WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

その他の記事一覧

メール通知の制御と、独自タイミングで独自の通知メールが設定できるプラグイン「Notification」

公開日: 最終更新日:

【Notification】は、Wordpress標準のメール送信に関する有効/無効の設定に加え、必要なシーンごとに自身で作ったメール内容を送信できるようになるプラグイン。これで届いた人が「??迷惑メール?」と感じてしまう心配もなくなるかと思います。

非公開のサイトやログインユーザーだけが閲覧できるサイトが作れるプラグイン「subway」

公開日: 最終更新日:

【subway】はすべてのページを非公開(登録ユーザーがログインしないと閲覧できないようにする)にしたり、一部のページだけを閲覧可能にしてあとはログインユーザーのみ閲覧可能にするといった完全な会員制サイトを構築するためのプラグインです。

IDを付けた特定の要素にマウスオーバー(ホーバー)させると設定した音声を再生するプラグイン「Hover Sound」

公開日: 最終更新日:

サイトを開くと音が出る、どこかにマウスを合わせると音が出る・・・という機能は特に新規の訪問者からすると突然大きな音が鳴る場合があり、あまり好まれる機能ではないと思うのですが・・・ちょっとおもしろく、恐らくこれしかないプラグインだと思いますので紹介しておきます。

preタグなどのデザインを上書きして本文内のコードをきれいに表示するプラグイン「Mivhak Syntax Highlighter」

公開日: 最終更新日:

【Mivhak Syntax Highlighter】はこのプラグインで置き換えるタグを選択することで、例えばpreタグで囲まれたものを適用すれば、今挿入されているpreタグで囲んだコードをこのプラグインの設定で上書きしてくれるという優れものプラグインです。

権限などに応じて特定の投稿や固定ページのみ閲覧可能にすることができるプラグイン「WP Private Content Plus」

公開日: 最終更新日:

会員サイトや社内サイトなどで必要なのは「このコンテンツは全員閲覧可能にして、あとは制限したい」という機能。通常の制限プラグインでは設定を忘れたりすることにより知らない間に公開されてしまってる・・「WP Private Content Plus」はそんなミスを防げる閲覧制限プラグインです。

「ACF」で作成したカスタムフィールドに入力したショートコードを動作させて本文に表示させるプラグイン「shortcode for Advanced Custom Fields」

公開日: 最終更新日:

【Advanced Custom Field: Shortcode Field】はこの問題を解消して、カスタムフィールドに入力したショートコードが動作した結果をACFのショートコードで表示できるようにするプラグイン。これならPHPコードも使いませんし、テンプレートを作る必要もないので大変便利だと思います。

コメントの入力チェックが画面移動なしでできるプラグイン「comment validation computy」

公開日: 最終更新日:

訪問者の方が貴重なコメントを寄せてくれるシーンで起こる不都合というば、未入力時やエラー発生時に画面が切り替わってしまうこと。「comment validation computy」は同一画面上でエラーメッセージを表示できるようになるちょっと便利なプラグインです。