WordPressで会員制サイトを作るためのプラグイン&設定まとめ

メンバー限定のサイトやフロントエンドからの投稿ができる機能、掲示板を作る際に役立つプラグインや設定などについてのまとめ記事です。使い方によってはマッチングサイトを作ったりフリマサイトを作ったりできると思います。

スポンサーリンク

bbpressの使い方や設定

WordPressで使える定番の掲示板プラグイン「bbpress」の設定や追加機能についてのまとめ記事です

Wordpressで掲示板を設置するための高機能プラグイン「bbpress」を使うための方法や追加機能などについてのまとめ記事です。

「WP User Frontend」

フロントエンド(訪問者が閲覧するページ)から記事の投稿を行うことができるようになるプラグイン。設定次第では会員登録や会員管理周りもこのプラグインで作ることができます。

「WP User Frontend」は日本語化してしまえば使い方は一目瞭然なので、一度使ってみてほしいプラグインです。もう一度書きますが、入力項目を指定できる(通常の何でも入力できる本文なしでフォームの作成ができる)のはおそらくこのプラグインだけだと思います。

「Advanced Custom Fields」

カスタムフィールドを簡単に管理するためのプラグイン。オプションプラグインの組み合わせによってはフロントエンドにフォームを作って投稿してもらうための環境を作ることもできます。

カスタムフィールドの使い方として最もポピュラーなのが、「決まった項目を入力することで記事やページを完成させる」ことですね。「Advanced Custom Fields」プラグインはWordpressのデフォルトではちょっと使いにくいカスタムフィールドの設定を簡単にし、視覚的な設定ができる便利なプラグインです。

「Auto Logout」

一定時間作業がないと自動的にログアウトさせるためのプラグイン。

複数でWordpressのサイトを管理する場合の必須機能である一定時間経過後のログアウト動作。標準ではブラウザを閉じたりパソコンをシャットダウンしないとログアウトされないWordpressの管理画面にオートログアウトの機能を実装するプラグインに「Idle User Logout(旧Auto Logout)」があります。

「Imsanity」

アップロードされた画像を自動でリサイズしてくれます。画像の投稿が多いサイトに使うと肥大化を防ぐことができます。

「Imsanity」はアップロードした画像を指定したサイズへ自動で変更すると同時に画像クオリティを変更して自動で圧縮する便利なプラグインです。Wordpressのアップロード上限ファイルサイズを超えていない画像であれば、そのままアップロードするだけでリサイズされます。

「Set All First Images As Featured」

記事本文だけでなく、カスタムフィールドなどあらゆる場所から記事の先頭に挿入されている画像をアイキャッチ(サムネイル)として登録するプラグイン

「Set All First Images As Featured」は過去記事に投稿されている画像の中から、カスタムフィールドに格納されている画像も含めて記事の一番最初に表示される画像をアイキャッチ画像化してくれるプラグインです。

「Theme My Login」

フロントエンドからユーザーのログイン/ログアウト、会員登録周りの機能が使えるようになります。似たものにWp-membersというのがありますが、機能を絞り込んで最低限の管理ができます。

「Theme My Login」は出来る限り機能や設定項目を限定して簡単に使えるように作られた会員制サイト制作用のプラグインです。フロントエンドで行う必要のあるログイン/ログアウト/登録/退会などの処理がこれ1つで実装できるようになります。

投稿者の連絡先保護

メールアドレスをソースコード上でエンコードする「Email Encoder Bundle」と表示されているテキストのコピーを禁止する「WP Copy Protect」で見えているけどコピーできないメールアドレスを表示する方法

一応これで表示されてしまう以外は保護できたと思います。あとは、フォームの注意書きに保護についての文言を書いて様子見ですね。
役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
スポンサーリンク

メニューを表示できません

ページ先頭へ