きちんとモノやコトを売った方がよっぽど収益になるって話

公開日: 更新日: 日記・雑記



WordPressに限らずインターネット上で何か情報発信しよう!!できればそのサイトを収益化しよう!という方は多いと思います。

経験則から言うと、この理由の前後がいつの間にか逆になる場合が多いです。つまりは収益化するためにサイトを作るということです。

これを実現するために最短の方法と考えられているのがGoogle Adsenseなどをはじめとする、いわゆる【アフィリエイト】というもの。

ブログやサイトを作ってまず目標にするのがGoogle Adsenseの審査に合格して広告を表示できるようになること。そのために何でもいいから意味のある記事をたくさん作って・・という感じではないでしょうか??

で、めでたく審査合格、その他審査がない、または審査の緩いアフィリエイトと併用していつの間にか広告がいっぱい・・でも待てど暮らせど収益はなく、振込なんていつになることやら・・という状況になっていませんか??

とある参考記事によるとGoogle Adsenseの場合、一日1000PV程度の閲覧数があって初めて100円程度の収益が得られるそうです。確かに当たらずとも遠からじな統計だと思います。もちろんジャンルなどのこともあるでしょうけど。

私も最初はそう思ってましたし、それが収益化の最短ルートとも思ってました。

毎日一生懸命記事を書き、アクセス数とにらめっこして増えただの減っただのと一喜一憂しつつ、収益を確認する日々。でもやっぱりこれには限界があるようだということが分かってきました。

きっかけは2つ。1つはせっかくWordpressに関していろいろな知識をサイト作りを通じて得たのだから役に立てたいということではじめた「ココナラ」というサービスでの出品、もう1つはWordpressにまつわるツールの販売です。

どちらも最初はこわごわで「こんなん買う人いるの?」からスタート。すんごい時間がかかって対応した割にウン百円だったりして「これも苦労するだけでダメかな?」とあきらめかけたりしました。

でもいろいろと対応することで、依頼内容にはどんなものがあるのか?というのがだんだんわかってきて、どれも自分なら対応できることが分かって・・で、最近では自分の考える作業時給に見合う価格にしたことで、1つ1つの案件に対してだんだんと自分でも納得のいく収益が得られるようになってきました。1回受注すれば必死にGoogle Adsenseのクリックを何日も待つよりも多くの収益を得られるようになりました。

もう1つのツールの方も、これは必要でしょ!というバロメーターを自身で考えて価格設定することで、売れれば苦労が報われるようになってきました。

総じて今思うのは、「なんでクリックを待ってたんだろう」「なんで数パーセントしかインセンティブの入らない商品を必死に紹介してたんだろう」ということ。

本当に収益化を図ろうと思ったら、やっぱり自分で作った何かを売る、か、自分のスキルを売る、これに尽きると思います。

まあアドセンスや他のアフィリエイトを止めるつもりはありませんが、それは「アフィリエイト」の本当に意味である「ついでに」とか「契約」というふうにとらえて、まあ収益があればいいや!程度に考えられるようになりました。

アフィリエイトで収益が上がらない、サイトのアクセス数が上がらないと嘆いている皆さん、他人の記事をコピペするのではなく、本当の自分の強みを売ってみては??




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)