サイト作成日記一覧(Post List)

WordPressで作ったサイトを個人的なファイル(メディア)サーバーとして稼働させたときに役立ったテーマやプラグインいろいろ

Wordpressは何も公開サイトを作るだけのものではありません。今回はデジカメなどで撮影した画像の管理が楽になるサイト作りの例で使用したプラグインやテーマを一挙公開します。

WordPressで特定の国からのアクセスをブロックするプラグイン「IP2Location Country Blocker」

【IP2Location Country Blocker】は国ごとに割り当てられているグローバルIPアドレスをデータ化しておき、特定の国からのアクセスをフロントエンド/バックエンドで防止できる便利なプラグインです。

【備忘録】WordPressコメントを新しいもの順にしたら1ページ目の件数がおかしくなるときの対処 ~Simplicityテーマ編~

Wordpressでコメントを分割表示させて最新のものから表示させると1ページ目の件数がおかしいということありませんか?至って我流ではありますがいろいろ調べてやってみたらSimplicityテーマでうまくいった方法を備忘録を兼ねて紹介します

WordPressに追加したカスタム投稿タイプの投稿をRSSフィードに含めるプラグイン「CBX RSS Feed for Custom Post Types」

【CBX RSS Feed for Custom Post Types】はカスタム投稿タイプの投稿を通常の投稿と混ぜてRSSフィードのファイルを作成するためのプラグインで、サイト内にある投稿タイプをすべて表示してくれたリストにチェックを入れるだけで簡単に含める/含めないという動作設定ができるのが優れたところです。

「サイトをSSL化したらGoogle Search Consoleの変更はサイトを追加するだけ」は本当でした

サイトのSSL化の波が広がってますね。Googleによると検索上位になっているページのほとんどはSSL対応したサイトとのこと。暗号化しなきゃいけないコンテンツないから・・でずっとやってませんでしたが、それなりに効果はあるみたいですね。

WordPressで作ったサイトの表示速度が体感的に速くなるプラグイン「WP Scripts & Styles Optimizer」

【WP Scripts & Styles Optimizer】はコードの読み込み順をカスタマイズすることで効果のある表示速度の高速化をプラグインでやっちゃおうというもの。不要なファイルは読み込まないようにしたり、ヘッダーに出力されていて最初に読み込まなくてもいいものをフッターに移動して読んでるうちに読み込んでもらおうという動作をします。

サイトをSSL化してGoogle Search Consoleへ追加登録した後の経過は・・・

当サイトもSSL対応に切り替えてから1日、まだ新サイトとしてのインデックスは0件(リアルタイムではないので翌日以降でないと正確な確認ができないため)ですが、見てみると徐々にSSL化したページとしてインデックスされていっているようです。

【備忘録】WordPressでサイトをSSL化した後で最低限確認しておきたいこと -ゴールは結構遠い-

やっと面倒な作業を経てサイトをSSL対応にできた~と喜ぶのはまだ早い、後からいろいろ出てきた確認事項についての個人的な備忘録です。同じところで引っかかってる方のため、自身が今後別のサイトで設定する場合の勿忘草として公開しておきます。

トップへ戻る