Google Analyticsのレポートで「Home page」という存在しないページへのアクセスがあったときの対処

公開日:2016年5月19日 日記・雑記
Knowledge Base パソコン

サイトを運営してGoogle Analyticsでどのページにアクセスがあったかを見ていると、時折現れる「Home page」という存在しないページへのアクセス。時には一日に数十件ある場合もあるのでちょっと気持ち悪いですが、これは俗にいう「リファラースパム」のようです。

リファラースパムとは、アクセスがあったかのように見せかけて、Google Analyticsのレポートから「なんだろう?」とクリックされることでスパムサイトへアクセスさせることが目的のようですので、何もせずクリックもせずにいれば次第に改善される(2~3日後にはなくなる)ものです。

今回あったのは

  • social-traffic-2.xyz
  • google.com
  • social-traffic-7.xyz

の3つ

今回はsocial-traffic-○○.xyzというのが諸悪の根源のようです。google.comがあるのですが、Googleなのか、Googleの名をかたったものなのかは不明です。

これを1つ1つフィルタリングすれば表示させないようにすることはできるのですが、こうしたリファラースパムは無数にありますからいたちごっこになるだけです。

こんなときは、Google Analyticsの自動フィルターに頼った方が無難ですね。

  1. Google Analyticsのアナリティクス設定を開く
  2. ビューの設定を開く
  3. ボットのフィルタリングにチェックを入れる

これである程度回避されるはずですが、今回はこの方法でも防御できなかったようです。

ただ、これがあるから何か悪いことをされているわけではなく、あくまでもレポートからクリックしなければいい話ですからそのまま無視して過ぎ去るのを待った方がいいと思います。

WordPressのサイトでGoogle Analyticsのアクセス解析をダッシュボード上に表示するには

が便利です。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報