5分でできる、WordPressでTwitterのフォローボタン/共有ボタンを投稿の上や下などにに実装する方法

SNS(ソーシャルネットワークサービス)の中でもよく使われているのがツイッター。

WordPressの記事を投稿/編集のたびにTwitterで自動投稿している方、SocialBookmarkingLightなどのプラグインを使ってSNSボタンを表示されている方は多いと思います。

これらは、読まれた記事をツイートしたり、リンク付きでツイートしてもらったりする大切なアクセスアップの手法なのですが、それにもまして必要なのは、自動的にツイートしているTwitterの投稿に対して確実に読んでもらう「フォロワー」を獲得することではないでしょうか?

それに、SocialBookmarkingLightプラグインでは簡単にボタンは実装できるものの、思った位置に表示されていなくて全く効果がないということはないですか?

特に関連記事を表示するプラグインなどと同時に使うと、記事の下にブックマークボタン↣関連記事の順に表示させたいのに反対になって全然関係ない場所にボタンが配置されるけど表示順の変更ができないなどの不具合が発生していませんか?

それなら記事の真下に必ずTwitterの共有ボタンとフォローボタンを実装することができれば一番いいのですが、いちいち記事を書くたびにボタンのコードをコピペするのも大変・・・ということで、Twitterの各ボタンの実装方法と記事直下に必ず表示される方法を紹介します。

スポンサーリンク



Twitterの各種ボタンを作る方法

作り方は簡単で

こちらのサイトで設定して生成されるコードを張り付けるだけです

作ることができて活用できそうなボタンは・・・

①Share a link(リンクの共有)
表示されているページへのリンクを含めつつツイートしてもらいたい時に表示するボタンです

②Follow(フォロー)
サイト作者が運営しているTwitterアカウントのフォロワーになってもらうボタンです

生成されるコードの中に「data-show-count=”false”」というのがあるのですが、ここのfalseをtrueに変更すると、フォローボタンの横に現在のフォロワー数が表示されるようになります。フォローしてもらうための効果があるかはわかりませんが、「フォロワーの数=人気度合」とも言えますので表示しておいて損はないと思います。

③Mention
サイト運営者へのツイートをしてもらうためのボタンです。

の3つですが、拡散を狙うのであれば①と②があれば充分でしょう。

各種の設定をすればコードが自動で生成されるのでそれをコピーして使います。

テーマ内のコードが理解できる方はそのままテーマの中に埋め込んでもいいと思いますが、簡単にプラグインで処理したいという方は続きを読んでください。

記事の先頭や直下にコードを挿入できるプラグインの利用

「add post url」という便利なプラグインがあります。経験上ですが、記事の直下にコードを挿入した場合にはどんなプラグインよりも優先して記事直下に設定した内容が反映されます。ひょっとしたらテーマや使用プラグインによって違いがあるかもしれません。

プラグインの導入方法は新規追加から「add post url」と検索すれば出てきますので割愛します。インストールしたら有効化します

WordPressの管理画面から「設定」↣「add post」を選択すると設定ができます。

設定項目は

①「add post url」を使用するか否か

②記事の先頭/直下に挿入する内容は何か

③どのタイプのページに挿入するか

の3点です。この中の②の枠内に先ほど取得したコードをコピペすれば、記事の直下にボタンを表示することができます。

③の項目はとりあえずsingle postだけ(投稿の全文表示)にしておいて、あとはお好みで調整すればいいと思います。

※「add post url」は便利なプラグインですが、記事の先頭にコードを入れると、検索エンジンでヒットした際の要約が記事の要約ではなくコードそのものになってしまうことがありますので注意してください。

※記事や固定ページの編集画面に「add post url」を適用するか否かのボタンが出るようになりますので、この情報にはボタンを設置する/しないの設定が個々にできるようになっています。

トップへ戻る