【WordPress】便利機能「カスタム投稿タイプ」の落とし穴

WordPressでそんなことがあるなんて思いもしませんでした。最近覚えたカスタム投稿タイプで記事を書けども全然インデックスされないし、インデックスされないからアクセスもない。何故?いろいろ調べたら答えが分かってきました。

WordPressの通常の投稿では検索エンジンに対してお知らせする機能があるのですが、カスタム投稿タイプは自分で設定しないとないんですね。てっきり投稿と同じように動くと思っていたのにちょっと残念でした。

でも↓のように設定したらクローラーが来はじめました。これで一安心。元々投稿にあったものも何十件かはカスタム投稿タイプに移したのでちょっとどきどきしました。

 カスタム投稿タイプが使えるようになって、良い気になっていくつか追加して、そこに記事を追加していましたが、ふと「アクセス全然ない」ということに気づきました。気になってGoogleさまでインデックスの確認したら、いつもの記事なら最悪でも翌日にはインデックスされていたのに1週間前の記事でもノーインデックス、頭の中真っ白になりました。ここは基本に戻ってGoogleさまに記事が追加されたことは伝わっているのか?などいろいろと対応しました。

カスタム投稿タイプをサイト内部からのみアクセス可能にしておくには、投稿と同じようにしてからNofollowにするのではなく、最初からカスタム投稿を作りっぱなしにしておけば、逆に煩わしくないかもしれませんね。ひょっとするとそのように使うためにカスタム投稿タイプは作られたのかもと思った瞬間でした。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ