心療内科に通う日々はまさに「モルモット」でした

役に立つ情報でしたら是非拡散(シェア)をお願いします

最初に病院へ行ってから毎週通うように言われ、1か月~2か月間はこれが仕事でした。

病院へ行くと、完全予約制と言いながら待合室にはいつも数人の人がいて何だかみんな沈んでいる感じでした。

診察内容ははっきり言って「出した薬が効いたかどうか」ということの繰り返しでした

眠れないといえば眠れるような薬

やる気がおきないといえば対応できるような薬

前回の薬の効き目を聞かれて、あまり変化がないようだったら

「じゃあこの薬に替えてみようか?」みたいな話ばかり。

もっと心の中にある闇のようなものを聞いてくれたりするのか?と思っていましたが、心療内科も内科などと一緒でした。

薬を飲むと確かに何か違うような感じはするのですが、可もなく不可もない日々。これで良くなるのかなぁと思う毎日でした。

心療内科っていってもこんなもんなんですね。まあ病院だから営利団体に違いないので仕方ないとは思いますが・・・。

スポンサーリンク



Amazonの人気商品

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。

ASIN: B077GLNRPR
イースト・プレス

彼女を非難できる人は幸せかもしれない。自尊心を失い、喉を掻きむしる地獄を知らないからだ。精神障害を抱えても、自殺未遂をしても、生活保護を受けても、終わりじゃない。それでも人や社会と繋がることをあきらめず、生き直した人が..
CS Shop
トップへ戻る