【WordPress】プラグインなしで現在閲覧中のページへのリンクコードを表示する方法

検索エンジンが行うページの評価対処にはタイトルや文章とともに「良質な被リンク」というのがあります。これは他のサイトの文章などから直接的にリンクを張られる状態のことで、ブログなどを見ていてよくある「○○のサイトを参考にさせてもらいました」みたいなリンクを指します。

通常こうしたリンクはhtmlタグであるaタグを使って
<a href=”リンク先のURL”>リンクに使う文字(アンカーテキスト)</a>
と書くことで「リンクに使う文字列」をクリックすると「リンク先のURL」のページを表示させるようにします。

ただこのコードは使い慣れている人やブログなどのツールにリンクを作るためのボタンなどが設定されているときには簡単に挿入できますが、自分で書くとなると面倒ですし、面倒だからリンクなんかしないというのが大半だと思います。

ページの下部やサイドバーなどに「このページへのリンクコードです」みたいなのを表示しているサイトを見たことありませんか?

これはコードをそのままコピペしてもらえばリンクが完成するというもので、前述した面倒を軽減するいい方法なのです。

でも、作り手がこのコードをいちいち本文に書くのも面倒ですし、パーマリンク変更などでURLが変わったりするとその都度書き換える必要がある、あー面倒臭いとなってしまいますね。

そんなときに使えるのが今回紹介するコードです。データベースを使っているWordpressだからこそできる技ですね。

早速紹介しますが、投稿の本文内でPHPコードが動作するようにするようになっていることが前提条件なので、もしもコードを挿入しても動作せずそのままコードが表示されてしまうようなら、「EXEC PHP」などのプラグインのインストールが必要です。

スポンサーリンク

プラグインを使わずにリンクコードを表示する方法

以下のコードを本文内やテキストウィジェットへコピペすればコードが表示されます

<textarea><a href="<?php echo get_permalink( $post->ID ) ?>" target="blank"><?php echo get_the_title() ?>-<?php echo get_bloginfo( 'name' ) ?></a></textarea>

簡単にコード解説すると
get_permalink( $post->ID )でページのURLを取得します
echo get_the_title()でページタイトルを取得します
get_bloginfo( ‘name’ )でサイト名を取得します
そして、これをリンクコードの中に入れ、文字列として表示させるためにtextareaタグで囲めば完成です。

表示方法いろいろ

上ではtextareaタグを使って表示しましたが、それ以外にも表示方法がいろいろあります

何も装飾しない場合

<a href=”ID ) ?>” target=”blank”></a>

のように表示します。aタグの前の「<」の文字を文字実体参照の「&lt;」(使用時は半角で入力)に置き換えると何も装飾しない形で表示されます

textareaタグで囲んだ場合(<textarea>~</textarea>)

textareaタグは入力欄を作るタグなので、表示後自由に書き換えてもらうことができます

preタグで囲んだ場合(<pre>~</pre>)

<a href="ID ) ?>" target="blank">-</a>

preタグは囲み線の中に1行で表示する(横スクロールさせる)タグなのでこんな感じになります。textareaタグのように自由に書き換えてもらうことはできません。

praintextタグで囲んだ場合(<praintext></praintext>)

<a href=”ID ) ?>” target=”blank”></a>

praintextタグは囲みなど何も装飾を施さないで本文の中に文字として表示します。文字列なのでスクロールバーが表示されることなく折り返されます。

ちなみにpraintextタグの周りに囲み線を入れるようにするには

<p style=”border:solid;”><a href=”ID ) ?>” target=”blank”></a></p>

というふうにすると

<a href=”ID ) ?>” target=”blank”></a>

のように表示できます。

細かい調整はCSSを使ってもいいし、このままpタグの中に書いていってもいいし自由に行いましょう。

枠線スタイルのタグについては

HTMLタグ・スタイルシート・特殊文字等の早見表

が参考になります(外部サイトです)

まとめ

コードなど何もわからないとついついプラグイン探しに奔走してしまうのがWordpressであり、また、希望に沿った機能を実装できるのがWordpressプラグインのいいところですが、特殊な機能を除けば今回紹介したリンクのように簡単なコードで実装できますから、やりたいことが決まっている場合にはプラグインとともにコード(スニペットとも言います)を検索すると解決できる場合が多いです。

また、プラグインだとページを表示する際に有効化されているものがすべて使用可能になるよう処理されるようになっているようなので、ページにアクセスされてから完全に表示されるまでの時間がどんどん遅くなります。表示速度改善のためにもスニペットを積極的に使うようにしましょう。

ちなみにやっぱりプラグインで実装したい!という場合は

「Get backlink Plugin」は表示されているコードをそのままコピペするだけで簡単に別のサイトやブログへ閲覧しているページへのリンクを挿入してもらえるようにするプラグインです。
「WP Link To This Post」は記事の下にリンクコードを表示するプラグインです。表示するコードをブログなどへ張ってもらうことでバックリンクの獲得を行い、SEO対策とアクセスアップに役立てるためのプラグインです。

などがあります。

トップへ戻る