「花菖蒲」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」「菖蒲(しょうぶ)」の違い



似たもの植物で「花菖蒲」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」「菖蒲(しょうぶ)」があるの知ってます?「あやめ」と「しょうぶ」は同じ「菖蒲」という感じを書くんですね、それから愛知県には「杜若」と書いて「とじゃく」と読む土地もあります。漢字は奥が深いです・・。

我が家の近所にある水路にも咲いたのですが・・・

「花菖蒲」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」「菖蒲(しょうぶ)」はどれも湿った場所に咲く花で、菖蒲(しょうぶ)湯に使うことで有名な「しょうぶ」に似た葉の形なのですが、「しょうぶ」と他の3種はまったく別物。「しょうぶ」はサトイモ科の植物なんですね。花は咲くのですが、根元の方に咲くので見分けるのは簡単のようです。サトイモ科ということでいえば観葉植物の「モンステラ」なんかと同じ仲間。本当に~~??でも本当です。

そして「しょうぶ」を除く「花菖蒲」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」の3種の違い分かりますか??全然分からなかったので、調べてみました。



「花菖蒲」「菖蒲(あやめ)」「杜若(かきつばた)」「菖蒲(しょうぶ)」の違い

  • 「花菖蒲」は花弁の元に黄色い目型模様があるのが特徴
  • 「菖蒲(あやめ)」は花弁の弁元に網目状の模様があるのが特徴
  • 「杜若(かきつばた)」は花弁の弁元に白い目型模様があるのが特徴

のようです。

何となく撮って来た写真ではまったく分からないので、再度撮影に行ってきました
DSC_1042DSC_1044

これを見ると花弁の弁元が網目状の模様なので「あやめ」ということになりますね。

でもあやめは他の2種類と違ってやや乾いた湿地に咲くようなのですが、ここは水に普段どっぷり浸かっている水路、なんでだろ??

参考にさせていただいたページ

トップへ戻る