【WordPress】「Custom Post Type Permalinks」プラグインのバージョンアップで不具合が発生したら

WordPressでサイトを構築する際によくある疑問や設定などに関する疑問などをQ&A方式で紹介します。ここに掲載する内容は一般的なものであり、お使いの環境やWordpressのバージョン、使っているテーマ、使っているプラグインなどにより結果が異なりますので、参考にしていただき、実際にサイトへ反映させるかについては自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

Question

「Custom Post Type Permalinks」のバージョン1.5.1がリリースされたのでプラグインの更新を行ったらエラーが発生して管理画面にエラーコードが出たり、管理画面が表示されなくなりました。対処方法はありますか?

Answer

エラー内容をしっかり確認はしていませんが、テストサイトでは質問と同様のエラーが出ました。対処方法は、FTPを使って一旦「Custom Post Type Permalinks」を停止することです。これによりログインできないなどの管理画面部分の不具合、ページの表示不具合などは解消できます。

ただ、これでは根本解決にならないので、古いバージョンの「Custom Post Type Permalinks」へ戻します。

【Wordpress】古いバージョンのプラグインを入手する方法
今回はWptouchプラグインで行いましたが、他のプラグインも最初は無料であっても有料化したり追加機能を購入したりする傾向に必ず進みますので上記の方法で過去のバージョンを手に入れて運用するのがいいと思います

よくわからないという方のために、旧バージョン(「Custom Post Type Permalinks」バージョン1.4.0)を圧縮してアップしておきますので利用してください。

利用方法

  1. ダウンロードしたプラグインファイルを解凍します
  2. FTPやレンタルサーバーのファイルマネージャーを使い、「Wordpressのインストールフォルダ」→「wp-contents」→「plugins」へ1で解凍したフォルダを上書きします。

これにより「Custom Post Type Permalinks」プラグインが強制停止され、管理画面に入れるようになりますので、通常通りプラグインの一覧から「Custom Post Type Permalinks」を有効化してください。ただし、更新情報は表示されますが同じ不具合になるので更新はしないでください。

バージョンの番号が大きく変わるときは注意が必要ですね。

「Custom Post Type Permalinks」古いバージョンはこちらから入手できます。
ここに掲載する内容は一般的なものであり、お使いの環境やWordpressのバージョン、使っているテーマ、使っているプラグインなどにより結果が異なりますので、参考にしていただき、実際にサイトへ反映させるかについては自己責任でお願いします。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ページ先頭へ