【WordPress】「bbpress」でサイトへ掲示板を設置するために最低限必要な作業

WordPressの掲示板作成プラグインとしては一番ポピュラーな「bbpress」。しかし、ポピュラーな割にインストールから初期設定の段階ですでに断念・・・という方多いのでは??

今回は「bbpress」を使うために最低限行うことを紹介します。と言っても私も手探りでやっていきますので今からbbpressを使ってみようという方の参考になればと思います。ただ、お使いのサーバーやWordpressのバージョン、テーマ、使っている他のプラグインなどとの兼ね合いによって不具合が発生したりすることがありますので、あくまでも使用は自己責任で進めてください。

スポンサーリンク

インストール前に行っておくこと

 これは案外必須の作業かもしれません。訪問者がサイトに訪れたときに見る画面を「フロントエンド」と言いますが、bbpressは基本的にすべての作業をフロントエンドで解決しようという掲示板プログラムです。この特性から、管理画面にログインしようとすると通常のログイン画面は出てくるものの、次に表示されるのはサイトのトップページとなります。多分初めてbbpressをインストールする方は100%びっくりするのではないかと思います。逆を言えば、外部からサイトの中に書き込む隙を与えるわけですからこの位「バックエンドに行かせない」ようになっていた方がいいと個人的には思っています。

最近のWordpressのバージョンではユーザー登録するとフロントエンドでも最上部に管理画面へのリンクが並んだツールバーが出るので、この機能をオフにしていなければ問題ありませんが、何の気なしにbbpressをインストールすると「管理画面に行けなくなった」と真っ青になってしまうかもしれませんから、バックエンドへ行くためのリンクなどを用意しておきましょう。

 一番簡単なのはサイドバーに「メタ情報」ウィジェットを表示しておくことです。Wordpress標準のウィジェットですから誰でも表示できます。ウィジェット領域にこんなもの表示したくないという人は下のような直接リンクコードを設置するといいでしょう

<a href=”自分のサイトのURL/wp-admin/”>管理用</a>
もしくは、ログインした状態でアドレスバーに直接「http://自分のサイトのURL/wp-admin/」を打ち込んでもいいと思います。「http://自分のサイトのURL/wp-login.php/」でもいいのでは?と思うかもしれませんが、wp-adminへアクセスすることでログイン済みならダッシュボードがすぐに表示できるので便利です。

「bbpress」のインストールと有効化

プラグイン自体のインストールと有効化については新規追加から行えますので詳しくは割愛します(というかこの程度の作業が不明だとおそらくbbpressを使うことはできないと思います)。

「bbpress」の日本語化

他のサイトでもいろいろ日本語化ファイルが配布されていますが、私の場合「フォーラム」「トピック」「リプライ」などの用語に対してどうもアレルギーが出るので、それぞれを「掲示板」「投稿」「返信」という風にしています。アレルギーの出ない方は他のサイトで探してみてください。なお、今後の解説はすべて私の翻訳を基準に進めますのでご了承ください。

Wordpressプラグイン【bbpress】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

使っているテーマで「bbpress」が表示されるようにする

まずは掲示板を作って表示してみる

テストで使用するテーマは「Simplicity」ですが、他のテーマでも基本的には同じだと思われますのでひとまずやってみてください。
まずは下の3つの固定ページを作ってテストしてみてください

  1. タイトルは何でもいいので、テンプレートを「bbPress-Forums(index)」にして掲示板のインデックスページを作る
  2. タイトルは何でもいいので、テンプレートを「bbs-create Topics」にして投稿追加用のページを作る

3つ作ったら管理画面に戻り、「掲示板」の新規作成をしましょう(テストですので適当でいいです)

そして、フロントエンドを表示すると

  1. 先ほど作った「掲示板のインデックスページ」に作成した掲示板の名前が表示される
  2. 先ほど作った「投稿追加用のページ」で掲示板の選択ができるようになる

要するに・・・

  1. 「掲示板」を作る
  2. 「投稿」を作る

この動きがbbpressの基本動作になります。

次の項でテーマへbbpressのテンプレートをアップロードする方法を紹介しますが、それをすることで不具合が起きることもありますので、必殺のプラグインで対応した方が簡単です。必殺のプラグインについては下のリンクから参照ください

「bbpress」は導入から使用できるまで結構敷居が高い印象があるのですが、この「bbp style pack」プラグインがあれば設定した項目が適用されたデザインをショートコードで呼び出すだけなので、より簡単にbbpressを利用できるようになります。

表示がうまくできないときは

※これ以降の作業をするよりも、上記の必殺プラグインを使った方が無難で簡単にbbpressを使えると思います。
テーマの中にいくつかのファイルをFTPを使ってアップロードします。

  1. 前準備として、bbpressを公式ページからダウンロードして解凍します。ダウンロードはこちら
  2. テーマフォルダの中に「bbpress」というフォルダを作成し、1で解凍したフォルダの中の「templates」というフォルダの中にあるフォルダとファイル(「default」フォルダと「index.php」ファイル)をアップロードする
  3. 1で解凍したフォルダの中の「templates」→「default」→「extras」フォルダの中身すべて(ファイルだけ)をテーマフォルダの中にすべてコピーする

※FTPなんて使えない・・・という方はテーマをダウンロードして上記の作業を施したのちZip圧縮しておいて、それをテーマの追加画面からアップロードして有効化すると適用できます(これも難しいか・・・)。ただ、Simplicityでこの作業をしたらカラム崩れが起きました。

カラム崩れが起きてレイアウトが乱れたときの対応

simplicityでは起こらなかったのですが、テーマによってはサイドバーの表示がおかしくなる(本文の下に表示されるようになってしまう)ことがあります。これを解消するには

<div class="site-content" id="primary"></div>
というコードを
1.header.phpの中の一番下の行
2.sidebar.phpの中の一番上の行
にそれぞれ追加し、
1.page.phpのヘッダー呼び出し直後にある「id=”primary”」を含む記述
2.少し下にある下記と同じコードの部分
<div class="site-content" id="primary"></div>
を削除することで対応可能ですが、テーマの編集はバックアップを取るなりして慎重に行ってください。


ここまでやって初めて最低限の機能を使うことができるようになります。
あとは実際の「掲示板」を作って、「投稿」してみると基本動作は確認できると思います。

何故こんなにbbpressは解りにくいのか・・・

そもそも何でbbpressは導入するだけの作業でいろいろなことをしなければならないのか??昔bbpressはwordpressとは別のツールで単体稼働するようになっていました(その当時使ってみたこともあります)が、Wordpressのプラグインとして生まれ変わり現在に至った経緯があります。半ば無理やりプラグイン化したので導入はもっと複雑でしかも苦労した挙句に動かない・・・なんてこともありました。それに比べればスムーズになったとはいえやっぱり使いにくいですね。ただ、他に使えそうな掲示板プラグインが見つからないのも実際なので、掲示板をWordpressで使いたいならbbpressを勉強するしかないということになると思います。ただ、Wordpress公式サイト(http://wordpress.org)のフォーラムにも使われている位ですからWordpressで掲示板を作るならぜひ使い方を覚えたいプラグインです。


過去に書いたbbpressに関する記事はこちらですが、何となく的外れな書き方がされている部分もありますので参考程度にご覧ください

ホームページやサイト作りで一度はコンテンツに追加したいのが掲示板機能ですね。そんな希望を叶えるWordpressプラグイン「bbpress」の導入方法と使い方を紹介します。
Wordpress掲示板プラグインとして有名なbbpressに画像投稿やファイルアップロード機能を追加することができる「GD bbPress Attachments」プラグインを使って画像やファイル添付掲示板を実装する方法。
bbpress Simple Advert Unitsは掲示板に広告を挿入したい、定型文を挿入したい!が実現できるbbpressの機能追加プラグインです。
Wordpressの掲示板(BBS)プラグイン「bbpress」を使う上で、サイトへの表示方法は2通りあります。

bbpressの導入方法をより分かりやすくしたページがあります

トップへ戻る