WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

マウスのチャタリング現象はイライラするだけではなくいろいろな不具合の発生原因になる!?買い替える前に絶対試してほしい対策

公開日:2017年9月13日 すべて パソコン&ソフト

ひょっとしてマウス壊れたかも・・・と思う以下のような現象

  1. シングルクリックしてるのにダブルクリックになる
  2. ドラッグして範囲選択したいのにドラッグしてボタンを離すと勝手に選択解除される
  3. 勝手にドラッグ状態になったかと思ったら勝手に文字などが移動貼りつけされる

これらマウスのボタンの不審な動きを総称して「チャタリング現象」というのですが、まだ買ってそんなに経っていないのに起きることもあります。ひょっとすると使い方が悪いのかも・・・はずれのマウスだったのかも・・・最近のマウスは弱いのかも・・・いえいえそんなことはありません。

もちろんボタンをクリックする圧力が強すぎたり、断線したりして物理的に壊れる場合もありますが、大抵は静電気によるもので、よく使う左ボタンで多く発生します。要するにカチカチクリックしているうちに静電気が溜まって誤動作を起こすんですね。

静電気の仕業ですから放電させてあげれは大抵の場合は解消します。マウスをUSB端子から抜いた状態でカチカチカチカチと10回位クリックするだけで解消します。それでもダメな場合は下の過去記事で紹介しているように

チャタリングが発生して短いタイミングで複数回クリックされたようになるのを感知して「これはダブルクリックではない」と判断してくれるソフトを使うといいと思います。ただこのソフトを使わなくても前述の方法でほとんどの場合は改善できます。

ここで1つ確認しておきたいのがなぜ静電気の帯電状態が起こるのかということ。私が電人なのか?ではありません。チャタリング現象が起こるのはノートパソコンの場合が多いです。

ではなぜノートパソコンでは起こることが多いのか・・・それはノートパソコンのUSB端子に対する動作に起因することが多いです。パソコンのUSB端子は、データの転送と共に充電機能(電力の供給機能)を備えています。そしてほとんどのデスクトップパソコンでは電源を切るとUSB端子への給電もオフになるのでその間にマウスにたまった静電気が放電されるのですが、ノートパソコンの場合、設定によっては電源をオフにしてもコンセントからパソコンの電源を取っている場合にUSBへ電力を供給し続けるという機能を搭載している機種が多いです。これによって帯電状態が続いてチャタリングが起きることもあるのですね。

試しにノートパソコンの電源を切った(シャットダウンした)とき、マウスをひっくり返したらどうなっていますか?LEDなどが光っていませんか?光っているなら常時通電されている状態ですからマウスは休む暇がありません。パソコンによって独自のユーティリティで給電の設定をしていることが多いので、電源オフ時のUSBへの電源供給をオフにするか、パソコンの電源を切ったときにマウスの配線を抜いておくといった対策をするとチャタリング現象をある程度抑えることができると思います。

チャタリング現象はマウスの不具合だけではない

冒頭で書いたようにダブルクリックになったり、ドラッグが解除されたりと見た目にイライラはするのですが、実はもっと深刻な動作をしていることもあります。

パソコンを使うとき、マウスからダブルクリック以上の指令をしないですよね?ですから見た目にはダブルクリックされてしまっているように見えるのですが、実はもっとたくさんの数クリックされていたりすることもあるんです。

文字の入力をしていて勝手に違うところにカーソルが動いた・・・なんていうのがその現象です。これはマウスに溜まっている静電気の影響である時突然マウスがクリックされてしまった・・・という現象だと思われます。

ということは・・・どこかで勝手に操作がされている(ことになっている)かもしれないということになるのです。

そうすると

  1. 何となくパソコンの動作が重い(特に文字を入力しているときに感じることが多い)
  2. 何かエラーが出て勝手にパソコンが再起動する
  3. 何か動作が遅くなってきたなぁと思ったら全く動かなくなる

というような現象が起きることがあります。こうなるとマウスだけでなく「Windowsがおかしくなった」「パソコン自体が壊れた」などどんどん深みにはまってしまいます。

上の3つはあくまで私の経験ですが、マウスのチャタリング現象を解消したらマウスの不具合と同時にパソコンの不具合と思われていたものも解消されました。同じような現象が出て困ってらっしゃる方はまずマウスのチャタリング現象対策がやってみるといいと思います。

高いマウスを買えば大丈夫なんていうサイトもありますが、経験上マウスの価格とチャタリング現象の発生率はあまり差がないように思います。特にノートパソコンで発生することが多いので、恐らく前述したUSBからの給電の問題が大きいと思います。マウスを買い替える前に是非ケーブル抜いてカチカチ&USBの電源設定の確認を行ってください。

チャタリングを起こしにくいマウスはどれ??

そういえば昔のマウスってこんなに壊れたっけ??と思いませんか??パソコンに標準でついてきたボールマウスもパソコン壊れても使える位頑丈だったのに何で?って感じですよね?

マウスがチャタリングを起こす原因のほとんどはボタンをクリックしたときその下にあるスイッチの誤動作という物理的問題。恐らくマウスのサイズの多様性が元凶では?と感じています。同じメーカーから同じような価格帯で大きさの違うマウスが発売されているのをよく見ませんか?これらはおそらく同じスイッチを使っているのにサイズ違いというものだと思われます(廉価版のもので専用設計はないだろうという安易な想像です)。

ではできるだけ安く、かつ、できるだけ壊れにくいマウスを見つける方法はないのか??あくまで経験測ではありますが、店頭でデモがある場合には判別できるかもしれません。

大事なのは小さいスイッチに対してボタンのずれが少ない構造なのか?ということです。最近のマウスはスタイリッシュ?というかボタンがぬっぺり(表現がおかしいかも)しててそれはそれは一体感があるのですが、昔のようにボタンはボタンという構造ではないのでどうしてもクリック時に無理な力がかかってスイッチがまっすぐ押せてないという現象が発生すると思われます(買ってから少しの間使ってみるとなんとなく分かる感じがします)。何か斜めにクリックしてるような感覚になるんですね。

これが続いていくと・・・当然スイッチも変な癖がついてきて、チャタリングを起こす直前になるとその変なクリックの仕方でないと反応が鈍ったりします。

本当に想像ですがこれが多分チャタリングを起こす原因だと自身では思っています。

私も最近マウスを買いました。といっても店頭で700円という大丈夫?って思ってしまうようなものです。でもこれがしっかりしてて、ボタンの外側にガイドのような板がついてるんです。つまりマウスの外側に力がかかってもズレないようになっているんです。まあ安いマウスなのでストロークも深めですし、静音構造ではないので「クリックしてまっせ!!」とはっきり分かる位音は出ますが、あのぬっぺりしたというか横にずれてボタンをクリックしている感覚はなくなりました。

このマウスを長く使っていますが、今のところ不具合というかチャタリングの兆候はありません。昔のマウスが丈夫だったのはこれだったのか??と思う位丈夫な感じです。

もし店頭でマウスを選ぶ際にはぜひデモのある店で、マウスの外側にボタンがずれないようにするようなガイドが付いているものをお勧めします。

【令和最新版 7色ライト付き&静音】 ワイヤレスマウス 光学式 充電式 無線マウス 高感度 超薄型 2.4GHz 1600DPI 3段調節可能 高精度 省エネモード 持ち運び便利 Mac/Windows/Surface/Microsoft Proに対応 DeliToo (白)
DeliToo JP
【2.4G無線転送&差し込むだけで使える】伝統のFMラジオシステムより安全で精確な2.4GHzワイヤレス伝送を提供し、10mまでワイヤレス伝送出来ます。高度なセンサーにより、迅速な応答、正確な動き、スムーズなトラッキングを保証できます。ドライバーインストルー不要、付属の接続端子をパソコンのUSB接続口に差し込むことで接続完了、USBインタフェースを備えたほとんどのデバイス(ノートPC、MAC、デスクトップPC)に使用可能。

Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック
Amazonベーシック(AmazonBasics)
左利き/右利きのどちらのユーザーでも使用できる快適で洗練されたデザインで、必要な基本機能を搭載。 コンピューターのUSBポートにコードを繋ぐだけで、使用できます。

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウスM185RD 小型 電池寿命最大12ケ月 M185 レッド 国内正規品 3年間無償保証
Logicool(ロジクール)
自然なフォルムで使いやすい高信頼性ワイヤレスマウス、超小型レシーバーを挿すだけで簡単にすぐ使える、最大12ヶ月の電池寿命。付属USBは電池の隣に付属しております。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】