WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

届ける側も受け取る側も便利!不在時の時だけ設置できる簡易宅配便BOX

公開日:2017年9月17日 おすすめアイテム

ネット通販の拡大による宅配業者の労働環境問題が最近多く報道されていますね。自分の足でいろいろなショップを探し回るのも1つの楽しみではありますが、検索で簡単に目的の商品が見つかるわけですから利用する人はどんどん増えると思います。しかも、玄関まで届けてくれて、不在だったら再配達してくれて・・・日本は本当に「親切」な国だとつくづく思います。

少し脱線しますが、私は昔高齢者向けのお食事配達をしていたことがあります。そこではルールがあって、毎日ほぼ同じ時間に配達するので

  1. 不在のときには連絡をもらい、受け渡しの仕方を決める
  2. 不意の不在の場合には安全のため在宅確認の電話をし、携帯などの連絡先へ電話をし、それでもだめなら緊急時の連絡先へ電話し・・・ととにかく連絡を取る
  3. そこで連絡が取れ不在であることが確定すれば不在用のボックスに入れて配達完了
  4. どこにも連絡が取れない場合には一旦持ち帰り、次のルートを回りながら連絡し続ける
  5. その地域から離れてしまう前に最終の連絡を取り、それでもダメなら不在用のボックスに入れ、連絡がつくまで時折電話し続ける

ここまでやれば大抵連絡が取れ、配達が完了することがほとんど(中には大変な事態になることもありました)。そんな時に役立ったのが、鍵のついた不在用ボックスでした。

この場合はルートが決まっていて、配達時間もだいたい決まっていましたから、1人のお客様宅で粘るわけにもいかないのでこうした措置をするのですが、それは宅配便でも同じことだと思います。

担当する地域を回りながら配達し、不在なら不在票を置いて連絡を待ちつつ次を配達しつつ・・・連絡があれば当日の再配達や翌日以降の再配達に対応したり・・・宅配便でなくてもこうしたルート配達などをしたことがある人ならなおさら大変さが分かるはず。本当に大変なんです。心の中では「この時間にいると指定してるくせに何でいないんだ!!」と腹を立てながらも再配達時には笑顔で荷物をお渡しする・・・すごいなぁと思います。

話が脱線し過ぎましたね。お食事の配達のように宅配便も同じような対応ができないか??で考えられたのが今回紹介する「簡易型の宅配BOX」です。常時設置しておくような仰々しいものではなく、不在時に「不在ですよ」と宅配業者に分かるようになっている箱を置いていくといった使い方をするものです。

通販なら自分で注文するので発送完了のメールを受け、到着する日が分かるのでほとんどの方は対応できると思いますが、どうしようもないのがその他の荷物です。いつ、何が届くのか分からないこともありますからね(特に季節の贈り物など)。そんなときもこれがあれば配達する人も受け取る人も重宝するアイテムだと思います。

受け取る側も不在票を見て連絡したり、取りに行ったりする必要がないですから便利だと思います。

いろいろなタイプがありますが、ほとんどは

  1. バッグの中に印鑑とバッグの施錠用の鍵が入っている
  2. バッグとドアノブなどを固定して盗難を防止するためのワイヤーと鍵
  3. 宅配業者の方が玄関に行ってよく見ると不在であることが分かるような表示

という感じのセットが多いですから、仕様の確認と実際の箱の大きさを計って選ぶといいでしょう。

簡易宅配便BOXの人気商品





WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】