複数のWordPress運用はデータベース分散した方が速い

公開日:2014年11月8日 サイト作成日記
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

 当サイトは自宅サーバーで運営しているので、Mysqlデータベースは使い放題なのですが、面倒だったのでWordpressのwp-configでプレフィックスを変更してテーブルを追加していたのですが、記事数が増えると途端にパフォーマンスダウンしてしまいました。

まあ、原理としては同じデータ格納庫(データベース)の中のデータを読んで書いてしていることになるので当然と言えば当然なのですが、殊にWordpressは記事数が100単位で大きくなると途端にペースダウンしていくような気がします。

そこで、試しに同じサーバーの中でデータベースを新規に作ってそこへコピーを取り、Wp-configでサイトアクセス時の向き先(データベース名など)を変えてみたら・・・なんと何倍も速くなりました。

記事投稿や編集でパフォーマンスが落ちるということは、複数のアクセスがあった場合も同じようにパフォーマンスダウンするということで・・・せっかく閲覧に来てくれた人も離れて行ってしまう現象が発生するので、対策をしておくべきですね。

今までサーバーのせいだと思っていたのですが、そうではなかったと実感した瞬間でした。

詳しいやり方はいろいろなサイトに掲載されている記事を見て頂ければ分かると思いますので、レンタルサーバーで複数のデータベースが作れる方や自宅サーバーで運用している方はぜひやってください。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報