプラグインは本当に便利だと思います。このプラグインで長い間ログインしていないユーザーを削除したりすることもできますし、メールプラグインなどを使って確認をとることもできますね。

また以下のプラグインと併用して

【Lock User Account】はユーザー登録はあるけどログインはできないようにするプラグイン。個人的にログインを禁止したい相手に対して使えるほか、企業サイトなどで登録は残しつつログインできない環境を作るには重宝するプラグインです。

で登録したままログインできないようにしたり

「BAN Users」はユーザー情報の「ある」「ない」に対して「凍結」という処理を追加して不具合を解消するためのプラグインです。凍結処理時にはユーザーに何故凍結したのかの理由を付けてメール通知できますし、凍結の解除も可能、そして凍結したユーザーが作成したコンテンツをそのまま公開状態にしたり下書きとして扱ったり非表示にしたりできるのでマルチユーザー環境の決定版的なプラグインだと思います。

で登録したままログインできないようにしつつ、メールでその旨を通知して確認をする

といった使い方をすればユーザーの管理がより完璧にできると思います。

Wordpressの本

WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本
  • メーカー(著者):中田 亨
  • 価格  : ¥ 2,700 prime
  • 販売者 :Amazon.co.jp
  • 商品概要:
詳細情報を見る
たった1日で基本が身に付く! WordPress超入門 (たった1 日で基本が身に付く!)
  • メーカー(著者):佐々木 恵
  • 価格  : ¥ 1,944 prime
  • 販売者 :Amazon.co.jp
  • 商品概要:
詳細情報を見る
WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
  • メーカー(著者):中島 真洋 
  • 価格  : ¥ 3,002 prime
  • 販売者 :Amazon.co.jp
  • 商品概要:
詳細情報を見る

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。
※knowledge Baseは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。
役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ