【WordPress】直リンク(画像のURL挿入や直接ダウンロード)を防ぐ方法(カラフルボックスサーバー編)

公開日:2019年7月23日 使い方など
Knowledge Base トラブル 対処

WordPressに限らずホームページやブログで困りものなのが画像などの盗用(パクリ)行為と画像などのリンク挿入。画像が不正にダウンロードされて他のサイトで無断使用されないようにする最善の方法は右クリックの防止よりも画像に透かし(ウォーターマーク)を入れることでしょう。中にはこんな便利なプラグインもありますね。

※右クリックを防止するプラグインはブラウザ上のイベントを停止するものなのでそれを元に戻すような拡張機能があります(知ってました??)。つまり完全に禁止するのは不可能なんです。

それよりも問題なのがリンクで画像などを別のページへ挿入して表示させるようにされてしまうこと。これをホットリンク、直リンクといいます。何が問題なのかというと、その画像がどこかのページで表示される度にリンク元の画像を引っ張り出してきて表示するという動作をするので少なからずサーバーの負担となるのです。多少の負荷ならいいのかも知れませんが、もしもリンク挿入されたページがとんでもないページビュー数のあるページだったら・・・最初は1サイトでもどんどんリンク挿入するサイトやページが増えて行ったら・・・ちょっと恐ろしいことになる場合もあります。

これを防ぐためにはホットリンクの禁止(保護)をするのが最善の方法です。そしてカラフルボックスサーバーにはこの機能が標準装備されていますので、サイトを開設したらなるべく早いうち(画像のリンク挿入をされないうち)に対策をするようにしましょう。

カラフルボックスでの直リンク禁止の方法

カラフルボックスへログインし、cPanelへログインするとメニューの中に「ホットリンク保護」というのがあります。
【WordPress】直リンク(画像のURL挿入や直接ダウンロード)を防ぐ方法(カラフルボックスサーバー編)
これをクリックして次の画面で「有効にする」をクリックするだけで簡単に画像の直リンクの禁止ができます。

【カラフルボックス】の標準機能でホットリンクを禁止したときの不具合(不都合)対策

ホットリンク禁止機能を使うと簡単にホットリンク(直リンク)を禁止できるのですが、他のサイトからブログカード(リンクカード)を使ったリンク表示をしたときに画像が表示されないという不都合というか不具合が出ます。

これだとせっかくリンクを張ってもらってもアイキャッチ画像が表示されず、ひょっとするとリンクを外されてしまう可能性があり、ちょっと具合が悪いですよね??

そんなときは以下のようにして代替画像を表示させることができます。手順は以下の通りです。

FTPクライアントを使って該当サイトの.htaccessファイルをダウンロードします。

ファイルを開くと末尾に

RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^ドメイン.*$      [NC]
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. 上のようなことがないのに更新できない
  6. 特に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページのコードを転載される場合には必ず当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

というのがずらっと書かれています。

※ちなみにこれらが直リンクを禁止しないドメインになります。ドメインを追加する場合にはこの行を追加してドメインを入力していけばそのドメインからの画像取得ができるようになります

先ほどの基本コードの末尾に

RewriteRule .*\.(jpg|jpeg|gif|png|bmp)$ 【画像のURL】 [R,NC]
を追加し、【画像のURL】というところにメディアからサイトの顔となる画像のURLをコピペしてください。

これでどの記事へのカードリンクが張られたときも、サイトの顔となる画像が表示されるようになります。

記事のアイキャッチ画像ではないためイメージとは違うかも知れませんが、画像が全く表示されないよりはいいかなぁという感じです(当サイトはそのようにしています)。

なお、この方法を取った場合にはその他の画像についても代替画像が表示されるので「ホットリンク禁止にならないのでは?」と感じるかも知れませんが、画像をパクろうとしている輩が記事に画像を貼ってプレビューすると全く意図しない画像が挿入されていることには気づくと思いますので、結果的にホットリンクの防止になると思います。

ダウンロードファイルの直リンク(直ダウンロード)を防止する方法

WordPressサイトではzip形式のファイルをメディアにアップロードしてリンクを張るだけで、ダウンロードできるコンテンツが簡単に作れるようになっています。

とても便利なのですが、問題は画像と同様に直ダウンロードリンクを張られてしまうこと。実際に私はこのサイトで配布されているいくつかのファイルでこれをやられました。

直リンクや直ダウンロードリンクを張る人の多くは紹介がてら(中には丁寧にページへのリンクを同時に張っている人もいます)にという形なのですが、ひどい輩になるとあたかも自身で配布しているファイル、自身で所有している画像のように扱っているものもあります。

そうした被害を防止するためにも画像だけでなくダウンロード可能なファイルも保護するようにしましょう。

やり方は画像の場合とほぼ同じですが、代わりにダウンロードするファイルを用意する必要があります。

内容は以下のような感じでいいでしょう(私のサイトの例ですので適宜書き換えてください)

当サイトでは画像やファイルのホットリンクを禁止しております。

このファイルは所有権のないサイトに設置されたダウンロードリンクから入手された可能性がある場合に代替ファイルとしてダウンロードされるものです。

申し訳ありませんが、ファイルの所有権はKnowledge Baseにありますので、
https://www.momosiri.info
を開き、サイト内検索で該当するファイルやページをお探しになり入手いただけますようお願いいたします。

これをテキスト形式で保存して、zip形式で圧縮し、メディアにアップロードします。

そして先ほどの基本コードの末尾に

RewriteRule .*\.(zip)$ 【ファイルのURL】 [R,NC]
を追加し、【ファイルのURL】というところにメディアから先ほどアップロードした代替ファイルのURLをコピペしてください。

※直ダウンロードを禁止することで、リンク挿入したダウンロードリンクがすべて動作しなくなりますので、別途ダウンロードコンテンツ制作用のプラグインを用いる必要がありますからご注意ください。

やはり不都合なことが生じるので最終的な対策として・・

この方法では許可したドメイン以外からの直リンクをすべて拒否する、もしくは別の画像にするという対応になりますから、本当に必要なメディア(例えばカード式のリンクやSNSの埋め込み、ブログランキングのアイキャッチなど)すべてを許可していくことは難しいと思います。

私も実際にブログ村のドメインを許可しても画像が収集されないという事態が発生しました。ログを見ると別のドメインから収集するような流れになっているようで、そちらも許可したのですがうまくいきませんでした。こんな時は・・・ということでブログ村へ直接問い合わせたところ、対応は難しそうでした。

結論として当サイトでは

を使って右クリックやドラッグアンドドロップの拒否をしつつ、画像にウォーターマーク(著作権)を表示することとしました。まあ右クリック禁止などのイベントを無効にする方法(内緒です)を使えば画像のダウンロードも直リンクもできてしまうのですが、知らない方に対する対策になるかなぁとは思っています。

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報