パフォーマンス改善の記事一覧

WordPress Plugin

アップロードした元画像(フルサイズ画像)の幅・高さ変更と画質の圧縮を自動で行うプラグイン「Imsanity」

公開日: 最終更新日:

【Imsanity】は、アップロードした本当の元画像に対して画質と画像サイズの変更を行うプラグイン。「-scaled」ファイルが作られる上限以下(2560以下)に設定しておけば、余分なファイルが作られることも、使われない巨大なファイルが残ってしまうこともありません。

WordPress Plugin

GutenbergでYoutube動画の埋め込みをした際、Google PageSpeed Insightsのスコアが低下するのを防ぐプラグイン「Lazy Load for Videos」

公開日: 最終更新日:

WordPressサイトへYoutube、Vimeo動画を埋め込みブロックで挿入した際に表示速度が低下するのを防ぎながら、Google PageSpeed Insightsのスコアへの影響を最小限に抑えるプラグイン「Lazy Load for Videos」の紹介ページです。

WordPress Plugin

画像ページへのアクセスを添付先ページなどへ自動的にリダイレクトするプラグイン「Attachment Pages Redirect」

公開日: 最終更新日:

WordPressでメディアへ画像をアップロードすると、自動的に画像が表示されるページ(添付ファイルページ)が生成されるのをご存じですか?【Attachment Pages Redirect】は、添付ファイルページへのアクセスを、画像を添付した投稿や固定ページへ、そうでないものはトップページへ自動リダイレクトしてくれる便利なプラグインです。

WordPress Plugin

ウィジェットの内容だけをキャッシュして表示を高速化するプラグイン「Widget Output Cache」

公開日: 最終更新日:

【Widget Output Cache】はWordPressのほとんどのテーマで挿入可能となっているウィジェットに対してだけキャッシュを有効にして速度改善を行うプラグインで、特にRSSなど外部の情報を取得して表示するようなウィジェットを使っている場合には有効かと思います。

WordPress Plugin

サイトの表示速度が体感的に速くなるプラグイン「WP Scripts & Styles Optimizer」

公開日: 最終更新日:

【WP Scripts & Styles Optimizer】はコードの読み込み順をカスタマイズすることで効果のある表示速度の高速化をプラグインでやっちゃおうというもの。不要なファイルは読み込まないようにしたり、ヘッダーに出力されていて最初に読み込まなくてもいいものをフッターに移動して読んでるうちに読み込んでもらおうという動作をします。

WordPress Plugin

ページごとに必要ないプラグインの読み込みを停止して表示速度を改善するためのプラグイン「plugin load filter」

公開日: 最終更新日:

複数使うと表示速度に影響があるといわれるプラグイン。そのページを表示するのに必要ないプラグインは「無効になっている」ことにして読み込まないようにすればいいのでは?という発想に基づいて作られたのが、今回紹介する「plugin load filter」です。

WordPress Plugin

データベースにあるデータを定期的に掃除して最適化するプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」

公開日: 最終更新日:

長いことノーメンテナンスだった当サイト。さぞかしゴミファイルがたまっているんだろうなぁということで最適化系のプラグインを探しました。すると、群を抜いてインストール数の多いプラグインを発見。それが「Optimize Database after Deleting Revisions」。長い名前だけど、日本語にすると「履歴を削除した後でデータベースを掃除します」というプラグインです。

WordPress Plugin

ソースコードを圧縮してSEO・アクセスアップに効果が期待できるプラグイン「Head Cleaner」

公開日: 最終更新日:

WordPressのソースを極限まで整理できるプラグイン「Head Cleaner」。サイトのアクセスアップやSEO対策にはソースをいかに整理するかがポイントという記事をたくさん読むのですが、自分ではなかなかできないのでプラグインに任せてしまおう!!というプラグインです。