WordPressで特定のカスタム投稿タイプの記事すべてを「noindex」に設定する方法

公開日:2018年1月21日 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

ホームページやブログのコンテンツが検索エンジンの検索対象となるためには検索エンジンにインデックス(登録)される必要があります。

逆に内容が少ないコンテンツはインデックスされることでその記事だけでなくサイト全体が「内容の薄いサイト」と認識されてしまうこともあります(実際はどうなのか検索エンジンのアルゴリズムのみぞ知るところです)。

WordPressで作成した投稿や固定ページは何も設定しない限りすべてのコンテンツがインデックス登録対象になるようになっています。でも中には

  1. サイトに訪問した人だけに表示したいコンテンツを作りたい
  2. プラグインなどが作成したコンテンツをインデックス対象から外したい

という場合もあると思います。そこで重宝するのが「カスタム投稿タイプ」という通常の投稿とは別の記事の集まりを作り、その投稿タイプに書いた記事はすべてインデックス対象から外す方法。特別なコンテンツを作成するプラグインなどもこの「カスタム投稿タイプ」を使用しますから、もしもGoogleの検索エンジンクローラーなどから警告が来た場合には対処が必要です。

そこで今回は自身のサイトの環境に合わせてちょこっとカスタマイズしたコードをWordpressのテーマに直接追記するだけで「カスタム投稿タイプ」ごとインデックス対象から外す(noindex)にする方法を紹介します。

おまけ情報ですが、似たようなやり方にサーバー内の「robots.txt」に検索エンジンクローラーからのアクセス拒否をする設定がありますが、すでにインデックスされているコンテンツに対してこの処理を行うと大量に記事を削除した・・・と認識されることもありますから注意が必要だと思います(影響についてはやはり検索エンジンのアルゴリズムのみぞ知るところです)。

特定のカスタム投稿タイプで公開している記事すべてを「noindex」にするコード

コード自体は簡単なものです

<?php
if (is_singular('カスタム投稿タイプのスラグ')){
echo '<meta name="robots" content="noindex" />';
}
?>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします


説明すると、「カスタム投稿スラグ」に該当するカスタム投稿タイプの記事は「noindex」タグをHTMLソースの中に出力してくださいねというコードになります。

さくらインターネットでのWordPressサイト構築は最初にルート化した方がいい理由

初心者でもできる「カスタム投稿タイプ(カスタムポストタイプ)」の設定方法と使い方

サブフォルダ(サブディレクトリ)へ別のWordPressをインストールした時の疑問と解決方法いろいろ


コードの設置方法

テーマによってファイル構造はさまざまですが通常は「header.php」を開いて挿入します。今回は当サイトでも使用している【Simplicity】テーマを例に説明します(このテーマは特殊な例になると思います)。

※コードを追記する前に上のコードの中の「カスタム投稿タイプのスラグ」を環境に合わせて編集してください
※複数のカスタム投稿タイプを適用する場合は「'カスタム投稿タイプのスラグ'」の部分を「array('カスタム投稿タイプのスラグ1','カスタム投稿タイプのスラグ1')」に書き換えて必要なカスタム投稿を追加します

方法1 親テーマに直接追記する

親テーマの「header-seo.php」を開きます。先頭に

<<?php //ヘッダー部分の内部SEO最適化策
//ヘッダー部分を子テーマでカスタマイズしていても
//SEOのアップデートは親テーマで上書きできるようにするためのテンプレート ?>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします


というコードがありますのでその直下に上のコードを追記します。

※親テーマに直接追記すると、テーマのアップデートの際には上書きされてしまうことがありますので都度確認が必要です。

方法2 子テーマに「header-seo.php」ファイルをコピーして追記する

FTPを使って子テーマフォルダに親テーマの「header-seo.php」ファイルをコピーします。

子テーマの「header-seo.php」を開きます。先頭に

<<?php //ヘッダー部分の内部SEO最適化策
//ヘッダー部分を子テーマでカスタマイズしていても
//SEOのアップデートは親テーマで上書きできるようにするためのテンプレート ?>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします


というコードがありますのでその直下に上のコードを追記します。

※子テーマに親テーマのファイルをコピーした場合、親テーマで大規模なアップデートがあったときなどには不具合が発生することもありますから注意が必要です。

子テーマの「header-insert.php」ではダメ?

決してダメというわけではありませんが、今回紹介する「noindex」メタタグは本来headerコンテンツの上部に設置することが望ましいとされています

【Simplicity】の「header-insert.php」に記述した内容はheader内の末尾に追加されるのであまり好ましくないのでは?と思われるだけなので、気にしない方は「header-insert.php」へ追記してもいいでしょう。

いずれの方法にしても、きちんと目的の投稿タイプの記事に「noindex」タグが挿入されているか、また逆に、目的の投稿タイプ以外の記事に誤って「noindex」タグが挿入されていないかを確認しましょう。

Wordpress関連本 人気ランキング

Amazonの人気ランキング

CS Shop

楽天市場の人気ランキング

小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! 初めてでもホームページがすぐ作れる!/..

小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! 初めてでもホームページがすぐ作れる!/..

2,178 円 (税込)
著者星野邦敏(著) 吉田裕介(著) 羽野めぐみ(著)出版社技術評論社発行年月2019年07月ISBN9784297105556ページ数239P9784297105556内容紹介初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう!誰でもかんたんに作れる!専門知識がなくてもきれいなホームページが作れる!最新..
【中古】自分で作れる!おしゃれなWebサイト WordPressで初めてでも簡単にできる /SBクリエイティブ/久松慎一 (単行本)

【中古】自分で作れる!おしゃれなWebサイト WordPressで初めてでも簡単にできる /SBクリエイティブ/久松慎一 (単行本)

407 円 (税込) 送料込
◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが綺麗な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:久松慎一発行者:SBクリエイティブ発売日2013年01月
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報