WordPressで変更や追加のあるコンテンツにはテーブルプラグインを使うと便利

WordPressで何かを紹介するサイトを作っていてだんだん混乱してくるのが「これと似た記事もうあるんじゃないか?」ということですね。私自身はあまり関係ないと思ってガンガン追加していますが、時が経つにつれて変化がある内容について古い記事を読まれた方には迷惑となることもありますね。

私のサイトでは古いコンテンツ(投稿や固定ページなど)へ「この記事は古いですよ~」という表示をするように

これから紹介するコードは、こうしたトラブルを避けるための手法として、最終更新日から一定期間経過した投稿へアクセスして表示したときに「古い情報かもしれない」ことを自動で表示するためのものです。これによってすべての問題がクリアされるわけではありませんが、より親切なサイトを作るためには必要なことだと思います。

で自動設定してます。それでもやっぱり・・・ということで時々見直しているのですがきりがない!!そんなときに役立つのがテーブルを作成するプラグインです。

その前に、過去記事を更新すると、更新日が変更されるのをご存じですか??テーマの中にはこの更新日を基準に新着記事としているものもありますし、ページをよく見てる人からすれば「更新日」が新しいのだから最新の情報だろうと勘違いする方もいるかもしれません。そんなときのために

Wordpressでは、コンテンツを作成したときや過去のコンテンツを修正するとき、「更新日」という項目が今の日時に変更され、いつ更新されたかが分かるようになっています。古いコンテンツでも更新されていることが解るので必要かつ便利な機能なのですが、更新されてしまうと都合の悪いことありませんか?更新日を更新しない方法を紹介します。

で更新日を更新するかどうかを判断するのも親切だと思います。

ちょっと脱線しましたが、便利なテーブルプラグインを2つ紹介しますね

スポンサーリンク

おすすめのテーブル作成プラグイン2つ

テーブルというと、数字などのデータをセル(枠)に入力して表現するものと感じてしまいますよね?でも、使い方によっては普通の文字を挿入できる手段にもなるんです。

これから紹介するプラグインはどちらも投稿などとは別にテーブルを作成しておいて、ショートコードを使って投稿や固定ページへ挿入するものなので、わざわざたくさんの投稿の中から探して更新する必要がないんです。テーブルの内容を変更すればハイ最新情報!!というのを実現できるんですね。

便利なテーブル作成プラグインとしては「Table Press」というプラグインが有名で使いやすさは抜群です。使ってみれば簡単に理解できるので紹介記事も書いていませんから自身でインストールして体験してみてください。

ただ、デザインとなるとCSSクラスを指定してコードをテーマに記述したりして変更する必要がありますから、CSS??という方には少々使いにくいかもしれません。そこでもう1つおすすめなのが

「Data Tables Generator by Supsystic」は簡単にWordpressのサイトで表を作成・挿入できるプラグインです。有名なものに「Table press」がありますが、使い勝手は一長一短です。

です。このプラグインの使い方は「Table Press」とほぼ同じながら、テーブルごとに色や線などのデザイン要素を簡単に設定できるのが魅力です。また、簡単な計算式を入れておくと自動計算してくれる機能もありますから大変便利です。

更新されたことを通知はしてくれない

一見便利に見える今回のテーブル活用術ですが、1つだけ懸念事項があります。それは、その記事が更新されたことは通知されないということです。通常記事の更新をすると検索エンジンクローラーなどへ通知され、巡回して内容を確認された上で検索順位などが変動します。でも、中のテーブルの内容が変更されただけなので、記事が更新されたことは通知されないのです。

変更が反映されるのは定期的に巡回されるときだけですから何日後なのか、何か月後なのかはわかりません。したがってタイムリーな情報を配信しているサイトなどでは今回使った方法は使いにくいということになりますから、その点だけは注意が必要です。

トップへ戻る