アドセンスでサイトのスクロールに合わせてずーっと表示される広告配置はあり?なし?

コードを張り付けておくだけで何のメンテナンスもしないで閲覧者へ自動的に関連広告を表示してくれる【Google Adsense】、サイトやブログを開設している方で使っていない方はいないだろうというほどポピュラーなアフィリエイトだと思います。

審査を通過していよいよ設置・・・え?このサイト、画面をスクロールするとずーっと表示される「追従型」のウィジェットがあるの?ここに広告コード入れればずっと表示されて収益アップじゃね??

・・・結論から言えばこれは「アウト」です。後で詳しく紹介しますらが規約違反になります。

そうは言っても「〇〇」や「××」や「△△」というサイトでも確かにアドセンスの広告をずーーーっと表示するようにしてるじゃん!と実際に目にした方も多いと思います。それじゃあ大丈夫なんでしょ??結論はやっぱりアウトです。

じゃあなんで???を踏まえ、規約を読み解きながら解説したいと思います。サイトづくりの参考になれば幸いです(閲覧時には規約が変更になっている可能性がありますのでご注意)

スポンサーリンク

アドセンスのポリシーではどうなっているのか?

どういう配置がいいのか悪いのかはこちらの「広告の配置に関するポリシー」に掲載されています。

関係する部分を引用すると

安全で快適なユーザー エクスペリエンスを提供するため、ユーザーがページをスクロールしたりページ間を移動したりする際に、広告が「固定」位置または「フローティング」位置で表示されるような配置方法は禁止されています。モバイルウェブには Google アンカー広告をご利用いただけますが、サイト運営者様がモバイル向けの配置方法を作成して使用することは許可されません。Google のサービスと異なり、ユーザー エクスペリエンスを保護する機能が組み込まれていない可能性があるためです。

ということのようです。

・・・もうちょっと具体例がないかといろいろ見ていたらこちらの「AdSense ポリシーに関するよくある質問」の中のパート2に具体的な内容が掲載されていました。

内容を引用すると

Q:スクロールしても画面の左右に固定されている広告を見かけることがあるのですが、これはポリシー違反に該当しますか?

A:そのような広告は「追尾広告」と呼ばれるもので、Google から承認されたサイト運営者のみが配置できます。適切に承認されていないサイト運営者によるこの種の広告が確認された場合は、何らかの措置を講じます。

とのこと。Google Adsenseではこういう広告表示の仕方を【追尾広告】と呼んでいるようです。

要するに

  1. 追尾広告の使用は原則禁止
  2. 特別にGoogleから許可された場合だけ追尾広告を使用できる
  3. 違反すると何らかの措置が講じられる

ということのようです(何等かの措置ってなんだ??)

調べた結果から追従(追尾)型の広告掲載はダメ!!ということですね

結論 規約をすり抜けているサイトが多いのだろう

冒頭で抱いた疑問「有名なサイトでもずーっとついてくる広告が使われている」に関しては一定の法則が成り立っているように感じます。

1つは上で書いた通り、特別に許可されているサイト。恐らく相当な収益がある(広告主も潤う)サイトなんでしょうから頑張るしかないといったところでしょう。

そしてもう1つは「会員制サイトで会員が見るところで使われている」サイト。アドセンスの規約によると、会員制サイトでも会員以外(誰でも)見えるページで申請を行ってクリアすれば特に問題ないとされています。

以下引用

ログインの必要なページでの広告掲載
プログラム ポリシーに準拠しているウェブページであれば、パスワードで保護されたページにも Google 広告を掲載できます。この場合は AdSense プログラムにお申し込みの際に、パスワードで保護されていないページをお知らせください(審査のために必要です)。

ログインの必要なページに関連性の低い広告が表示される場合は、そうしたページに Google のクローラがアクセスできるようにすることで広告の関連性を改善できます。

ただ、この追従表示はCSSでコントロールしているので違反通報などされて目で確認しない限り、HTMLソースでは分からないですからそうした盲点?を悪用して表示させているんでしょうね。会員用のページですからわざわざ登録してまで確認するか?ということなのでしょう。

おまけ 気づかないうちに規約違反になることも

いろいろ調べていると、こんな表示も規約違反になることがあるそうです

  1. 手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載
  2. 動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載
  3. 誤解を招く見出しの下での広告配置

特にWordpressなどのCMSでは広告の表示がテーマで自動的に行われることが多いですから、本当に気づかないうちに・・・ということがありそうですね。

3の見出し下の広告配置、実は手入力で広告掲示してたとき、まさにこの方法で掲載していました(今はやってません)。今回のテーマとは関係ありませんけどきちんと規約は読むべきだと痛感しました。

アドセンスにはページ単位で違反があった場合には「ポリシーセンター」でどのページが?が確認できますから定期的にチェックしましょう。

Amazonの人気商品

元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍Upするプロの技60

元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍Upするプロの技60

ASIN: B0792VTKYH
ソーテック社

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お使いの端末で無料サンプルをお試し..
Google AdSense 成功の法則 57

Google AdSense 成功の法則 57

ASIN: B00LUIVBIQ
ソーテック社

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お使いの端末で無料サンプルをお試し..
できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術 できる100ワザシリーズ

できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術 できる100ワザシリーズ

ASIN: B00O0NIW0S
インプレス

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 購入前にお使いの端末で無料サンプル..
Google AdSenseアカウント非承認からの脱出

Google AdSenseアカウント非承認からの脱出

ASIN: B077DQLVV8


本書は私の経験談をもとに制作した、『Google AdSenseアカウントの非承認』から『アカウント再開』するためのコツ・手段・方法などをアドバイスするための書籍です。実際に送信した内容に近い『申し立ての回答例』も記述してありますので、ぜひ参考にし..
CS Shop
トップへ戻る