WordPressのアフィリエイトプラグイン「Amazon Associates Link Builder」の設定とカスタマイズ

「Amazonアソシエイト」は物販系のアフィリエイトサービスで有名なのはご存じですよね?そして「Amazonアソシエイト」の中で広告リンクを作成して記事などに貼るというのが通常行う作業、それをWordpressで作ったサイトで簡単にできないか?でリリースされているのが「Amazon Associates Link Builder」プラグインです。

同様のプラグインは実にたくさんリリースされていて、そのほとんどが一部の機能のみ無料であとは有料(当然ここがやりたい!という部分が有料)なので躊躇するのですが、この「Amazon Associates Link Builder」は「Amazonアソシエイト」が提供しているプラグインなので無料で全部の機能を使えて安心です!!

そこで今回は「Amazon Associates Link Builder」の導入、設定方法、カスタマイズ方法をできるだけ詳しく、かつ、できるだけ簡単にできるように解説してみました。サイト作りの参考になれば幸いです。

ちょっと長い文章になりますのでブックマークしてから後でゆっくり読むなり、コーヒー片手に読むなりしていただければと思います。

「Amazon Associates Link Builder」プラグインの概要については

【Amazon Associates Link Builder】はAmazonアソシエイトが提供している「Amazon Product Advertising API」を使って商品情報を取得し、簡単に投稿などへ挿入できるプラグインです。

で紹介させていただいております。英語の設定画面なので意味不明・・・にならないよう日本語翻訳ファイルの配布も行っていますからぜひ入手して適用させてください(この記事は日本語化してあることを前提に書いています)。

スポンサーリンク

前準備 -Amazon Product Advertising API(PA-API)を取得しよう-

実は種類があるPA-API

Amazonアソシエイトプログラムは国ごとに独自の契約形態があり、日本ではAmazon.co.jp(日本)で契約を行い、必要な情報を取得するためにAmazon Product Advertising API(PA-API)の情報が必要になります。

ただプラグインによっては国ごとのPA-APIには対応しておらず、AWS(Amazonウェブサービス)に紐づいたPA-APIを使用しないと動作しないものがあります(プラグインの説明文に「AWS」というのが書いてあったら国ごとのPA-APIでは動作しないと考えた方がいいでしょう)。

今回紹介している【Amazon Associates Link Builder】は国ごとのPA-APIに対応しているため特別な作業は不要ですが、他のプラグインでAWS(Amazonウェブサービス)に紐づいたPA-APIの取得が必要な場合の知識として紐づけの仕方を紹介しておきます。

Amazon.co.jp(日本)のPA-APIをAWSアカウントに紐づける方法は

のアマゾン公式ヘルプに掲載されています(この作業はAmazon Associates Link Builderでは不要です

この紐づけの仕方についてはいろいろなサイトで紹介されており、よく見るのはAmazon.com(アメリカ)で別にアソシエイト契約をして、AWSのアカウントを取って・・・という記事ですけど、そんなことしなくても紐づけはできるようですよ(紐づけ手前までは実際にやってみました)

逆にAWSとの紐づけをしてしまうと国ごとのPA-APIが使用できなくなるようですから、ひょっとするとAmazon Associates Link Builderが使えなくなるかもしれません(私自身がこのプラグインを使っているので紐づけは行っていませんので)から、紐づけするかどうかの判断は自己責任でお願いします。

もう一度書きますが、この作業は【Amazon Associates Link Builder】では必要ありません

Amazon Associates Link Builderで使用するPA-APIの情報取得

ここでは【Amazon Associates Link Builder】を使う上で必要なPA-APIの取得方法を紹介します

  1. Amazonアソシエイトの契約完了後、Amazonアソシエイトの管理画面へログインします
  2. ※ログインしたら画面上に表示される「アソシエイトID」をメモ帳などにコピペしておきましょう

  3. 画面一番下(フッター部分)にある「Amazon Product Advertising API」をクリックします(どこのページからも行けます)
  4. 「認証キーの管理」という場所でキーの取得(追加)をします
  5. 取得後に表示される「アクセスキーID」と「シークレットアクセスキー」をメモ帳などにコピーしておきます

※一度キーの表示されている画面を閉じてしまうと再表示されません。もしも閉じてしまったときはもう1つ追加する(2つまで取得可能)か、一度削除してから再度追加するようにしてください

昔はもっと大変だったような気がしますが・・・簡単になったんですね。

設定の仕方

【Amazon Associates Link Builder】プラグインをインストールして有効化したら早速設定していきましょう

トラッキングIDの設定

  1. 何も表示されていない状態でしたら「マーケットプレイスを追加」をクリックします(空欄の行があったら何もしなくてOKです)
  2. 左側のプルダウンから「Jp」(日本)を選択します
  3. 「トラッキングID」欄に先ほどコピーしたトラッキングIDを貼り付けます

PA-API資格情報の設定

先ほどコピーした「アクセスキーID」と「シークレットアクセスキー」をこの欄にそれぞれ貼り付けます


上の3つが完了したら
「Amazon Associates Link Builder 利用規約を読み、同意しました(ここにチェックを入れないと変更は保存できません)。」にチェックを入れて「変更を保存」をクリックしましょう。

エラー等が出なければこれだけで基本的な設定は完了です(簡単すぎる・・・)

基本的な使い方

使い方はさらに簡単です

投稿編集画面に

という項目が追加されますので、キーワードを何か入力して「検索」をクリックしてください

上の段の「クリックして広告する商品を選択する」に候補が表示されるのでクリックすると下段に商品が追加されます

※画面上部の「テンプレート」によって商品の選択できる件数が変わります(今回はPost Gridというテンプレートを使った例です)

最後に「ショートコードを挿入」をクリックすれば・・・はい!Amazonの商品が挿入完了!!です(簡単すぎ・・・)。

このショートコードをコピーして他の記事へ貼り付ければ同じ商品一覧が表示できます。

キーワードを入力してクリックしても何も起こらないときは

ユーザー設定で「ビジュアルエディターを使用しない」(要するにテキストエディタだけを使う)に設定すると、ボタンをクリックしても何も起こらないという現象が発生しました

プラグインの競合や設定の問題かも・・と考える前に一度チェックしてみてくださいね

表示されたりされなかったりするときは

この現象が発生しているサイトがあるようです(当サイトでも発生)。公式フォーラムでも提起されていますが明確な回答がなかったため独自に調整してみました。調整方法や詳しい説明は

「Amazon Associates Link Builder」で商品リストを表示すると、表示されたりされなかったりする現象が発生しました。今回は規約の再確認を含め、対処方法(仮)を紹介したいと思います。

を参照ください

広告をクリックして確認・・・は絶対ダメ

広告表示されたら確認してみたい・・・という気持ちはグッとこらえてください。自身で挿入した商品リンクのクリックはAmazonアソシエイトの規約違反になる可能性が高いです。

もしもきちんとコードが挿入されているかを確認する場合は

  1. 広告の写真などで右クリックして「リンクのアドレスをコピー」します
  2. メモ帳などに貼り付けます
  3. 貼り付けたURLの中に設定画面で入力した「アクセスキーID」と「トラッキングID」が含まれているかを確認します
  4. という方法で行うようにしましょう

ちなみに3件追加してみたのがこちら

・・・商品の挿入は簡単だったのに・・・ちょっと・・・・ではありませんか??

そんな方のために次項でテンプレートの作成方法について紹介したいと思います。

オリジナルテンプレートを作ろう

前項で紹介したとおり【Amazon Associates Link Builder】には最初からいろいろなテンプレートが入っているのですがどうも・・・ということでオリジナルテンプレートの作り方をさらっと紹介したいと思います。

  1. WordPressのダッシュボードから「Associates Link Builder」→「テンプレート」を開きます
  2. 「新しくテンプレートを作成」にしてその下にテンプレートの名前を入力します
  3. HTMLコードとCSSを入力します

・・・って何もわかりませんね。基本的には何かのテンプレートを選択して「複製」をクリックして編集していきます。

編集が終わったら、商品の選択時にいちいちテンプレートを選択しなくてもいいように設定変更をします。

  1. WordPressのダッシュボードから「Associates Link Builder」→「設定」を開きます
  2. 「サイト全体の設定」の「標準のテンプレート」を作成したものに変更します

これで投稿編集画面から検索したときに標準で使うテンプレートとして登録できます。

それでは編集してみよう!!と言いたいところですが私も最初右も左もわかりませんでしたので、

WordPressのAmazonアソシエイト向けプラグイン「Amazon Associates Link Builder」を使用し、独自テンプレート作成と表示項目追加に関わるプラグイン修正の記事です。PHPファイルの修正内容・HTMLコード・CSSファイルの作成内容を分かりやすく記載しております。
先日から、WordpressでAmazonアフィリエイトリンクを貼るために、Amazon公式プラグインであるAmazon Associates Link Builderを使い始めま...

の2つのサイトを参考にさせていただきました(というか私自体がきちんと理解できてなかったのでコードをコピーしてからカスタマイズさせていただきました)。本当にありがたいです!!

下のサイトでは上のサイトのコードをカスタマイズした経緯が書かれていて、私自身はそちらの方がいい感じだったのですが、肝心のCSS情報がなかったので上のサイトに掲載されているものをコピペしたら・・・結構きれいに表示されました。

その状態から少々カスタマイズしたのがこちら

HTMLに挿入するコード

貼り付ける場所は設定画面の「テンプレートのHTML」という場所です。コードは・・・

{{#Items}}
<div class="amazon_item" id="{{ID}}">
 {{#Item}}
 {{#aalb}}
 <div class="amazon_image">
 <a href="{{DetailPageURL}}" class="amazon_link" data-role="amazon_product" data-asin="{{ASIN}}" title="{{Title}}" target="_blank">
 <img src="{{MediumImageURL}}" alt="{{Title}}">
 </a>
 </div>
 <div class="amazon_info">
 <span id="amazon_title"><a href="{{DetailPageURL}}" class="amazon_link" data-role="amazon_product" data-asin="{{ASIN}}" title="{{Title}}" target="_blank">{{Title}}</a></span>
 <ul>
 <!-- メーカー名が設定されている場合はメーカー名を表示する(書籍の場合は著者となる) -->
          {{#By}}
          <li>
              <b>メーカー(著者):</b>{{By}}
          </li>
          {{/By}}
 <!-- 在庫が存在する場合は価格・定価・AmazonPrime対象有無を表示 -->
 {{#InStock}}
 <li>
 <b>価格  :</b> <span class="amazon_price">{{CurrentPrice}}</span> {{#Saving}} <s>{{StrikePrice}}</s> {{/Saving}} {{#Prime}}<img src="「ここにアマゾンプライムの画像URLを貼り付ける」" alt="prime"> {{/Prime}}
 </li>
 {{/InStock}}
 <!-- 販売者が設定されている場合は販売者を表示する -->
 {{#Merchant}}
 <li>
 <b>販売者 :</b>{{Merchant}}
 </li>
 {{/Merchant}}
 </ul>
 <span class="amazon_button"><a href="{{DetailPageURL}}" rel="nofollow"><i class="fa fa-amazon"> </i> Amazonのサイトで詳細情報を見る</a></span> 
 </div>
 <div class="amazon_footer"></div>
 {{/aalb}}
 {{/Item}}
</div>
{{/Items}}
<p class="amazon_price_info">※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。
    </br>
   ※【サイト名など】は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
   </p>

※【サイト名など】の部分はサイト名や個人名に変更してください

CSSに挿入するコード

貼り付ける場所は設定画面の「テンプレートのCSS」という場所です。コードは・・・

.amazon_price_info{
font-size:0.7em;
line-height:1.2em;
text-decoration:none;
}

.amazon_link {
    color: #000000;
  font-size:1.4em;
}

.amazon_button{
 background-color:#e47911;

}

.amazon_item {
  font-size: 14px;
  margin: 0;
  padding: 10px;
  border-top:  1px solid #ddd;
  position: relative;
  display: block;
  color: #333;
}
.amazon_item a {
  color: #000000;
  text-decoration: none;
}

.amazon_item a:hover {
  color: #996633;
}
.amazon_item * {
  margin: 0;
  padding: 0;
  border: 0;
}
.amazon_item .amazon_image {
  display: block;
  float: left;
  margin-right: 10px;
}
.amazon_item .amazon_image img {
  width: 112px;
  height: 160px;
  max-width: 112px;
}
.amazon_item .amazon_info {
  display: block;
  margin-left: 122px;
}
.amazon_item .amazon_info h5 {
  margin: 0 0 5px;
  padding: 0;
  font-size: 1.4em;
  font-weight: bold;
  clear: none;
  border: none;
}
.amazon_item .amazon_info ul {
  list-style: none;
  margin: 0;
  padding: 0;
}
.amazon_item .amazon_info ul li {
  list-style: none;
  line-height: 1.5em;
  font-size: 1em;
  margin: 0;
  padding: 0;
}
.amazon_item .amazon_info ul li b {
  margin-right: .5em;
  color: #555;
  font-weight: normal;
}
.amazon_item .amazon_info .amazon_price {
  color: red;
  font-size:1.5em;
}
.amazon_item .amazon_info .amazon_price span {
  color: #666;
  margin-left: .5em;
}
.amazon_item .amazon_info .amazon_prime {
    position: absolute;
}
.amazon_item .amazon_review {
  padding: 0;
  width: 100%;
  height:150px;
}
.amazon_item .amazon_footer {
  border-bottom: 1px solid #ddd;
  clear: both;
}
.amazon_book .amazon_info ul,
.amazon_music .amazon_info ul {
  margin-top: 0.5em;
}
.amazon_book .amazon_info ul li,
.amazon_music .amazon_info ul li {
  line-height: 1.6em;
}
@media (max-width: 720px) {
  .amazon_item .amazon_info {
    margin-bottom: 10px;
  }
  .amazon_item .amazon_review {
   display: none;
  }
}
@media (max-width: 480px) {
  .amazon_item img {
    width: 60px;
    max-width: 60px;
  }
  .amazon_item .amazon_info {
    margin-left: 70px !important;
  }
  .amazon_item .amazon_info h5 a {
    font-size: 0.9em;
  }
  .amazon_item .amazon_info ul li {
    font-size: 0.9em;
  }
 .amazon_item .amazon_review {
   display: none;
  }
}

これでどう表示されるかというと・・・

な感じになりました。

記事作成段階では【Amazonアソシエイト・プログラム運営規約】の10条にある乙がアソシエイトであることの表示と、【Amazon.co.jp Product Advertising API ライセンス契約】の(o)にある価格情報に関する表示が追加されていませんが、このテンプレートを適用すると、商品リストの末尾欄外に

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

※knowledge Baseは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

という行が追加されるようになっています。

HTMLとCSSのセレクタが合っていないところがあるのでCSSの内容が余分だったり不足していたりしますが一応表示できたのであとはコード見ながら修正していけばOKだと思います。

HTMLコードの中の「ここにアマゾンプライムの画像URLを貼り付ける」という部分が設定されていないと、アマゾンプライムのマークが表示されませんので、

←の画像を右クリックで保存して、メディアアップローダーでサイトに画像をアップロードした後、画像編集画面を開いて画像URLをコピペすれば表示されるようになりますよ。

こんなテンプレート作ったよ!!というのがあれば

プラグインに関するお問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。 内容の相違、導入後のトラブル、設定方法のお問い合わせなどはこちらのリンクからお願いします。
さまざまな情報をいただくことで、プラグインの紹介記事をより正確でよりわかりやすく、よりいろいろな方のお役に立てる情報にしていきたいと考えておりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。
から提案いただければサイトへのリンクも含め紹介させていただきますのでぜひぜひご一報ください(お問い合わせとなっていますが気にしないでください)。

表示をさらにカスタマイズ-商品概要を表示してみる

上の表示でも十分なのですが、せっかくなので商品の概要部分も表示してみようと思います

まずはプラグインのソースをちょこっとカスタマイズします

  1. プラグイン編集から「Amazon Associates Link Builder」を選択し、「lib」→「php」→「aalb_xml_helper.php」を開きます
  2. 55行目あたりにある「//Marketplace」の上に以下のコードを追記します
  3. $aalb_node->Feature = isset($item->ItemAttributes->Feature ) ? $item->ItemAttributes->Feature : null;

カスタマイズするのはたったこれだけです(プラグインのアップデートでこの設定は消えてしまうので更新の際は元に戻す作業が必要です)。

そしてHTMLコードはこうなります

{{#Items}}
<div class="amazon_item" id="{{ID}}">
 {{#Item}}
 {{#aalb}}
 <div class="amazon_image">
 <a href="{{DetailPageURL}}" class="amazon_link" data-role="amazon_product" data-asin="{{ASIN}}" title="{{Title}}" target="_blank">
 <img src="{{MediumImageURL}}" alt="{{Title}}">
 </a>
 </div>
 <div class="amazon_info">
 <span id="amazon_title"><a href="{{DetailPageURL}}" class="amazon_link" data-role="amazon_product" data-asin="{{ASIN}}" title="{{Title}}" target="_blank">{{Title}}</a></span>
 <ul>
 <!-- メーカー名が設定されている場合はメーカー名を表示する(書籍の場合は著者となる) -->
          {{#By}}
          <li>
              <b>メーカー(著者):</b>{{By}}
          </li>
          {{/By}}
 <!-- 在庫が存在する場合は価格・定価・AmazonPrime対象有無を表示 -->
 {{#InStock}}
 <li>
 <b>価格  :</b> <span class="amazon_price">{{CurrentPrice}}</span> {{#Saving}} <s>{{StrikePrice}}</s> {{/Saving}} {{#Prime}}<img src="https://www.momosiri.info/wp-content/uploads/2018/01/amazon_prime_icon-1.png" alt="prime"> {{/Prime}}
  </li>
 {{/InStock}}
 <!-- 販売者が設定されている場合は販売者を表示する -->
 {{#Merchant}}
 <li>
 <b>販売者 :</b>{{Merchant}}
 </li>
 {{/Merchant}}
<!-- 概要が設定されている場合は概要を表示する -->
 {{#Feature}}
 <li>
   <b>商品概要:</b><span class="featurecss">{{Feature}}</span>
 </li>
 {{/Feature}}   
 </ul>
 <span class="amazon_button"><a href="{{DetailPageURL}}" rel="nofollow"><i class="fa fa-amazon"> </i>詳細情報を見る</a></span> 
 </div>
 <div class="amazon_footer"></div>
 {{/aalb}}
 {{/Item}}
</div>
{{/Items}}
  <p class="amazon_price_info">※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。
    </br>
   ※knowledge Baseは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
   </p>

何が変わったかというと、販売者情報の下に商品概要として入力されている文字列を一部表示するように書き足してあります。CSSはそのままでもいいですし、一応「featurecss」というクラスを割り当ててあるのでカスタムするもよし・・・です。

実際の表示はページ下にあるWordpressの本の一覧と同じになります

おまけ 商品が表示されたりされなかったりするときは

使い始めると「ん?商品や商品リストが表示されない」とか、「この間まで表示されていたのにいきなり表示されなくなった」ということがあると思います。完全解消とはいきませんがある程度の対処方法について

「Amazon Associates Link Builder」で商品リストを表示すると、表示されたりされなかったりする現象が発生しました。今回は規約の再確認を含め、対処方法(仮)を紹介したいと思います。

で紹介しています(この記事同様結構な長文です)ので、症状の出ている方は参考になさってください。

おまけ 似た動作をするプラグイン

この記事作成した段階で実は別のプラグインを使っています。このページの下に表示されているAmazonと楽天市場のWordpressに関する書籍の一覧は

このサイトの本文下にあるアマゾンアソシエイトや楽天市場の商品一覧は【CS Shop】を使って作っています。

というプラグインを使って挿入しています。このプラグインは非常に使い勝手がよかったのですが、長い間更新されていないことと、私の環境に限ってかもしれませんがPHPのバージョンを7.0にしたら動作しない(表示されない)現象が発生したことからほかのプラグインをさがしているうちに今回紹介する【Amazon Associates Link Builder】にたどり着きました。

ひょっとすると記事を読まれる時にはすでに変更されているかもしれませんが、一応紹介しておきます(Amazonのみの一覧になっていたら【Amazon Associates Link Builder】へ変更後ということになります)。

おまけ 変わるかもしれないコンテンツを投稿に挿入するときの一工夫

WordPressで記事を書いていて、たくさんの記事に共通の文を挿入したり、広告を挿入したり、何かのショートコードを挿入したりということありますよね?作ったときには「変更はない!!」と思っていても今回の広告表示プラグインの変更など時代の流れで変わるなんてことはよくあります。

そんなときどうしてますか??1つ1つ記事を開いては編集ですか??私もこのプラグインに出会う前はそうでした。10や20ならまだしも何百の記事を編集する・・・きわめて非効率、かつ大変な作業ですよね。

そこで紹介したいのが

「Shortcoder」は別の場所で設定した定型文をショートコードとして挿入できるようになるプラグイン。簡単に言うとボタンで定型文を挿入するクイックタグをウィジェット化して、しかもショートコードを使って任意の位置に挿入できるようになる便利なプラグインです。

というプラグイン。定型的に挿入する文章を別の場所で作っておき、それをショートコードで挿入してしまおう!というプラグインです。要するに別の場所の内容を変えたらそのショートコードが入っている記事すべてのメンテナンスが即時に完了するわけです。すごくないですか??

さらにこのプラグインのいいところは、不要になったら設定画面から「非表示にする」と設定すると、そのショートコードが入っている部分がまるまる非表示になること。別の場所で作る文章にはショートコードを入れても動作します(あくまで私の環境の場合)ので、後々使わなくなるかもね、というものはなんでもかんでもショートコード化すれば楽になりますよ。

そのほか記事の編集や作成時に便利なプラグインも多数ありますので

他のサイトで紹介されているような一般的なものではなく、プラグインの紹介記事をたくさん書いている経験から「こんな機能あるの?」というものを特別にピックアップしました。

も参考程度に見てみてくださいね。

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

  • 価   格:¥ 1,706
  • 販 売 者: Amazon.co.jp
  • 評   価:
  • 商品の概要:ASIN: 4295000795
    インプレス

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

  • 価   格:¥ 1,685
  • 販 売 者: Amazon.co.jp
  • 評   価:
  • 商品の概要:ASIN: 4797395168
    SBクリエイティブ

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

はじめてのブログをワードプレスで作るための本

  • 価   格:¥ 1,944
  • 販 売 者: Amazon.co.jp
  • 評   価:
  • 商品の概要:ASIN: 4798052817
    秀和システム

CS Shop
WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書【電子書籍】[ 中島真洋(著)ロクナナワークショップ(監修) ]

WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書【電子書籍】[ 中島真洋(著)ロクナナワークショップ(監修) ]

  • 価   格:3,002 円 (税込) 送料込
  • 販 売 者: 楽天Kobo電子書籍ストア
  • 評   価:
  • 商品の概要:【ご注意:本書は固定レイアウト型の電子書籍です。ビューア機能が制限されたり、環境により表示が異なる場合があります】Webデザイナー養成講座シリーズは,プロのデザイナーとして仕事をする上で,必須のスキルを身につけるためのシリーズです。本書では,WordPressをこれ..
ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門サイト制作から納品までのはじめの一歩【電子書籍】[ 秋元 英輔 ]

ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門サイト制作から納品までのはじめの一歩【電子書籍】[ 秋元 英輔 ]

  • 価   格:2,592 円 (税込) 送料込
  • 販 売 者: 楽天Kobo電子書籍ストア
  • 評   価:
  • 商品の概要:<p>ハイ・クオリティなビジネスサイトを作る</p> <p>※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</p> <p>プログラミングの知識..
WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座) [ 中島真洋著 ]

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座) [ 中島真洋著 ]

  • 価   格:3,002 円 (税込) 送料込
  • 販 売 者: 楽天ブックス
  • 評   価: 評価 5
  • 商品の概要:Webデザイナー養成講座 中島真洋著 ロクナナワークショップ監修 技術評論社WordPress シゴトノゲンバデサッ トツカエルデザインキョウカショ ナカシマ マサヒロ チョ ロクナナワークショップ カンシュウ 発行年月:2015年06月 ページ数:368p サイズ:単行本 ISBN:97847741..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ