和歌山で拳銃立てこもり事件が発生&最悪の結末

公開日: 日記・雑記

和歌山市塩屋の土木建設会社「和大(わだい)興業」で、男性従業員4人が拳銃で撃たれ、1人が死亡した事件が発生しました。その後犯人は近くのアパートの空き家?へ立てこもっているようです。朝のニュース見てびっくり!ですが、昼を過ぎた今でもメディアやツイッターなどでは何もニュースがないところを見るとまだ続いているようです。
[googlemaps label=M width=600 height=400]


最近では暴力団関係(山口組分裂にまつわるもの)の発砲事件が何度か報道されていますが、今回のはどうなんでしょう?

体験談ですが、昔住んでいたマンションの1階に○○興業という名前で個人的?な会社が入っていました。普通のマンションなのに何で?と思っていたのですがしばらくたって夜中に聞いたことのない音が・・・「バン」でも「パキューン」でもなく何か乾いたような鉄がはじけたような音でした。何だろうと思ってしばらくベランダから下を覗いていたら、すぐにパトカーが何台か来て、踊る捜査線やウサビッチなんかに出てくる黄色テープが貼られて夜中に現場検証がされていました。身近でこんなことが起きると思わなかったので本当に怖かったです。

また、愛知県では過去に長久手市(だったと思う)で同じように立てこもり事件が起き、記憶ですが流れ弾で捜査員が死亡したこともありました。

とくダネでデーブスペクターが言っていましたが、アメリカではこういう立てこもりだと狙撃!!というのが定石のようですが、日本の警察は「生きたまま逮捕する」という大前提で臨んでいるので長期戦になるのは仕方ないと思います。何があってこんな事件が起き、何のために籠城しているのか分かりませんが、もう1人も犠牲になる人がいないことを祈ります。

続報

夕方に犯人は逮捕されたようですが、自分で腹を拳銃で撃ち、病院に搬送されましたが死亡したそうです。結局こういう結末になってしまったんですね。

コメントをどうぞ