大事なのは段取りと「舌」だけ!! 煮物と言えば「肉じゃが」



彼女とか妻の手料理と言えば「肉じゃが」ですね。肉じゃがができるっていうと何となく料理ができる人になったみたいな・・。でも実はそんなに難しい料理ではないんです。すべては段取りとあのとき食べたあの味が感じられるかどうかだけなんですね。今回の肉じゃがは段取りと「勘」に集中して紹介しようと思います。

スポンサーリンク



肉じゃがの材料(2~3人分)

ジャガイモ/3~4個

玉ねぎ/1個

人参/1本

糸こんにゃく/ 1/2袋

牛こま切れ/200グラム程度

醤油/お玉2~3杯

砂糖/大匙4~5杯

みりん/大匙2杯程度

水/適量

肉じゃがの作り方

1.ジャガイモは皮をむいて1/4に切り、面取りをしっかりしておきます(面取りしたくずも煮込みに使います)

2.人参は皮をむいて乱切りにします

3.玉ねぎは皮を剥いて粗目に切ります

4.糸こんにゃくはざっと水であらってから食べやすい長さに切ります

5.牛肉は適当な大きさに切っておきます

※ここまでが材料の段取りです。やりながら・・・と思っていると慌てたりしますので、最初から材料は揃えておきましょう

6.鍋に人参と玉ねぎが浸る位の水を入れ強火にかけます

7.鍋が沸騰したら、牛肉、糸こんにゃく、面取りしたジャガイモのくずを入れ、中火にします

8.醤油、砂糖、みりんを入れます。各調味料を適当に入れてから、舌を頼りに「あの味」にします

9.人参がちょっと柔らかくなったかなというところでジャガイモを入れます、ジャガイモを入れて煮汁の量が材料+アルファ位になるようにします(足りなければ水を足します)

10.今一度味を見て「あの味」になっていたら、落し蓋をして中火のまま煮込みます

11.ときどき木しゃもじで鍋の中身をひっくり返しながら5~8分煮ます

12.ジャガイモの周りがちょっと透明になり、木しゃもじで触って崩れるかどうか位になったら完成です

13.一度完全に冷まします。食べるときはレンジか鍋で温めて完成

肉じゃがを作るときの注意点

・まず味に影響があるのはジャガイモ以外の素材を入れた時なので、その時にしっかり「あの味」にしてください。微妙な味加減は各家庭で違いますので調整してください。

・ジャガイモは必ず面取りしてください。していないと出来上がりが見極められない、煮崩れするなどが起こって慣れていないとスープになってしまいます。

・ジャガイモは冷ますうちにどんどん柔らかくなるので「固いかな?」位で火を止めるようにしましょう

・一度冷ますことで味がしみ込んでいきますので、煮ている段階で完成させないようにすると上手に仕上がります。昼作って夜食べるとか、夜作って次の日の夜の分にするなど時間にゆとりを持って作るようにしましょう。

・肝心のジャガイモは種類や収穫からの時間によって煮えるまでの速さが違ってきますので、できれば同じ場所で同じ日に買ったものを使うようにしましょう

CS Shop
トップへ戻る