WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

【WordPress】プラグインの更新情報を非表示にする方法

公開日:2014年10月11日 使い方など

WordPressでサイトを作っているときや、他の人にサイト管理を任せる時などで、プラグインの更新をさせたくない、プラグインの更新情報を表示させたくない場合に便利な方法です。

WordPressのプラグインは無料で導入することができて便利な反面、いつまでも無償提供されるかというとそうでもなく、しだいにPro版などが出てきて基本機能のみ無料・・・となっている物も少なくありません。

プラグインの更新情報が出て更新してみたら・・・今までの機能が使えずに別物のプラグインになってしまったなんて経験ありませんか??

私が最近こうした状況に遭遇したのは携帯やスマホ用にテーマを自動切り替えしてくれるプラグイン「Wp Touch」でした。このプラグイン、バージョン1.xまでは表示する項目の編集などが細かく行えたのですが、大きくバージョンアップしてスキン対応になり、途端に融通が利かなくなりました。スキンを探してもほとんど有料・・・過去のバージョンは上書きされたし・・・とあきらめかけましたが、古いバージョンのものをインストールして更新情報を表示させなくしたことで今は快適に動いています。

*古いバージョンのWordpressプラグインを入手する方法は


と前置きはこの位にして、本題の「Wordpressでプラグインの更新情報を非表示にする方法」を紹介します。

設定は簡単、今使用しているテーマのfunctions.phpの中に以下のコードを挿入するだけです。

(functions.phpの中の最終行手前に挿入するとわかりやすいかも・・・)

下のコード中の「'ここにプラグインの実行ファイル名を指定する'」の中はプラグインのパスで指定します

例)Wp Touchの場合には・・・
  wptouch/wptouch.php
           となります。

---以下のコードを挿入します---

add_filter('site_transient_update_plugins', 'custom_site_transient_update_plugins');
function custom_site_transient_update_plugins($value) {
    $ignore_plugins = array(
        'ここにプラグインの実行ファイル名を指定する'
    );
    foreach ($ignore_plugins as $ignore_plugin) {
        if (isset($value->response[$ignore_plugin])) {
            unset($value->response[$ignore_plugin]);
        }
    }
    return $value;
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

---ここより上の行を挿入します---

これでプラグインの更新情報が表示されなくなります。あとは更新情報の不要なプラグイン分だけ複製すれば完了です。

functions.phpの内容を編集する前に

こういう情報を見て早速やってみよう!!の前に、functions.phpというファイルはWordpressを動かす上でとても重要なファイルです。安易に編集して失敗すると管理画面にすら入れなくなります。そうなる前に必ずバックアップを取ってください。

万が一不具合が出たときには

を参考に復旧してください。

また、プラグインなどの更新情報を個別に設定できるプラグインもあります。Wordpressでは複数のプラグインを使うことが一般的ですから、これを使った方が現実的だと思います

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】