コンテンツ追加 | ページ 8 | Knowledge Base

コンテンツ追加一覧

WordPressでGoogle map Apiを使わず簡単にグーグルマップを挿入できるプラグイン「Pronamic Google Maps」

Wordpressでコンテンツを作る上で切り離せない地図表示。実際に地図を見て調整したそのものが挿入できるのがこのプラグインの一番気に行っているところです。「Pronamic Google Maps」は最近Google関連のツールで必須になりつつあるGoogle Apiキーの取得が不要なのも魅力の一つです。

WordPressでプラグインの詳細情報をショートコードで投稿や固定ページなどへ表示することができる「Plugin All Info」

あまり利用シーンはないと思いますが、プラグインの紹介ページを作ったり、Wordpressを使ったサイトのつくり方などを紹介する際などに「現在のプラグインの情報」がリアルタイムで表示できないか?を可能にするプラグインが「Plugin All Info」です。

WordPressでビジュアルエディタが使えるテキストウィジェットを追加するプラグイン「WP Editor Widget」

コードや文字、プログラム、画像の挿入などいろいろ使えるテキストウィジェットですが、画面が小さくて使いにくくないですか?「WP Editor Widget」は広いサイズのエディタが表示され編集しやすいテキストウィジェットを追加できるプラグインです。

WordPressで投稿や固定ページ、ウィジェットなどにバーコードやQRコードを挿入できるプラグイン「Barcode QRcode Generator」

個人で使用することはあまりないと思いますが、「Barcode QRcode Generator」は企業サイトなどで商品の一覧や紹介ページを作成する際に役立つプラグインです。1つのプラグインでバーコードとQRコードの両方を作成することができます。

WordPressで時間などに応じて文章の表示・非表示ができるプラグイン「Show/Hide Content at Set Time」

「Show/Hide Content at Set Time」は投稿や固定ページそのものを表示/非表示にするのではなくコンテンツに含まれた文章や文字、HTMLやPHPで書かれたプログラムを部分的に表示/非表示にでき、あらかじめ設定しておけば更新の手間を大幅削減できる便利なプラグインです。

WordPressで閲覧したページを「お気に入り」登録してサイドバーなどへ表示するプラグイン「 WP Favorite Posts」

「WP Favorite Posts」は閲覧したページを「お気に入り」登録することでサイドバーの一覧から簡単に保存したページを呼び出せるようにするプラグインです。サイト使用例として連想できるのは、求人サイトの「とりあえずキープする」という機能です。日本語化されていますから面倒な翻訳や解釈なしで使用できるので便利です

WordPressで今までに閲覧したページを表示するプラグイン「WordPress Posted Display」

「WordPress Posted Display」プラグインはアマゾンなどのネットショッピングサイトでもよく見る「最近見た商品」のような閲覧履歴をサイドバーのウィジェットで表示したりショートコードを使って本文内に表示したりできるプラグインです。

WordPressで今日は何の日、簡単なイベント情報などをショートコードを使って挿入できるプラグイン「This Day In History」

「This Day In History」は投稿や固定ページとは別にイベント告知などに使う短い文章を作り、ショートコードを使って日時に合わせて投稿や固定ページ内に表示したりウィジェットでサイドバーなどに表示したりできるプラグインです。閲覧する日に応じて自動で表示されるので、イベントの告知、今日は何の日?サイトの記念日などの表示などに使用できます

トップへ戻る