「Pandora TV」の動画をブログやホームページへ埋め込む方法



Youtube、Dailymotionなどと並んで動画の配信数が多い「Pandora TV」。

YoutubeやDailymotionの動画は再生時の画面に「共有」というタブが表示されるので、そこからタグを生成して貼りつければ完了なのですが、Pandora TVはこうしたボタンやタブがないから埋め込めないと思っている方結構多いのでは?

Pandora TVにもきちんと動画の埋め込みタグを生成する機能があるんです。今回は簡単にPandora TVの動画をブログやホームページの本文内へ挿入する方法を紹介します。とはいっても至って簡単ですから構える必要ありませんよ。

スポンサーリンク



「Pandora TV」の動画をブログやホームページへ埋め込む方法

動画を探して再生するところまではYoutubeやDailymotionと同じです

動画を再生したら動画の上にマウスポインターを持って行くと、下に帯が出てきます。

音量調整のスライダー横にある「↑向きの矢印」みたいなのがあるボタンをクリックしてください

pandoratv

上のような窓が表示されますね

あとはYoutubeなどと同じように画面サイズなどを設定して、画面中央にある薄いブルーのコードをコピーして本文へ貼りつけるだけ。

これだけで簡単に埋め込みができます。

設定画面でプレビューが表示されないので「埋め込みできないのかなぁ?」と思うかもしれませんが気にせずそのままコードをブログなどへ貼りつけると・・・きちんと動画が埋め込まれます。

※インラインフレームに対応していないツールでは上手く表示されないことがあるかもしれません。Youtubeの動画をインラインフレームで埋め込んで再生できるようなら大丈夫です。

動画はそのまま埋め込むと左寄せになりますから、
<div align=”center”>と</div>の間にコードを入れると中央表示できますよ。

自己所有でない動画を埋め込んでいることは明記しましょう

動画を埋め込むと、パッと見は自分のサーバーにアップロードした動画のように認識されることがあります。所有権や著作権問題に巻き込まれないように、動画の前後や紹介文の中へ「Pandora TVで公開されている動画のリンクを埋め込んでいます」などという文言を入れておくことをおすすめします。

また、他人が公開している動画ですから、いつ削除されるとも限りませんので、閲覧者が「な~んだ、せっかくアクセスしたのに動画再生できないじゃん!!」とならないように断りを入れてことも必要かもしれません。

動画の挿入に関する注意事項については

Youtubeやニコニコ動画などの動画配信サイトでインターネット上にいろいろ紹介されているソフトや変換ツールを使ってダウンロードした場合、全て刑罰の対象(要するに前科者)になるのかと思っていたのですが、どうやらそうでもなさそうなので文化庁の引用を踏まえて私が解釈した内容を紹介します。この記事はあくまで私の解釈であり、絶対ではありませんので詳しくは文化庁のホームページなどをご覧になり、自身で解釈されるようお願いします。この件で何かのトラブル等があっても一切責任は負いませんのでご了承ください。

でも触れていますので是非読んでください。法に基づいた個人見解ですのであしからず。

トップへ戻る