画像・動画の一覧

表示可能なブラウザで、軽量なWebP形式の画像を配信してくれるプラグイン「WebP Express」

表示可能なブラウザで、軽量なWebP形式の画像を配信してくれるプラグイン「WebP Express」

【WebP Express】は過去・未来含め、「jpg」「png」形式の画像からWordPress上で「WebP」形式の画像を生成し、ブラウザの利用可否によって配信を判断してくれるプラグイン。今まで通りの形式の画像をアップロードすれば自動で「WebP」形式の画像を生成してくれるので便利です。

メディアへアップロードするとき、画像の日付をEXIF情報から取得した撮影日にしてくれるプラグイン「Upload Media Exif Date」

メディアへアップロードするとき、画像の日付をEXIF情報から取得した撮影日にしてくれるプラグイン「Upload Media Exif Date」

WordPressサイトのメディアへ画像をアップロードする時に、自動で写真のEXIF情報にある撮影日をアップロード日(日付)にしてくれる【Upload Media Exif Date】プラグインの使用(試用)レポートです。

アップロードした元画像(フルサイズ画像)の幅・高さ変更と画質の圧縮を自動で行うプラグイン「Imsanity」

アップロードした元画像(フルサイズ画像)の幅・高さ変更と画質の圧縮を自動で行うプラグイン「Imsanity」

【Imsanity】は、アップロードした本当の元画像に対して画質と画像サイズの変更を行うプラグイン。「-scaled」ファイルが作られる上限以下(2560以下)に設定しておけば、余分なファイルが作られることも、使われない巨大なファイルが残ってしまうこともありません。

メディアにある画像の入れ替えが簡単にできるプラグイン「Enable Media Replace」

メディアにある画像の入れ替えが簡単にできるプラグイン「Enable Media Replace」

「Enable Media Replace」はメディアライブラリから入れ替えたい画像のリンクにある「画像の入れ替え」をクリックして、新しい画像をアップ・・などするだけで投稿編集画面などで切り替えることなく画像が入れ替わる超便利なプラグインです。

メディア一覧に表示される画像のアップロード先項目を関連付けし直してくれるプラグイン「Associate Attachment」

メディア一覧に表示される画像のアップロード先項目を関連付けし直してくれるプラグイン「Associate Attachment」

WordPressのメディアからアップロードした画像を投稿や固定ページへ挿入した際に、メディアの「アップロード先」へ表示されない情報を再関連付するプラグイン【Associate Attachment】の紹介記事です。

GutenbergでYoutube動画の埋め込みをした際、Google PageSpeed Insightsのスコアが低下するのを防ぐプラグイン「Lazy Load for Videos」

GutenbergでYoutube動画の埋め込みをした際、Google PageSpeed Insightsのスコアが低下するのを防ぐプラグイン「Lazy Load for Videos」

WordPressサイトへYoutube、Vimeo動画を埋め込みブロックで挿入した際に表示速度が低下するのを防ぎながら、Google PageSpeed Insightsのスコアへの影響を最小限に抑えるプラグイン「Lazy Load for Videos」の紹介ページです。

画像ページへのアクセスを添付先ページなどへ自動的にリダイレクトするプラグイン「Attachment Pages Redirect」

画像ページへのアクセスを添付先ページなどへ自動的にリダイレクトするプラグイン「Attachment Pages Redirect」

WordPressでメディアへ画像をアップロードすると、自動的に画像が表示されるページ(添付ファイルページ)が生成されるのをご存じですか?【Attachment Pages Redirect】は、添付ファイルページへのアクセスを、画像を添付した投稿や固定ページへ、そうでないものはトップページへ自動リダイレクトしてくれる便利なプラグインです。

画像のポップアップ表示、動画などの拡大再生表示などができるプラグイン「ARI Fancy Lightbox – WordPress Popup」

画像のポップアップ表示、動画などの拡大再生表示などができるプラグイン「ARI Fancy Lightbox – WordPress Popup」

【ARI Fancy Lightbox – WordPress Popup】は画像・動画・地図などいろいろなものをかっこよく拡大表示できるようにするプラグインです

アップロードできるファイルの種類を追加・削除したり、ユーザーによって制限を設けることができるプラグイン「Mime Types Plus」

アップロードできるファイルの種類を追加・削除したり、ユーザーによって制限を設けることができるプラグイン「Mime Types Plus」

「Mime Types Plus」はWordPress標準でアップロードを許可されているファイルの種類(MIMEタイプ)、ユーザーごとに許可するファイルの種類を制御できる便利な無料プラグインです。

管理画面の一覧上で簡単にアイキャッチ画像の変更ができるプラグイン「WEN Featured Image」

管理画面の一覧上で簡単にアイキャッチ画像の変更ができるプラグイン「WEN Featured Image」

【WEN Featured Image】プラグインは投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプの投稿に設定されているアイキャッチ画像を管理画面の一覧から簡単に変更することができるメンテナンスに便利なプラグインです。

メディアライブラリのファイルを任意のフォルダで管理するためのプラグイン「WordPress Media Library Folders(旧Media Library Plus)」

メディアライブラリのファイルを任意のフォルダで管理するためのプラグイン「WordPress Media Library Folders(旧Media Library Plus)」

「WordPress Media Library Folders」はwp-uploadsフォルダ内に任意のフォルダを追加してアップロードしたファイルをWordPressで使えるようにしてくれる便利なプラグインです。標準ではアップロードできないサイズのファイルもFTPなどでアップロードして適用させると投稿などで使えるようになります。

グラバター(Gravatar)の代わりにアップロードした画像をユーザー画像にできるプラグイン「Simple Local Avatars」

グラバター(Gravatar)の代わりにアップロードした画像をユーザー画像にできるプラグイン「Simple Local Avatars」

【Simple Local Avatars】はメディアにアップロードした画像をアバターとして登録できるようになるプラグイン。もちろんGravatarの使用もできますからどちらを使っても表示できるようになっています。

サイトにアップロードした画像を自動で最適化するプラグイン「Smush Image Compression and Optimization」

サイトにアップロードした画像を自動で最適化するプラグイン「Smush Image Compression and Optimization」

「Smush Image Compression and Optimization」は簡単設定でアップロード時の画像を自動で最適化してくれるプラグインです。もちろん過去にアップロードした画像も最適化する機能を持っています。

アコーディオン(伸縮)タイプの画像ギャラリーが作れるプラグイン「Accordion and Accordion Slider」

アコーディオン(伸縮)タイプの画像ギャラリーが作れるプラグイン「Accordion and Accordion Slider」

ギャラリーと言えば画像サムネイルが横に並んでいてクリックすると拡大したりスライド表示になったりするものが多いですし、スライダーと言えば画像がくるくると変わっていくものなのですが、これはちょっと違って、クリックやマウスオーバーで画像が自動的に拡縮するようになっている珍しいプラグインです

アップロードした画像や動画、ファイルなどを分類して管理できるプラグイン「WP Media Category Management」

アップロードした画像や動画、ファイルなどを分類して管理できるプラグイン「WP Media Category Management」

WordPressへアップロードしたファイルや画像、動画などのメディアファイルが増えて使うときに探すのが大変なことありませんか?「WP Media Category Management」はメディアにカテゴリーなどの分類項目を追加して管理しやすくするプラグインです。