今更聞けないホームページ作成のルール(文章などの引用やリンクのマナー)

公開日:2016年4月15日 使い方など
Knowledge Base パソコン

至って今更ではありますが、ふと「引用って何?」ということが気になったのであえて記事にします。

ホームページやブログの記事について、法律上は有料コンテンツとして提供しているものでなければコピー&ペーストを行っても罰則はありません。ですから他人の記事を勝手に自分の物にしてサイトを展開しているところ(●●まとめみたいなサイト)が存在しても規制がかからないのですね。これを防衛する方法は唯一「コピーを防止する措置を取る」ことですが、コピーコンテンツがどうのというのを知らない閲覧者にとっては「この文章(ワード)で検索したい」と思って何気なく右クリックしても無反応・・・となれば「パソコン壊れたのかも・・・」となり、他のサイトではできることが分かると「このサイトは不親切だな!」と判断されてしまうかもしれません。

私も一時期少しナーバスになり、コピーを防止する(右クリックを防止する)プラグインを導入したりもしたのですが、今では他の人はどうでも私だけはマナーを守ろうという考えになり、いまではプロテクト関連のものは一切使っていません。ひょっとすると、このサイトにある記事をそのままコピーしたものがあるかも・・・なんて思いますが、瀬川瑛子さんが言っていたように「モノマネされるようになれば一流」だと思ってそのままにしてます。まあ大したことは書いてないですからコピーする人もいないと思いますけどね。

基本私は他のサイトの記事の文章をまるまるコピーなんてしたことがありません。世の中には似たことを書いているサイトが山ほどあるのでひょっとしたら気づかぬところで「コピーでは?」と思われるものがあるかもしれませんが、私が記事を書くときは

  • サイトに掲載されている内容をよく読む
  • 同じことを書いている複数のサイトの情報を読む
  • 元となっている公式なサイトの情報を読む
  • 何かのツールであれば自分で使ってみる

というプロセスで投稿記事を書いていますし、なるべくたくさんの情報を1つの記事に入れたいなぁと思って書いています。そして参考にさせていただいたページにはリンクを張らせていただいてます。これが私のサイト作成ルールです。

ただ冒頭に書いた「引用」というのを私は全く知らなかったのでこれもルールに取り入れたいと思います。

引用の使い方

前述した通り、まるっと記事の文章をコピーしても法的に違反となることはないようですが、文章を使わせてもらうことに対するルールとして「引用」というのがあるようです。

他のサイトのページ内にある文章をコピーして利用する場合には

  1. 引用してますよという宣言をすること(始まりと終わり)
  2. 引用していますというタグを使うこと

がルールです。

例を挙げると

---ここから引用しています---
<blockquote>引用した文章</blockquote>
---引用部分ここまで---
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

という感じにします。そして、引用元を明示するなりリンクを張るなりするのがルールです。

今までこんなタグ使ったことなかったのであることさえ知りませんでした。これをWordpressの投稿で使うと・・・テーマにはよりますが、きちんと引用部分だけ別のデザインになるんですね。感心しました。

WordPressでメールマガジンを発行する機能を追加するためのプラグイン選び(仕組みと実際にテストしたときの備忘録)

翻訳ファイル(.moファイル)から.poファイルへの変換を行う方法と翻訳するときの注意点

【WordPress】プラグインの日本語翻訳ファイルを適用する(転送する)方法


blockquoteタグを使うもう一つの理由

実はblockquoteタグにはもう一つ重要な意味があります。それは検索エンジンクローラーに「引用部分である」ことを知らせることなのです。あまりないことだと思いますが、検索エンジンクローラーが収集した文章の中で他のページからのコピーコンテンツがあると評価が下げられて検索順位に影響があるようです。

それを防ぐためにblockquoteタグを使って「これは引用部分なのでこのページの要素ではありません」と宣言するために使うのです。そうすれば、知らぬ間にそのページの評価が下がることも、ひいてはコピーサイトとして認識されてしまう可能性も低くなると思われます。

最後に

他愛もないことを書いてばかりいる当サイトですが、私のサイトの文章を引用してもらうことは大歓迎です。ただ、ルールを守ってコピーだけはしないようにしていただき、きちんと前述した「引用」タグを使っていただきたいです。

あまり重要視されていないblockquoteをきれいに見せるプラグイン

 使い方もあまり浸透していないblockquoteタグ。当然使われる機会も少ないのでデザインとしては適当?となってしまうのは仕方がない。でもせっかくblockquoteタグを使うならきれいに表示したい。そんな願いがかなうプラグインがあります。

これを使うときれいな引用が表示できるほか、本文を右や左に回り込ませるなどの表示ができます。ボーンと本文に引用を表示するよりも自然な表現ができますね。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報