【初心者向け】1つのドメインで複数のWordPressサイトを作る方法とメリット・デメリットなど

公開日: 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

「今Wordpressで作っている日記サイトがなかなかの出来栄えになったから、今度は何かの情報が配信できるようなちょっと本格的なサイトを作ってみようかな?」などと思われている方は多いと思います。

WordPressはブログ作成ツールでありながら本当にいろいろなことができますから、ブログ以外の機能をいろいろと知ってしまった方からするとぜひチャレンジしたいことではありますね。

そうなるとまた別にドメイン契約をして・・・と考えがちですが、同じレンタルサーバー、同じドメインでも複数のWordpressサイトを作って運営することができます。

今回は1つのドメイン、1つのレンタルサーバー契約で複数のWordpressをインストールして運営する方法をいくつか紹介します。ども一長一短ですので理解してからチャレンジすることをおすすめします。

シングルサイト

1つのドメインに対して1つのWordpressサイトが稼働している状態を【シングルサイト】と呼ぶことが多いです。敢えて多いですと書いたのは、これについて固有の名称がないからです。簡単に言うと何も書かれていない場合にはシングルサイトと判断すればいいかと思います。

このシングルサイトに対していろいろな方法で別のWordpressサイトを作成することができます。逆に

  1. プラグインやテーマは共通のものを使う
  2. ジャンルによって簡易的なデザインの違いを出したい

だけなら、これから紹介する複数のWordpressサイトが稼働する状態にしなくても、「カスタム投稿タイプ」という機能を使えばシングルサイトのままで実現は可能です(ここでは記事の主旨と離れてしまうので割愛します)。

これから紹介する方法は今使っているレンタルサーバーで、Wordpressサイトを追加したい分だけのデータベースを作成する場合に有効な方法です。1つのデータベースしか使えないサーバーにももちろん複数のWordpressサイトを同居させることは可能ですが、それぞれのサイトのアクセス数が増えてくるとどんどんデータベースの処理に関する負担が増え、サイトの表示速度が遅くなるなどの弊害が出る可能性がありますから、そうした場合にはシングルサイト+カスタム投稿タイプでサイトを作られた方がいいかもしれません。

【ドメインキング】で運用するWordPressサイトで予約投稿ができないときの対処方法(備忘録)

WordPress5.2.2で始まった【[サイト名] サイトで技術的な問題が発生しています】のメールを止める(機能を停止する)方法

【WordPress】管理アイコンが表示されない場合の原因と対処


サブディレクトリ(サブフォルダ)型

サブディレクトリ型というのは前述したシングルサイトのある場所(index.phpのある場所)へフォルダを作成し、その中へ別のWordpress
をインストールして運営する方法のことを言います。

一番階層の上にあるサイトを「親サイト」、その中のフォルダ内にあるサイトを「子サイト」と呼びます。

サブディレクトリのメリット

検索エンジンから見ると同じドメインの中にあるコンテンツとなるため、すべてのサイトの総合力で順位や重要性などの判断がされるようです(これは検索エンジンの判断なので断言はできません)。

シングルサイトとの大きな違いは親サイト・子サイトそれぞれで別のプラグインやテーマが使えるようになることです。もちろんWordpressとしては別々のサイトですからサイト名やサイト概要、カテゴリーやタグなども全く別のものが使えますから、よりそのジャンルに特化したサイトが作れるようになります。

また、ユーザー登録をしてもらって何かをしてもらうようなサイト(掲示板や投稿サイトなど)だけを独立させることができますので、設定の甘さによるサイトの改ざんなどの危険性をほぼゼロにすることができます(影響を受けたとしても該当の子サイトだけ)。

サブディレクトリのデメリット

前述したように検索エンジンからはドメイン内のサイト全体に評価がされる可能性が高いのですが、それぞれのサイトにあまり充実度がない場合には逆効果となる場合もあります。

また、サーバーによってはサブディレクトリでも自動インストールができるところもあるようですが、手動で行う場合がほとんどですからインストールに関する知識が必要になります。

この方法を使いたい!と思う方は恐らくたくさんのジャンルの子サイトを作り、親サイトに一覧を表示させて俗に言う「ポータルサイト化」をしたいのではないかと思いますが、子サイトの記事一覧を簡単に親サイトへ表示できるというわけではありませんので、分けるべきなのか?カスタム投稿タイプで行くべきなのか?を最初に検討しておいた方がいいかと思います。

現在稼働しているシングルサイトに子サイトを追加しようとする場合には親サイトのカテゴリーやタグ、投稿・固定ページなどに同じ階層名がないかどうかを確認する必要があります
 例えばカテゴリーに「〇〇」というのがある場合には「http://××.jp/〇〇」へアクセスすると〇〇というカテゴリーの投稿一覧が表示されるのですが、この〇〇と同じ名前のフォルダを作ると当然のことながら競合が起こって正常に表示されなくなることがあります。

サブドメイン

URLは通常のドメインが「〇〇.jp」だとしたらサブドメインは「××.〇〇.jp」というように先頭に××がついた形になります。レンタルサーバーを契約したときに無料でついてきたり、無料ブログを作成したり、無料のWordpressツールを使った場合などにはこういう形態になりますからご存知かと思います。

サブディレクトリと違うのは、ドメインとしては1つと認識されるものの、サイトとしては別のものと認識されることです。

要は同じドメインなのでドメインとしての評価は共通、でもサイトは別物という認識になるということです(こちらの方が分かりにくいかも・・・)。

サブドメインのメリット

検索エンジンからは別のサイトと認識されることが多いですから、全くかけ離れたジャンルのサイトを運用する場合にはこちらの方が適しています。

サブドメインのデメリット

前述したようにドメインとしての評価は共通なのであまりにも評価の低いジャンルのサイトをサブドメインで作成した場合には全体の評価に影響が出る可能性がありますから、全く違うなら初めからドメインを別に取得して運用することをお勧めします。

おまけ マルチサイト

おまけとしたのは個人的にあまりおすすめしたい方法ではないからです。

WordPress関連で何か検索していると結構この単語は登場しますよね?複数サイトが作れるなら・・・で後から後悔している方は少なくありませんから、よく考えてこれしかない!という場合には使ってもいいかも・・という方法です。

マルチサイトのメリット

最大のメリットは同じ管理画面で複数のサイトの管理ができることです。サブディレクトリやサブドメインのサイトは管理画面が別々になりますから管理は楽になります。

複数サイトを管理するユーザーは「特権管理者」と呼ばれ、ここで管理するサイトのすべてを編集できます。また、テーマやプラグインの一括更新などができることや、共通で使用するものを選定することもできます。

また、子サイトは基本無制限に追加できるので、例えばチェーン店などのサイトでは活躍するかもしれません。

デメリット

テーマやプラグインによってはマルチサイト管理がNGのものがあります。

最大のデメリットは複数のサイトが共通のデータベースを使用すること。これが及ぼす影響については冒頭のシングルサイトのところで紹介しています。

また、マルチサイトで作成したサイトを後々分離する(それぞれ単独のサイトにする)場合には結構大変な作業が待っています。


いかがでしたか?ざっくりではありますが、複数のWordpressサイトを持つ場合の方式の違いやメリット・デメリットが何となくお分かりいただけたでしょうか??

個人的見解としてはシングルサイトでいろいろな方法を駆使してサイト作りをし、どうしてもという場合には分けるという風に考えた方がスマートだと思いますので、まずはシングルサイトの充実をした方が得策だと思います。

複数いきなりサイトを作ってもどれかがほったらかしになる可能性大ですからね(笑)。

参考になれば幸いです。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報