【WordPress】サイトの引っ越し作業 ~元のサイトから丸ごと転送する方法~

先日Wordpressで作っていたサイトが壊れてしまい、敢え無く別のサーバーで再構築となってしまったので、サイトの引っ越しと転送の設定についての備忘録です。

スポンサーリンク

サイトの移転を至ってアナログで行う

データベースごと移転すれば簡単なのですが、今回は壊れての再構築なのでちょっと怖くて、仕方なくアナログで以降作業。
今まで使っていた無料のサーバーはアクセスに耐えられない(制限がある)状況で何度か警告メールを受け取っていたので、そこで再構築しても結局今までのアクセス以上になったらサイトストップとなってしまうと考え、別の無料サーバーへ移設することにしました。
もちろんサブドメインでの運用になるのでそのまま元のドメインは使えないですから、後で転送の処理が必要となりました。

まずは新しいサーバーに通常通りWordpressをインストール
元々テーマはAtahualpaを使っていたのでデザイン完成時のエクスポートファイルをインポートして外観の設定は終了。

プラグインはサイト完成時にフォルダごととっておいたので、それをアップロードして各種設定で終了

パーマリンク設定は元のサイト通りにタイトル名へ変更

Pingの送付先の設定

そしてちょっと前にバックアップを取っておいた記事と固定ページをインポートして終了

最近の記事はダメになってしまいましたが、テーマ・プラグイン・記事・固定ページがある程度直近で手動バックアップしておいたのでサイトの再構築は時間はかかったものの無事に終了しました。

こんなときのためにこまめに記事などのバックアップは取っておいた方がいいとつくづく思いました。

そして次に旧サイトからの転送設定

なぜ旧サイトから転送するのか?

旧サイトからの記事や固定ページを丸ごと移設するということは、ドメイン以下のアドレスはすべて共通ということです。
例)旧サイト http://○○.co.jp/xx/
  新サイト http://△△.co.jp/xx/
    上と下のサイトで赤字の部分は共通

従って、古いサイトへのアクセスがあったときに新しいサイトへ上記の黒い部分だけ転送できればすべてのページがリダイレクト(転送)できるということで、Wordpressなどのツールを使っていたからこそできる転送方法です。

転送を行うことで、旧サイトへのアクセスを新サイトへ自然に流すことができるので、新サイトで一から検索サイトのインデックスを待つよりも速くアクセスされるようになりますので、旧サイトで作った資産を有効に活用することができます。

また、転送を行うことで検索エンジンがサイトを認識する速度も上がるので、新規に追加した記事のインデックスもより速くなります。

こうした意味からサイト移転(丸ごと移転)の際は旧サイトの契約をすぐに切らずに新サイトへの転送という形でしばらく置いておくといいと思います。旧サイトのアクセス数が上がって来たのが立ち上げてから半年前後だったので、その位の期間は残しておいた方がいいでしょう。

サイト丸ごと引っ越しする場合の転送方法と.htaccessファイルの記述

古いサイトからの転送(301リダイレクト)は一番簡単な.htaccessファイルに記述する方法にしました。

記述する内容は

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} 転送元のドメイン①
RewriteRule ^(.*) 転送先のサイトアドレス②/$1 [R=301,L]

①には転送元のドメイン名を入力します
例)http://○○.co.jpの場合=○○.co.jp

②には転送先のアドレスを入力
例)http://○○.co.jpの場合=http://www.○○.co.jp

転送ができているかどうかは転送元のサイトにアクセスしてみると自動的に転送先のサイトが開くかどうかで分かります。

WordPressが動いていれば大抵は.htaccessが使えるので一番簡単だと思います。記述するのはサーバーにあった.htaccessを一旦ダウンロードして追記でもいいし、新規のテキストに上記のコードを書いてアップロードしても大丈夫です。

転送されているかどうかの確認

私はアクセス解析にWassUpプラグインを使っているのでどこからアクセスがあったか(リファラー)がリアルタイムで分かります。これとにらめっこしながら、旧サイトからの転送でのアクセスが流れてきていれば転送設定はOKです。

GoogleのSearch console(旧ウェブマスターツール)の問題

GoogleのSearch console(旧ウェブマスターツール)にはサイトドメインの変更ツールがあります。旧サイトは新サイトに移転しましたよ~とGoogleに認識してもらい、それまでの被リンク数などを移行できるので、より新サイトのアクセスが旧サイトのままに引き継げるようになります。

が、私に学がないため問題が発生。

この変更ツールにはいくつか確認事項があり、
1.新しいサイトのアドレス
2.Google Search consoleのサイト所有者確認
3.転送設定の確認
この3点の確認作業がOKとなって初めてサイトの移行が完了するのですが・・・

2でサイト所有者の確認をするのには、.htaccessでリダイレクト設定していると確認できない
3で.htaccessでリダイレクト設定の確認が取れると、2のサイト所有者の確認が取れない

となってしまい、いろいろ調べてやってみましたがどれだけ頑張っても障害を乗り越えられず、断念。

しばらく転送のみしていって早く新サイト側のGoogleから見た認知度が上がってくれるのを願うばかりです。

気が向いたらこの問題解決しようとは思いますが、しばらく様子見です。

・・・とGoogle Search consoleの移転設定はとん挫してしまったものの無事に引っ越し完了しました。

トップへ戻る