副収入 | ページ 2 | Knowledge Base

副収入一覧

【Adsense(アドセンス)】でポリシー違反の審査がページ単位になりました

今までのアドセンスは違反があると通知されることはされるもののページ単位ではなくサイト単位(ヒントとして〇〇というURLなどとは書かれていますけど・・・)だったので、何をどうすればいいのか分からない場合がありましたが、ページごとに違反していれば通知してくれて再審査してくれるので個人的にはすごくありがたい機能だと思います。

【私的には効果があった】クリック率を上げるためのアドセンス広告の貼りつけ位置は?

一生懸命ブログ更新してるのになかなかアドセンス広告がクリックされないなぁと真剣に悩んでいる方の少しでもお役に立てれば・・ということで、私が運営しているサイトで実際に効果のあった事柄について紹介したいと思います。とはいえ、前述したような半ば不正や裏技や姑息な手段ではないので、そういった方法でクリック率をアップできないか?という内容をお望みの方は別のサイトを見てくださいね。

Google Adsenseのネイティブ広告を使ってみた

新しく追加されたアドセンスのネイティブ広告、もうお使いになりましたか?早速入れ替えをとも思いましたが新しいものをすぐに設置すると収益に影響がある可能性が否めないので、今回は広告数の制限が撤廃された(正確には規約から記述が削除された)のを利用して手動設置してみることにしました。

アフィリエイトで稼げそうなネタ、稼げなさそうなネタについて

サイトやブログを作る人の目的の1つにお小遣い稼ぎをしたいというのがありますね。いわゆるアフィリエイトってやつです。かくいう私もその1人なのですが、ジャンルを限定した複数のサイトを運営したり、このサイトのようになんでもありのサイトを作ったりしてきましたが、何となく稼げそうなジャンルと稼げなさそうなジャンルが見えてきました。至って個人的見解ですが、これからサイトを作ってみようという方の参考になれば・・・。

楽天アフィリエイトってどう??メリット・デメリット、私があまりおすすめしない訳

物販系のアフィリエイトでは有名すぎるほど有名な「楽天アフィリエイト」。たくさんある物販アフィリエイトの中からひとまずこれをと選ぶ方も多いと思います。でも・・・最近になってちょっとトーンダウン。なんでトーンダウンしたのかというのを今回は書こうと思います。

サイドバートップの広告が効果的でないのはなぜか?

作る側として記事を作成していると、あまり自分のサイトを見る機会はありませんよね?あってもプレビュー程度。自分でじっくりと訪問者の目で見ることは少ないと思います。実際に自分のサイトをサイト内リンクやサイドバーのリンクなども使いつつ何ページか見ているとだんだん「なんでサイドバートップの広告に効果がないの?」が見えてきます。

Google Adsenseの提案で収益がアップした!?

Adsenseの収益が早くも先月を越えました・・・って言ってもそんなに稼げてる訳ではないですけど、それでも大いに喜ばしいことです!!で、何を変えたかということを2つ紹介しようと思います。1つは自身で考えたこと、もう1つはAdsense様の提案(営業担当なんていません、単純にアドセンスでの「お知らせ」で提案された内容)に従って行ったことです。

【Adsense】サイドバートップの広告は効果がない

アドセンスやAdmaxなどのクリック報酬を得るタイプのアフィリエイトの場合、ある程度アクセスがあるのにクリックが全然されない!!と思う方はどうせクリックされないのだからいろいろな位置に変更してテストしてみると実績が上がるかもしれません。

Google Adsenseでどのサイトのどの部分に掲載した広告が効果的なのかを知る方法

アドセンスをやられている方は毎日欠かさずレポートを見ているのではないかと思います。そこで私がふと思うのが、そのサイトのどの位置に表示した広告が効果的なのか?ということ。気になったことありませんか?今回はそれについて私が行っている方法を紹介します

Google Adsenseのレポートに知らないサイトが表示されたときの対処

一瞬「他人が私のアドセンス広告を表示してくれているんだから収益は私のもの」なんて思ったのですが、「1-99seo.com」といういかにも怪しいドメインなのでさすがに気持ち悪い。ということで、特定のドメインやサブドメインに対して広告を表示させないようにする方法について調べてみました

気になるアドセンス用語「アクティブ ビュー視認可能率」とは

広告を貼ってもそんなにバンバンクリックされる訳でもない(経験上ではあっても1%に満たない程度)のでアクセス数やページビュー数を増やしてとりあえずインプレッション収益を得るのが妥当な策だと思います。それでもインプレッション収益は雀の涙・・・これを何とかしたい!という時に役立つ指標が「アクティブ ビュー視認可能率」です。

トップへ戻る