カスタム投稿タイプをやっと理解した(まだ使えるところまで・・・)

閲覧に際してのお断り
このページはサイトの中で私の思いを忌憚なく語っています。中には過剰な表現やあまり好ましくない言葉遣いなど、不快に思うような表現もありますがご容赦ください

何か敷居が高かったカスタム投稿タイプ。何となく別物の記事が作れるのかとは思っていましたが、いったいどんな機能でどんな動作をしてどんな設定が必要か?などなどなかなか手が出せずにいましたが、ようやく基本的なことだけ理解できるようになった。

ちょっと勉強すれば簡単でしたよ
一応解説記事作りました

投稿というのは時系列でカテゴリーなどの分類ができる日記のようなものの集まりです。管理画面の「投稿」というメニューから作られた記事はデータとして「投稿」という集まりになって保存されています。カスタム投稿タイプはこの「投稿」というメニューを「投稿」以外に作ってしまおうという機能なのです。

お家芸のプラグイン&日本語化ですごく簡単に使えました。

とっても便利な機能で、この機能こそ最初から使いやすい形でWordpressのコアに組み込むべきでは??とさえ感じてしまうのは私だけだろうか??

これがあれば何でもできちゃうという訳ではないですが、記事数が多くて管理が煩雑になっている人はぜひ使うべき機能だと思いますよ。

今の段階では「カスタム投稿タイプ」とは?と一応「カスタム投稿タイプ」を作るというところまで来ているので、今後応用編を覚えていこうと思います。ここから先はテーマのカスタマイズも関連してくるので、いよいよWordpressでのサイト作りの本丸に入る感じです。

デザインセンスを除けばサイト作りで商売できそうな・・・そんな甘くないか。

スポンサーリンク

2016年1月11日の追記

カスタム投稿タイプは作っただけでは満足いく形になっていません(ただ投稿とは別の記事の集まりができただけ)。きちんとサイトの中の一部として認識され、機能するようにするにはいくつか設定を行っていく必要があることが分かってきました。

例えば記事作成時にping送信がされなかったり、RSSフィードの中に含まれなかったり、新着記事一覧に表示されなかったりなどなど、現時点でカスタム投稿タイプを追加したときに設定しておいた方がいい項目について記事を作りましたので、興味のある方は読んでみてください。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
スポンサーリンク
ページ先頭へ