phpmyadminへのログイン情報を忘れた(知りたい)ときは

公開日: 更新日: Wordpress
パソコン・プログラムのアイキャッチ




普段あまり使わない情報って絶対忘れますよね?メモしてあってもそのメモがどこにあるのかすらわからなくなることも多々あります。

WordPressでサイトを作っていて忘れがちなのがサーバー内にあるデータベースの操作を行うツール【phpmyadmin】。

自動インストールで普通にWordpressを使う分には全く触れることのないツールだとは思いますが、

  1. サーバーを移転する
  2. データをバックアップする
  3. 設定トラブル時や設定ミス時に修復する

といった際には手を震わせながら見様見真似でこのツールを使う機会があるのではないでしょうか??

で・・・【phpmyadmin】へログインしたいけどどうしたら・・というのが今回のテーマです。

【phpmyadmin】へのログイン情報はサーバーへのログイン情報などとは全く異なったものなので、類推することもほぼ不可能ですが、どこに情報があるのかさえ分かっていれば困ることはありません。

情報はあるファイルの中に全部書かれている

WordPressは本体やテーマ、プラグインに書かれたPHPという言語を使ってデータベースから必要な情報を取り出してブラウザがページとして表示できるhtmlコードに変換して表示するという流れでいろいろなページが表示される仕組みになっています(かなり端折って説明してます)。

これを行うためには、あらかじめそのWordpressのデータが格納されているデータベースを指定して、接続と解除を繰り返す必要があります。

WordPressのファイルの中でこの情報が書かれているのがwp-config.phpになります。

wp-config.phpはそのサイトのindex.phpや.htaccessファイルがあるのと同じ場所に必ずあります。これがなければWordpressはデータベースと接続できないので動きません。

試しにそれをFTPでパソコンへダウンロードして開いてみて下さい。

ね!!ここに全部書かれているんです!!

  1. データベース名
  2. ユーザー名
  3. パスワード

この3つがあればどのデータベースとそのサイトがつながっていて、データベースを操作する【phpmyadmin】のユーザー名とパスワードも書かれています。

更には接頭辞という項目に、そのサイトが使っているテーブルの先頭文字(接頭辞)もきちんと書かれていますので、データベースに接続して接頭辞(wp_であることが多いです)が同じものはすべて1つのWordpressで使われているデータということになります。

トラブルの対処でデータベース内のテーブルを操作するような紹介記事を見ていると今回紹介した部分は「データベースを【phpmyadmin】で開いて・・・」なんて素っ気なく書かれていますから、この方法は知っておいて損はないと思いますよ。

もちろんWordpressサイトには絶対必要なファイルですからどこかに書き出したりメモする必要もありませんし、他の方のサイトのデータベースを触る場合も間違って別のデータを操作してしまう・・なんて心配もありません。

トラブル発生時は誰でも焦ってしまうもの。そんなときに分からないユーザー名だのパスワードだのを聞かれても余計パニックになりますから、Wordpressとデータベース=wp-config.phpを見るとだけ覚えておけば困ることはないでしょう。

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】