【WordPress】プラグインの日本語翻訳ファイルを適用する(転送する)方法

公開日:2015年12月3日 使い方など
Knowledge Base Wordpress 日本語翻訳

当サイトなどプラグインの日本語化ファイルを配布しているサイトから入手した翻訳ファイルを適用して、英語表記だったプラグインを日本語化する方法を2つ紹介します。

まず、翻訳ファイルには○○.poというファイルと○○.moというファイルがありますが、○○.moだけを転送すれば日本語化できます。○○.poファイルは○○.moファイルにする前のもので、poeditなどの翻訳ソフトを使って翻訳を行う場合に使われるファイルです。

プラグインの翻訳ファイルを入手したら

翻訳ファイルをダウンロードするとほとんどが圧縮された状態でパソコンに保存されます。転送する前に必ず解凍するようにしてください。

そして、解凍してできたフォルダの中には○○.poというファイルと○○.moというファイルがあります(場合によっては○○.moだけのときもあります)が、通常は
○○-ja.mo
という名前のファイルになっているはずです(○○はプラグインの名前)。もしもそうなっていなければ(○○-ja_JP.moなど余分な文字が入っていることが多い)ファイル名を修正しましょう。

翻訳ファイルを転送する場所

翻訳ファイルをアップロードする場所は大きく2通りあります。
Wordpressでは以下のコードがプラグインのファイルに挿入されている場合に、翻訳ファイルを指定の場所から読み込んでいくようになっています。

function cptui_load_textdomain() {
	load_plugin_textdomain( '翻訳ファイル名', false, basename( dirname( __FILE__ ) ) . '/翻訳ファイルの場所' );
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

コードの意味合い的には、

  1. 「翻訳ファイルの場所」にある「翻訳ファイル名-Wordpressに設定されている言語」を適用する
  2. もし1になければ、プラグインのフォルダの中にある「翻訳ファイル名-Wordpressに設定されている言語」を適用する
  3. もし2になければ一旦エラー(fulse)を返してWordpressの「language」フォルダ内の「翻訳ファイル名-Wordpressに設定されている言語」を適用する
  4. もし3になければWordpressの「language」フォルダ内の「plugins」内の「翻訳ファイル名-Wordpressに設定されている言語」を適用する

というような順序で読み込んでいくようです。通常は1の場所へ入れてダメなら・・・としていくところですが、プラグインの更新時には翻訳ファイルフォルダが上書きされてしまい、英語表示に戻ってしまうことがあります。
それを防ぐために

  1. 上記の4から順に翻訳ファイルを設置して表示されるかテストする
  2. 上記1~4のすべてに翻訳ファイルを設置しておく

というのがいい方法かもしれません。どこかから翻訳ファイルが読み込まれればそこで処理は終了するので負担はかかりませんし、更新を行ったとしても翻訳ファイルがどこかに残ることになるからです。

また、プラグインの中には

function cptui_load_textdomain() {
	load_plugin_textdomain( '翻訳ファイル名', false, basename( dirname( __FILE__ ) ) . '/翻訳ファイルの場所' );
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

という標準の翻訳読み取り用コードが違う形のコードになっているものもあり、そうしたプラグインは指定された場所のファイルのみ適用されることがあったり、コードそのものが間違っていて読み込めなかったりします。そういうときはコードを上記のものに置き換えることで正常に動作はしますが、プラグインの更新で設定が消えてしまうことは否めません。

WordPress標準のアップロード場所へ転送して翻訳する

「Wordpressのインストールフォルダ」の中に「wp-content」というフォルダがあり、その中に「languages」というフォルダがあります。このフォルダの中か、「languages」フォルダの中にある「plugins」フォルダの中に翻訳ファイルを入れれば通常は翻訳が適用されて日本語表示になります。

プラグインの指示によるアップロード場所へ転送して翻訳する

WordPress標準の翻訳ファイル保存場所へ転送しても適用されない場合には
「plugins」フォルダの中にある

  1. 「プラグイン名」→「language」フォルダの中
  2. 「プラグイン名」→「lang」フォルダの中
  3. 「プラグイン名」の中
  4. 「その他指定されたフォルダ」の中

上記のいずれかの場所へ転送します。転送してはプラグインの設定画面などをリロードしてという作業を1から順に行っていけば大丈夫です。このファイル転送を行う方法が2つあります。

1.FTPを使って転送する

サーバーがFTPに対応していてFTPソフトが使えるなら、ソフトを使ってファイルをアップロードします

2.「CYSTEME Finder, a file explorer」を使って転送する

FTPとは何か??という方やすべてをWordpressの管理画面上でこなしたいという方は「CYSTEME Finder, a file explorer」プラグインを使って転送することができます。

日本語化ファイルはプラグインをアップデートするとほぼすべてのプラグインで消えてしまいます。

  1. プラグインのアップデート前に翻訳ファイルをダウンロードしておく
  2. 当サイトからダウンロードした翻訳ファイルを保存しておく
  3. 都度当サイトからダウンロードできるようにブックマークしておく

などの措置を行っておきましょう

どんなことがあっても困らないように

ここまでやらなくてもという内容ですが、せっかく手に入れた翻訳ファイルが無くならないように、

  1. サーバーの中の翻訳ファイル保存用のフォルダを作ってそこにすべての翻訳ファイルを保存しておく
  2. パソコンの中に翻訳ファイル保存用のフォルダを作ってそこにすべての翻訳ファイルを保存しておく

こうしておくと、プラグインの更新やWordpressの更新で翻訳ファイルがなくなってしまっても対処することができます。

このページを紹介いただいているサイト

 インターネットの世界はネットワークが命。私の拙いページをご紹介いただいているありがたいサイト様へ少しでも恩返しを・・ということでサイトへのリンクを張らせていただきます。ぜひご覧ください。

※Google Analyticsでのリファラアクセスデータを元にリンクさせていただいております(リンクを張っていただいている方でも本ページへアクセスのないサイト様は残念ながら掲載できておりません)

※リンクを張っていただいているサイト様でも長期間本ページへのアクセスがない場合にはリンクを解除させていただく場合があります

Wordpress関連の本

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
できるWordPress WordPress Ver. 5.x対応 本格ホームページが簡単に作れる本 できるシリーズ
インプレス
WordPressは無料かつ高機能で、シェア率No.1のCMS(コンテンツ管理システム)です。その拡張性の高さから企業のホームページ制作にも利用されているほどで、ホームページで情報発信をするに当たって、個人でも本気度の高い方はWordPressを利用していることが多いです。本書はそんなWordPressの初期設定から制作、カスタマイズ、運用のノウハウまで幅広く学べる1冊です。

Knowledge Base Wordpress ha-Basic テーマ
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします