【Simplicity】カテゴリーアーカイブページを設定する

公開日: 更新日: Simplicity
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定




シンプルなテーマで私の作るサイトでは必ず使わせいてた抱いている「Simplicity」。

WordPress標準の機能であるカテゴリー登録、そしてカテゴリーに属したコンテンツの一覧を表示する「カテゴリーアーカイブ」。今までの認識では、

  1. 内部リンクを作る意味では重要なページ(これがWordpressのSEOに関する強みだとも言われています)
  2. 勝手に作られるページで、基本放置でいい
  3. 各コンテンツにカテゴリーアーカイブのリンクを設けておくと、見た人がそれに関するコンテンツの一覧を簡単に表示できるのでPV数アップにつながる
  4. 基本的には自動生成させておくだけで何も変更は加えない(加えるにはコード知識が必要)

程度に思っていました。

今回「ページの要素を持ちつつアーカイブページは作れないか?」という制作意欲にかられて

  1. 固定ページに独自のアーカイブ用のページを作る
  2. カテゴリーアーカイブのプログラムの中から該当部分を抽出するコードをコピー

という段取りでアーカイブページを作ろうと思い、テーマのプログラムソースを見てたら・・・

このテーマでは「カテゴリーの説明」に入力した文字がフロントエンドで表示されることが分かりました。そして、カスタマイザーを見るとカテゴリーアーカイブにもちゃんとメタデータが挿入されていることも判明。みなさん知っているかもしれませんが私的には大発見でした。

今回はカテゴリーアーカイブの説明文の設定とちょっとした工夫について紹介します。

カテゴリーの説明に使えるタグやプログラム

残念ながら説明文自体がphpで呼び出されていますから、phpを動作させることはできませんでしたが、htmlタグはきちんと反映されます。

これはhtmlが使えるようにしているテーマでの場合で、テーマの中には文字列しか扱えないようになっていて、htmlを挿入しても反映されないものもあるようですから、

を参考にされるといいかもしれません。functions.phpへ以下を挿入するだけのようです

remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. 上のようなことがないのに更新できない
  6. 特に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページのコードを転載される場合には必ず当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

ただ「Simplicity」では標準で使えますからテストはしていません。自己責任で試してくださいね。

※上記リンクのページで「Rich Text Tags」というプラグインが紹介されていましたが、テストしてみたところ、更新した段階でhtmlを含んだ文章は全てブランク(空欄)にされてしまう現象が発生しました(プラグインのフォーラムでも出ていましたが未解決のようです)。環境によるかもしれませんがあまりおすすめはしません。

他のプラグインとの併用ほか

あくまでも「Simplicity」を使用する前提でのお話です。

私はメタデータをより細かく設定するために「Meta Manager」というプラグインを使用しています。

ただしテーマにもメタデータを抽出する機能があって、そのまま使うとメタデータが重複して出力されていまうため具合がよくありません(これが検索エンジンから見てどう判断されるかは不明)ので、

でも書いている通り、個別のコンテンツに関してはカスタマイザー上でテーマがメタデータを生成しないようにしています。

この方法をそのままカテゴリーでも使って

  1. テーマのカスタマイザー側でメタデータの抽出を止める
  2. カテゴリー設定でMeta Manager側の入力窓にキーワードとデスクリプションを入力する

ことでこの問題は解消できます。

そして実際にカテゴリーアーカイブへ表示されるのは「説明」に入力した内容なので、「説明」にはhtmlタグなどを使って作成した文章を、Meta Managerの入力窓にはタグなしの文章を入れるようにすると見た目も検索エンジンクローラー対策も同時にできます。

サイトの作り方によって調整方法はいろいろですから、実際に設定を変更しながらソースを確認してベストな方法を見出してくださいね。

おまけ(固定ページもカテゴリーアーカイブに含める)

せっかく自動で、しかも説明文を先頭に入れたアーカイブページが作れるのですから、固定ページも含めるようにしましょう。

を使うと、固定ページに投稿のカテゴリーを紐づけることができる=カテゴリーアーカイブに固定ページも表示されるようになります。これで孤立しがちな固定ページも内部リンク対策できますね。

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】