もしも蛇に遭遇したら・・・ヤマカガシ・マムシなどの毒蛇に注意しましょう

公開日: 更新日: 未分類



キャンプにバーベキュー、川遊び・・・夏のレジャーはやっぱり楽しいですね。そんなさ中蛇に出会ったらどうしますか??

http://www.asahi.com/articles/ASK7Z6448K7ZPTIL00V.html

近所の公園寺へ向かう山道で遊んでいた子供が毒蛇の「ヤマカガシ」に咬まれて一時意識不明になる事故が発生しました。

私は蛇が苦手なので、過去に見つけたときにもすぐにその場から離れたため今までに攻撃されたり咬まれたりという経験はありません。むしろこの位臆病な方がいいのかもしれませんね。

調べたところ、日本本土にはアオダイショウ・シマヘビ・ジムグリ・ヤマカガシ・ヒバカリ・シロマダラ・マムシ・タカチホヘビのおおよそ8種類の蛇が生息しています(赤字は毒蛇)。8種類中2種類と日本では毒蛇の比率が低いのが特徴です。

ほとんどが無毒の蛇ですのでもしも蛇に咬まれたとしても、今回のニュースのように重篤になることは稀ですが、逆に蜂のようにほとんどの種類が針で刺し、刺されたら痛いので近づかない・・・というのと同じようにほとんどが毒蛇で中には無毒のものもいるという風な認識でいた方が自己防衛にはなると思います。

ニュースによると今回は友達が捕まえて鞄に入れて持ち帰ったようですが、蛇は毒があるかも知れないという認識が先にあれば蛇を見たら直ぐに離れるということもしたかもしれませんし、捕まえるということもしなかったかもしれませんからね。

毒蛇かどうかの判別・毒性や咬まれたときの対処などは専門サイトをご覧になった方が正確ですから

http://outdoor.ymnext.com/inform-01.html

などをご覧ください

毒蛇かどうかは別にして、大抵の蛇は自分から率先して人を襲うことはあまりないようです。ただし、蛇がどんな行為を威嚇されたと認識するかが分からないので蛇を見つけたら静かに離れることが大事です。

また、叢などで足元の見にくい場所やベンチの下の暗い場所で蛇がいるのを知らずに足で踏んだり触ったりしたことで蛇が攻撃されたと思って襲い掛かって来ることもありますから、草むらなどを歩く時は特に注意した方がいいでしょう。

無毒な蛇も毒蛇も基本的には頭を大きくして(三角形に見える)地面から立ち上がり、体をしならせて飛びつくように咬んで来ることがほとんどですし、下の参考写真のように同じ品種でも色や模様がさまざまですからよっぽど自身がない限り「これは無毒の〇〇だ」などと判別しない方が無難だと思います。

蛇のいそうな場所

蛇は自分で陸上を延々と移動するというよりは、川などの流れに乗って移動することが多いようです。今回事故のあった公園も水路の近くにあったそうです。

昨年私が蛇(何ヘビかは不明)を見かけたのも確か近所の田んぼでした。

また、公園や河川敷などで「蛇に注意」という看板があるところもあります。そういうところは大抵川が曲がっているところで流れの外側なことが多いことから泳いで来るというよりは流れ着くという感じなのかもしれません。

ただ、蛇嫌いな私からすればどこにいる?よりもいそうな場所には近づかない、見つけたら逃げる・・・これに限ると思います。

参考 毒蛇(マムシ・ヤマカガシ)の写真

二ホンマムシ

ヤマカガシ

この写真は

http://snake-center.com/library/venomous.php

からリンクで挿入させていただいております。特徴や性質など詳しく書かれていますので是非参考に見てみてください。

同じ種類の蛇なのに何でこんなに風体が違うのか・・・他の蛇との区別も私には全然分かりません(泣)、やっぱり逃げるが勝ち・・・かな?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)