WordPressでプラグインを使って記事投稿時に自動で「はてブ」する方法

公開日:2017年2月20日 アクセスアップ 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

インターネット上でブックマーク(お気に入り登録)しておくことで、いつでもどこでも、別のパソコンやブラウザからでも同じブックマークを共有できる「はてなブックマーク」。

本来はこの使い方が一般的。でも、アクセスアップに使うなら・・・という方法です。

ただ、これをやったからと言って即座にアクセスアップが図れるかというと大きな間違い。あくまでも公開されているブックマークなので、そのアカウントに興味を持ってブックマークを閲覧され、クリックされて初めてアクセスされるというアクションですからジワジワと効果が出てくるかも知れない程度の効果だと思われます。

今回紹介する方法を使わずに簡単にはてブするには、ページを表示して「はてブ」ボタンをクリックすれば済む話ですから、まあ、少しでもアクセスアップの役に立てば、少しでも手順を減らせればと思っている方にはおすすめの方法です。

なお、この方法は完全に自己クリック行為になってしまいますから、ひょっとすると「はてなブックマーク」から警告などが来るかもしれませんし何か問題が起こるかもしれませんのであくまでも自己責任でやってくださいね。

自動で「はてブ」する方法は結構functions.phpへメール送信のコードを追記するものが紹介されています。かくいう私も

で紹介しました。

functions.phpはWordpressの中でも一番といえる位重要なファイル。もしも編集に失敗したら・・・画面が真っ白になって頭も真っ白になるかもしれません(そんな方のためにここに復旧方法は紹介しています)ので、今回はもっと安全に仕組みを構築したい方におすすめの方法です。

はてなブックマークでメールでの「はてブ」機能を使う

はてなブックマークには、メール本文に必要事項を入力して送信すると「はてブ」してくれる機能があります。普通の人がどうやって使ってるのか?そのままページの「はてブ」ボタンをクリックした方が速いのでは?なんて思えてしまいますが、いろいろな方法でブックマークできるようにしている付加機能なのでしょう。

今回行う「Wordpressでプラグインを使って記事投稿時に自動で「はてブ」する方法」もこの仕組みを利用します。前述したfunctions.phpへコードを記述する方法も同じ仕組みですからどちらを使っても結果は同じです。

WordPressのプラグインにはメールを送るプラグインが多数あります。本来これらは記事が追加されたことを登録者へメールでお知らせしてアクセスしてもらおうという管理者のために作られたプラグイン。でもこれを使えばより簡単に「はてブ」することができるんですね。

自動ではてブするだけに使うなら複雑な動作は必要ありません。はてなブックマークの指定メールアドレスにページのURLとコメントが送れればOKなのです。

いろいろプラグインを試した結果「WP Post Email Notification」というプラグインが一番単純で簡単に思いましたので、今回はWP Post Email Notificationでの仕組み作りを紹介します。

WP Post Email Notificationプラグインのインストール

これはWordpressの管理画面のプラグイン検索で名前を入れれば出てきますから簡単ですね。

はてなブックマークの設定確認

はてなブックマークにログインして、送信先のメールアドレスを入手します

  1. 上のバーから「設定」をクリック
  2. 次の画面で「ブックマーク設定」をクリック
  3. 「メール投稿先アドレス」欄のメールアドレスをコピー

これで完了です。

WP Post Email Notificationの設定

次にWordpressのダッシュボードから「WP Post Email Notification」を開き、「Email」の欄に先ほどコピーしたアドレスを貼り付けて「Add」をクリックします

そして、「Email Body」欄に入力されている値をすべて消して、@@post.title @@post.linkをコピペしてください。これははてなブックマークへメールではてブする際に必要とされる、「コメント」と「URL」に当たるものです。この「コメント」には「投稿タイトル(@@post.title)」が入るようにしていますが、自身で都合のよいコメントを付ける場合には自由に変更してください。ただし、@@post.linkの前に半角スペースを入れないとうまくいきませんでしたので気を付けてくださいね。

以上で設定は完了ですので画面下の「SAVE」をクリックしましょう。

アフィリエイトで稼げそうなネタ、稼げなさそうなネタについて

Googleから「Mobile-first indexing enabled for...」というメールが来たけど・・・

【WordPress】Google Chromeで管理画面がフリーズ(固まる)現象と対策


実際に投稿テストしてみる

設定が終わったら何か投稿してみてください。先ほどの「WP Post Email Notification」プラグインの設定画面一番下に送信待ちログが表示されるはずです。そのログが消えたら「送信完了」。はてなブックマークにログインして確認してみましょう

・・・成功しましたか??あまりにも簡単にできるのでびっくりですね。

おまけ 固定ページやカスタム投稿タイプを追加するには

「WP Post Email Notification」が標準でメール送信するのは「投稿」が公開されたときのみです。ここに固定ページやカスタム投稿タイプを追加したい場合は、プラグインのソースそのものを少しカスタマイズします。

ダッシュボードから「プラグイン」→「プラグイン編集」を開き、「WP Post Email Notification」を選択してください

出てきた画面をスクロールして

if ($post->post_type != 'post') {
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

となっているところを
if ($post->post_type >= array('post','page', 'カスタム投稿タイプのスラグ')) {
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

に書き換えてください
※カスタム投稿スラグは半角英数字のカスタム投稿タイプ名です
※pageは固定ページです
※複数のカスタム投稿タイプを含める場合は, 'カスタム投稿タイプのスラグ'を必要な分だけ追加してください。

これで固定ページもカスタム投稿タイプも含めて記事公開時に自動で「はてブ」されるようになります。

最後に

functions.phpへ挿入する方法では、何かのテストのためや、これははてブしたくないなぁという投稿についてストップするのが面倒です。でもこの方法ならプラグインを停止するだけなのでとても簡単ですね(テストした結果ではプラグインを再度有効化した際に本文に余分な文章が加わってしまうようですので元に戻す必要はあります)。

functions.phpへ挿入する方法も、今回紹介する方法もページの説明文はURLからはてなブックマークが適当な文章を引っ張り出してカード化するようですから、制御することはできないようです。

いろんなサイトから投稿してますが、正常に動作しています。仕組みさえわかればプラグインでなんとか・・・というのがWordpressの本当にいいところです。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報