卓球に関する情報一覧(Post List)

NO IMAGE

【卓球】2017年中国スーパーリーグに参戦できないのは日本人だけではないようですよ

昨日あたりからワイドショーなどでも盛んに卓球の中国スーパーリーグへ日本人選手が参戦できないというニュースが流れていますね。内容は日本人選手が排除された!!ということになっていますが、どうやらそうではないようです。

中国オープン2017でまたも中国チームで問題が?? 劉国梁総監督が退任して選手ボイコット?

先日あった世界卓球直前に起きた中国女子監督の孔令輝氏の賭博関与問題。今度は中国オープンで総監督の劉国梁氏が突然退任しました。これにより、中国選手が大会をボイコットし、馬龍、樊振東、許昕の3選手が棄権しました。

卓球のラバーには「縦目」と「横目」がある ~特性を活かす用具選び~

卓球用具の中で、一番選手が気にするのも、変更した感覚がダイレクトに感じられるのもラバーですね。今回はラバーの「目」について少々語りたいと思います。普段あまり「目」を気にしていない方にも参考になればと思います。ラバーには「目」があって、ラバーの商標を手前に見たときに縦に粒が並んでいるのを「縦目」、横に粒が並んでいるのを「横目」といいます。

サーブの「切る」「切らない」をコントロールする

ボクシングでは相手を叩く際に相手に当たる瞬間に拳をぐっと握って力を入れるそうです。そうすることで最大限の力が拳から相手に伝わるそうです。それと同じで卓球のサーブも力を抜いた状態からボールに当たる瞬間だけ力を入れる(キュッと握る感じ)とよく切れるようになります。

「速いボールだけが勝つ方法ではない」 ~卓球はタイミングのスポーツ~

相手がやってくることを「感覚」でつかむためにはまず自分が意識してチェンジオブペースを練習する必要があります。相手の強い打球をわざとゆっくりしたボール(勢いを殺して)で返してみたり、逆にさらにスピードボール(勢いをつけて)返してみたりする練習をすると自分がピッチを変更できるばかりでなく、相手がそうしてくるときの癖などをつかむことができるようになります。

楽しい卓球の実戦練習は自分なりに目的を考えて!!

よく「実力を出し切れなかった」という人がいますが、相手の出方を見て自分を変えることができない「小引き出しの少ない」ことを自分で自覚しているんです。試合は水物ですからどういう展開でどういう作戦でと立てたものが使えないなんてことはざらにありますから、いざというときに無心で引き出しを開けられるように、常に実戦のつもりで練習に取り組んでください。

卓球で一番取りにくい球種は??  ~単純回転と無回転~

相手がナックルや単純横回転のボールを多用する方に対する対処のすべてかも知れません。自分で回転をコントロールして勝つということも大事ですが、あえて相手が仕掛けているコントロールしにくい球を素直に返してみる・・・のも勝てる卓球打法の1つです。

トップへ戻る