バックエンド(管理) | ページ 3 | Knowledge Base

バックエンド(管理)一覧

WordPressで権限のないユーザーをバックエンド(管理画面)へ行かせないようにするプラグイン「Remove Dashboard Access」

Wordpressで会員制サイトを作った際に間違って、または故意に管理画面を表示させないことができないか?というのを実装できるのが、今回紹介する【Remove Dashboard Access】プラグインです

WordPressのサイトから送信されるいろいろなメールの内容をカスタマイズできるプラグイン「Better Notifications for WordPress」

【Better Notifications for WordPress】はWordpressのサイトから送信されるいろいろなメールの内容をカスタマイズできるプラグイン。標準のメールをこのプラグインで設定したメールに置き換えて送信されるので、翻訳が元に戻る心配もありませんし、何よりどこにもない自身のオリジナルな文章で送れるようになるので重宝すると思います。

WordPressで外部からRSSフィードを受信した履歴の追跡ができるプラグイン「Simple Feed Stats」

【Simple Feed Stats】はいつ、どこからRSSファイルの読み取り(アクセス)があったのかを簡単に把握することができるプラグイン。何気なく設置しているRSSフィードのアドレス表示ボタンも直接RSSリーダー経由でのアクセスがなかったら設置の必要はないかもしれませんよ。

WordPressのサイトにアップロードした画像を自動で最適化するプラグイン「Smush Image Compression and Optimization」

「Smush Image Compression and Optimization」は簡単設定でアップロード時の画像を自動で最適化してくれるプラグインです。もちろん過去にアップロードした画像も最適化する機能を持っています。

WordPressのフロントエンドでテーマやプラグインのどのプログラムが動いているかを可視化できるプラグイン「Theme Structure Visualiser」

【Theme Structure Visualiser】は有効化してからフロントエンド(閲覧画面)を表示するとどこの部分にどのファイルが使われているかが一目瞭然となるテーマカスタマイズ時にはとても便利なプラグインです。

WordPressのダッシュボードにあるメニュー項目の並び替えができるようになるプラグイン「Admin Menu Manager」

管理画面のサイドバーメニューをカスタマイズできるプラグインはいろいろとリリースされているもののどれにしていいか迷っている方、メニュー項目の非表示や名前の変更などを希望しないなら今回紹介する【Admin Menu Manager】が一番簡単で単純に設定が可能なプラグインだと思います。

WordPressで公開済みの投稿のパーマリンクを変更できないようにするプラグイン「Published Posts Locked URL」

【Published Posts Locked URL】は投稿を公開した後にパーマリンク構造が変更されるのを防ぐプラグインです。「投稿名」のように自動で変更されてしまうものも無効にできますし、編集画面で任意に変更しても【更新】ボタンをクリックすると元のパーマリンクに戻るようになっていますから間違えて変更してしまう可能性もゼロにできます。

WordPressで記事更新時に「更新日」の書き換えが必要かを自動で判断して処理するプラグイン「Minor Edits」

【Minor Edits】はタイトルと本文である程度の文字が変更になったときには自動で【更新日】の書き換えをし、そうでなければ書き換えないようにするプラグイン。更新日の書き換えスイッチと併用することで特に誤字などの修正時に多いうっかり!!を防止するのに役立つプラグインだと思います。

WordPressのダッシュボードウィジェットによく使うショートカット集を作れるプラグイン「Dashboard quick links widget」

【Dashboard quick links widget】はダッシュボードのウィジェット(右側の部分)へよく使うメニューへのショートカットを用意することで、いつもの作業はここからできるようになるというちょっと便利なプラグインです。

トップへ戻る