【園芸】最低限知っておきたい肥料の知識 窒素・リン酸・カリウム 数字の意味は?

当然のことながら肥料に含まれる養分は普段の水やりや植物の吸収によって失われていきます。肥料が最初から入っている培養土を使ったとしてもそのうち肥料成分(懐かしい言い方すれば養分)は無くなっていってしまいます。養分が足りなければ人間が栄養失調になったのと同じで調子を崩し、ちょっとした病害虫や病原体の侵入などに対しても抵抗できずに枯れてしまうことにもなります。

朝顔で葉の一杯茂った密度の濃いグリーンカーテンを作るには

日よけの代わりになり、かつ環境にもやさしい緑のカーテン。中でも手軽に始められるのが病害虫などにも強く、小学生のときに授業で育てたこともある「アサガオ」。さっそく種を買ってきてネットを使って誘引して・・・までは良かったのですが、上手に密度の濃いグリーンカーテンになりましたか?ひょっとして間延びしてしまって天井の方だけ茂っていませんか?そうならないための育て方と伸びきってしまってもまだ間に合うお手入れの方法を紹介します。

アメリカンブルーの開花とヒポエステスの挿し芽

ヒポエステスの挿し芽をしました。水耕でやっても失敗、前回は培養土で行いましたが失敗ということで、今回は中間的な方法でチャレンジしてます。アメリカンブルーは根元がスカスカになるのを防ぐため根元から1~2枚分の葉を残してダイナミックにカットしました。なかなか新芽がつかなくてドキドキしましたが、このところ芽が付いてきて、ようやく花が咲きました

スパティフィラムの花が咲かないときは

今まで咲かなかった鉢もこの方法で花が付くようになったので、備忘録も兼ねて紹介します。スパティフィラムは自然に土の中で株が分かれて育ってきます(単子葉類の特徴だといえます)。1株あたりに付く葉の数は放っておくと何枚~10枚程度になってしまうのですが、これが花が付かない原因になります。

アジサイの刺し芽

先日購入した紫陽花の花が早くも終了した(もともと早期に咲いていた鉢だった)ため、株を増やすべく刺し芽をしてみました。小さな植物や観葉植物なら経験はたくさんありますが、「樹木」となると初めてなので手探りですが、まずは何事も経験、ということで見様見真似でやってみました。

トップへ戻る