使い方などの記事一覧

テキストエディタで作成した投稿を、Classic Editorプラグインの「ブロックエディターに切り替え」でエディタ変換した時に起こった不都合や不具合【備忘録】

公開日: 最終更新日:

WordPress5.0から採用されたブロックエディタ(Gutenberg)。新しい投稿はブロックで行い、テキストエディタで作ったものは更新するときに変換とお考えの方多いと思います。今回はこの作業をした際に私の環境で起こった変換の不具合や不都合についてレポートします。変換前のチェックや不具合時の対処の参考になれば幸いです。

FTPでファイルをアップ/ダウンロードするとファイルのデータに改行が入ってしまうときの原因と対処 -Filezilla編-

公開日: 最終更新日:

Filezillaを使ってファイルをアップロードしたWordPress内のファイルをダウンロードすると、なぜか1行1行に改行が入ってしまう。修正して転送しても結果は同じ、そんな不具合が起こる原因と対処方法を紹介します。

【WordPress】サムネイルをクリックすると画像が切り替わるコンテンツを作る方法、動作不具合時の対応

公開日: 最終更新日:

いくつか並んでいる小さい画像の1つをクリックすると、大きく表示されている画像が入れ替わるコンテンツ。何かを紹介するページには欠かせない表現です。jQueryを使ってなるべく単純かつなるべく簡単なコードでWordPressの本文内へ実装する方法、動作しない場合のチェックポイントをできるだけ詳しく紹介します。

【WordPress】管理画面上で.htaccessファイルを設定するには

公開日: 最終更新日:

ワードプレスのプラグインで「WP Htaccess Editor」という管理画面から.htaccessファイルを触れるものがあります(もちろん無料)。.htaccessファイルは適用されるまでに若干の時間がかかります。これはキャッシュの問題だったりWordPressの定期実行プログラムであるCronの問題だったりするのですが、しばらくすると適用されますので焦らないようにしましょう。

ブロックエディタで作成した定型コンテンツを簡単に作成・編集・挿入できる便利機能「ブロックパターン」の使い方

公開日: 最終更新日:

あらかじめ作っておいた定型文や複数のブロックを使ったテンプレート的なものを投稿の中へ簡単に挿入できるようにするWordPress標準機能の「ブロックパターン」。似た機能である「再利用ブロック」との違い、独自のブロックパターンを作成・編集できるようにする方法、装飾付きの段落やリストを表示させるためのパターン作成例などを紹介します。

【WordPress】「Custom Post Type Permalinks」プラグインのバージョンアップで不具合が発生したら

公開日: 最終更新日:

「Custom Post Type Permalinks」のバージョン1.5.1がリリースされたのでプラグインの更新を行ったらエラーが発生して管理画面にエラーコードが出たり、管理画面が表示されなくなりました。対処方法はありますか?対処方法は、FTPを使って一旦「Custom Post Type Permalinks」を停止することです。これによりログインできないなどの管理画面部分の不具合、ページの表示不具合などは解消できます。

再利用ブロックの作り方や使い方、再編集の方法、特定の再利用ブロックが使われている投稿や固定ページを調べる方法など

公開日: 最終更新日:

WordPressのバージョン5.0から採用されたブロックエディタ(Gutenberg)。エディタの機能の1つである【再利用ブロック】、使ったことありますか?「よくわからないし」という方向けに、作成方法や編集・削除方法、複数のブロックで1つの再利用ブロックにする方法、再利用ブロックとブロックパターンの違いなどについて紹介します

WordPressでカバーブロックの背景画像を遅延読み込み(Lazyload)させる方法

公開日: 最終更新日:

Google PageSpeed Insightsで「オフライン画像の遅延読み込み」の提案内容を確認したら、通常の画像ではなく、WordPressのカバーブロックで挿入した背景画像。通常の対応ではできないカバーブロックの背景画像を遅延読み込み(Lazyload)させる方法を、遅延読み込みとは?なぜ背景画像は遅延読み込みされないのかなどを踏まえて紹介します。

Google PageSpeed Insightsで「使用していない CSS を削除してください」と提案されたので対処してみた

公開日: 最終更新日:

Google PageSpeed Insightsで指摘される「使用していない CSS を削除してください」の項目。内容を見てみたらWordPressの管理画面側で使われているものだと発覚。指摘されないように、ログイン時を除いて影響のあるCSSを除外(無効)にする方法を紹介します。

WordPressの内部リンク埋め込みでアイキャッチ画像が表示されないときの確認事項と対処方法

公開日: 最終更新日:

WordPressでは、段落ブロックへサイト内ページのURLを入力したときに自動でカード表示される機能で、本来なら表示されるはずのアイキャッチ画像やファビコンなどが表示されないケースや、壊れた画像として表示されるケースが発生する原因と改善・解消方法を紹介します。これがすべてではありませんが同じ状況の方の参考になれば幸いです。