【WordPress】リンクカード作成プラグイン2つのいいところ、イマイチなところ

公開日: 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

先日公開したサイト作りに必要な機能だけを搭載したベーシックなWordpressテーマ【ha-Basic】。このテーマの作成に当たって一番苦労し、そして結局プラグインに頼ることになったのがリンクのカード表示。

長年使わせていただいていた【Simplicity2】テーマではリンクURLとリンク文字列が同一の場合には自動的にカードリンクが作られて本当に便利で、テーマ作成の際にこの機能をパク流用させていただこうかと思いましたがどうしてもコードが解読できず断念・・・。

「はてなブログカード」という外部サービスを利用する手もありますが、これだとリンク経由でどなたかのサイトが訪問された時、どのサイトから来たのか(リファラ)がすべてはてなになってしまうのでちょっと具合が悪いので却下。
※お使いのテーマ標準でリンクカード機能があるというものは何を使っているか確認した方がいいと思います。恐らく内部リンクはきちんとカード化されていますが、外部リンクは「はてなブログカード」の場合がほとんどです。

そこで外部リンク・内部リンクともきちんとカード出力されるプラグインを2種見つけ、比較してみました。

プラグインは言わずと知れたリンクカード出力プラグイン「Pz-LinkCard」と多分あまり知られていない「Content Cards」。双方一長一短がありますので、どちらを使うかの参考にしていただければ幸いです。

※記事公開時点のバージョンによる比較ですので、閲覧時には改善・改良がされている場合があります。

「Pz-LinkCard」のいいところ、イマイチなところ

プラグインの紹介記事

いいところ

別のプラグインからの切り替えが簡単

「Pz-LinkCard」と同じようにショートコードでリンクをカードにするタイプのプラグインから切り替える場合、ショートコードを書き換えなくても「Pz-LinkCard」の設定画面でショートコードの接頭辞が変更できるのが便利です。

日本語で設定画面が使える

日本人の方が作成したプラグインですので最初から日本語で設定できるのがうれしいところだと思います。

CSSの知識がなくても表示のカスタマイズができる

設定画面上で細かくデザインや出力内容の調整ができるので、特にCSSの知識がなくてもきれいなカード表示ができます。また、あらかじめ設定されているスキンを使えばより簡単にカード表示ができます。

リンク切れのチェックを定期的にしてくれる

詳しくソースは見ていませんが、ページが表示された(アクセスがあった)時にキャッシュの期限切れをチェックし、切れていればcronで再取得するようになっているようです。これにより知らない間にリンク切れを起こして残念なページになってしまうことが防げて大変便利です。

イマイチなところ

カードにできないものがある

環境によるのかも知れませんが、私が使っている限りでは

  1. マルチサイトでないサブディレクトリ内のページはカード化されない
  2. 個別ページでないページ(カテゴリー・タグ一覧など)の内部リンクはカード化されない

ようですので、プレビューを見て普通のテキストリンクに切り替える必要があります。

WordPressのカスタム投稿タイプ別でデザインを変更する方法【Simplicity編】

【WordPress】複数いるユーザーごとの新着記事〇件を一覧表示する方法(備忘録)

【WordPress】サイト側でトップページのみアドセンス自動広告を停止する方法


「Content Cards」のいいところ、イマイチなところ

プラグインの紹介記事

いいところ

常に新鮮な情報を表示

サイト内のページがTwitterやFacebookに埋め込まれる際に使われる「OGP」情報からデータを取得してカード表示するので、リンク元の作者が外部で表示してもらいたい情報をカードにして表示することができます。

動作が非常に軽い

「OGP」から単純に取得したデータをカード化することから内部での加工などがないため非常に軽く動作します。

内部・外部リンクを意識せずに使える

「Pz-LinkCard」で発生するマルチサイトでないサブディレクトリサイトのリンク(内部と言えば内部だし、外部と言えば外部のサイト)もOGP情報さえあれば問題なく表示されます。

イマイチなところ

カードデザイン

標準のデザインはSNSの埋め込みのように大きなカードなので、よくあるブログカード調にする場合にはCSSでの調整が必要

OGP情報のないサイト(ページ)からは情報取得ができない

OGP情報のないページや情報の足りないページの場合には情報取得ができず、非常にさっぱりしたカードになる

情報が取得できない場合永遠にcronジョブが実行される

情報の取得ができないリンクはどんどん再取得の指示が出されるため、再取得のための自動実行(cron)指示が非常に多くなります。脆弱なサーバーではメモリーの消費量が上がったりして高負荷となる可能性があります。

情報保持の期間が短い

情報保持の期間が最長でも1日なので、24時間置きにすべてのリンクに再チェックの指示がかかります。これもcronジョブで処理されるのでこのプラグインを使ったリンク多い場合、すごい数のジョブ待ち状態になります。


私の場合執筆前は「Content Cards」、現在は「Pz-LinkCard」を使用しています。冒頭で書いた通りオリジナルテーマで運営しているサイトなので、このテーマ(【ha-Basic】)では「Content Cards」を使用する際のカード表示のCSS調整が既にされていますのでどでかいカード表示にはならないようにしてあります。

が、どちらのプラグインにも一長一短があるので、できれば【simplicity2】のようにテーマ内で処理できるようにしていきたいなぁと思ってますがいかんせん知識不足ですので、改善課題としておきます。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報