セキュリティの一覧

通常のユーザー名とパスワードでのログインに加え、アプリやメールでの認証を追加するセキュリティプラグイン「WP 2FA – Two-factor Authentication for WordPress」

通常のユーザー名とパスワードでのログインに加え、アプリやメールでの認証を追加するセキュリティプラグイン「WP 2FA – Two-factor Authentication for WordPress」

「WP 2FA Two-factor Authentication for WordPress」は通常のログインに加えて、アプリやメールによる認証をクリアしないとログインできなくするプラグインです。現在登録のあるユーザーすべてに適用できるのも魅力です。

サイトへログインした履歴(ログ)を記録してくれるプラグイン「Ultimate Login History, Last Login(旧WordPress Login History)」

サイトへログインした履歴(ログ)を記録してくれるプラグイン「Ultimate Login History, Last Login(旧WordPress Login History)」

ログインログ(履歴)は、ほとんどのセキュリティ系のプラグインで標準的に実装されていますが、そのためだけに多機能なプラグインは必要ないという方に「Ultimate Login History, Last Login(旧WordPress Login History)」はおすすめです。

登録済みユーザーのユーザー名を変更できるプラグイン「Username Changer」

登録済みユーザーのユーザー名を変更できるプラグイン「Username Changer」

標準の機能を使って定期的にパスワードの変更をされている方は多いと思いますがそれだけでセキュリティ面は決して万全とは言えません。「Username Changer」は管理者権限を持つユーザーがユーザー名を任意に変更できるプラグインで、セキュリティの保持に役立ちます。

ログインフォームを自在にカスタマイズできるプラグイン「Admin Custom Login」

ログインフォームを自在にカスタマイズできるプラグイン「Admin Custom Login」

ログイン画面(通常のログイン画面)をWordPress標準の素っ気ないものから変更し、かつ、ログイン処理後に管理者以外は別の画面へリダイレクトできるものはないか??といろいろ試した結果見つけたのが今回紹介する【Customize WordPress Login Page】です。

サイトのセキュリティを向上させるプラグイン「Wordfence Security – Firewall & Malware Scan」

サイトのセキュリティを向上させるプラグイン「Wordfence Security – Firewall & Malware Scan」

WordfenceはそれらWordPress本体の脆弱性対策とともにプラグインやテーマのチェック、攻撃者かどうかを判断してブロックする機能、実際に悪い動作をするコードなどの検出などをしてくれる総合セキュリティプラグインですから、他のセキュリティ対策と併せて使用することでより攻撃されにくいサイトを作ることができます。

REST APIのリクエストとレスポンスを記録するためのプラグイン「REST API Log」

REST APIのリクエストとレスポンスを記録するためのプラグイン「REST API Log」

このプラグインはREST API経由で情報が取得されているログを取れるプラグインです。REST APIを遮断することはいろいろなサイトで紹介されていますが、中にはプラグインの機能で利用されていることもあり、すべて止めてしまうと不具合がでることもあるそうですので、まずはログを取ってどんな情報が利用されているのかを確認するのに役立つプラグインです。