WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

商店や外食チェーンが24時間営業している価値は?ロイヤルホストが24時間営業を完全廃止

公開日: 日記・雑記

「ロイヤルホストが2017年1月までに24時間営業を完全廃止する」という記事を見た感想です。

http://news.infoseek.co.jp/article/20161118jcast20162283860/

で掲載されていたこの記事、個人的には大賛成です。

24時間営業のスーパーやコンビニなど、いざ!というときに「やっててよかった!」というのが私を含め消費者としてのメリットではあると思うのですが、営業する側は大変だと思います。

特にさんちゃん経営(家族経営)が主体のコンビニフランチャイズなんかは夜間の従業員が集まらず、昼も夜もオーナーが入っていたりすることもあるようですし、夜間お客のいない時でも電気全開、期限の短い商品もなるべく在庫しておかなければならないというリスクを抱えながら、昼間より高い人件費を払うという状態。

実際24時間営業のスーパーへ行っても生鮮の在庫など何もない・・・という経験したことありませんか?そんな風なら潔く昼間だけ営業すればいいのでは?と思います。

昔関係のあった静岡の某ホームセンターでは、夏場の営業時間を30分延ばすか否かで人件費や売り上げと相談、テストしながら決めていました。それぐらい経営ってシビアなものだと思います。

そんな中、売れるものを置くこともできずに無理やり営業するくらいなら、しっかり品揃えできるようにした上で時間をきちんと区切って営業すればいいと思います。

昔は(いつの話だ?と思うかもしれませんが)年末年始も29日で営業終了、新年は7日から!!というのが当たり前で、その間どうするかを考えて買いだめしておいたりしたものです。おせち料理やおもちなんかも日持ちするからという意味合いがあったはずです。それがだんだん短くなり、次第に営業時間も長くなり・・・で今の365日24時間営業が当たり前の時代になってしまいました。

そして前述したように、今や店が開いているというだけできちんと買い物ができる状態にない店舗も出てきているのですから完全にこの仕組みは破たんしているといわざるを得ないのでは?と思います。

私も含め消費者も、いつでもやってるからと楽観視して買い物をする際あまり深く考えない、明らかに昔の人と比べたら工夫がなくなって、頭が悪くなってきていると思わざるを得ない・・・なんて感じます。

今回の「ロイヤルホスト」のケースを起点にいろいろなところが真似していったら夜間の電気代がなくなって省エネになるのでは?と思います。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】